スタック&チルトゴルフスイングとモリを突く動作

クリックすると→「モリを突く動作」画像解説


スタック&チルトの考察を追加します。

頭を動かさずに体幹をひねり、バックスイングすることがスタック&チルトでは求められます
またその時に、左足に重心を置くことから、左一軸打法の一つとされています。
しかし、実際に右足に体重移動しないで、しかも頭を動かさないでマックスのパワーを得られる方法はあるのでしょうか?
スタック&チルトでは直立した状態から身体を左に倒し、その後で前傾するイメージ写真でトップでの身体の使い方を説明しています。
おかしな動作ですが、私もこの形が正しいトップの位置に近いと思います。

もっとわかりやすいイメージは・・・というと水中の魚に対してモリを突く動作が浮かびます。
d0133145_22345294.jpgd0133145_22374438.jpgd0133145_22384016.jpgd0133145_2239773.jpg






左がアドレス、その次がトップ、スイング、インパクトと続きます。
イメージわかりますか?
この動作をするときには、アドレスで「股関節から身体を前傾させる」という前提が必要になります。
(アドレスでは股関節から前傾する必要がある・・・と数多くのレッスンで力説されていますが、身体の構造上(解剖学的理由)から「なぜ?」を説明したレッスンは見たことがありません。次回、股関節のお話の時にじっくりとご説明いたします。→スポーツと股関節 へ
この時のトップの位置はゴルフでのトップの位置と身体の使い方がそっくりです。以降モリを突いていく運動動作もゴルフでのスイング動作と同じになります
イメージが浮かびましたか?実際に何度も繰り返して行うとこの二つの運動動作がそっくりだと理解できると思います。
ゆっくりと身体を動かしながら練習してみて下さい。
何度も言いますが、ゴルフで頭を動かさずに体幹をひねる(バックスイングする)には、股関節から前傾し、左サイドを下げていく動きが必須の動作なのです。

また、前回のブログで「頚反射」の話をしましたが、モリを突く動作のトップ位置がまさにその状態なんです。
体幹に対して頭が左を向くと上半身は左向きの頚反射が起こります。(弓を引く動きと同じ)
「左手は伸び、右手は曲がる。その上、背筋が緊張し軸が保ちやすくなる」
・・下半身は・・ちょっと違う反射が起こるんです。→腰反射もしくは頚反射と言っておきます。
スクエアスイングで解説しましょう。
少しずつわかっていただけるかと思いますが・・・不安~
d0133145_17563158.jpgd0133145_175704.jpgd0133145_1757192.jpg











今日はアリジのクラブ選手権予選!38/38 76で
予選トップ通過!
ちょっと嬉しいですが、決勝で頑張らないとね。
T貯金はゲット!Tさん予選通過ならず~ ご愁傷様です(T_T)



おおにし整骨院ホームページ(新) へ





クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」画像解説
クリックすると→「スクエアグリップ」画像解説

by s-onisi-seikotuin | 2012-10-07 18:00 | スクエアスイング | Comments(2)  

Commented by うえ at 2012-12-24 08:17 x
いい勉強になりました。

スポーツ解剖学、医学は大事ですよね。注目していきたいです。

今後もがんばってください。

著者、川上泰雄 、武田淳也による スポーツ解剖学シリーズ『ゴルフ解剖学』が発売されましたね。すごそうです。


ところで、少しおもしろい選手が医学部ゴルフ界に出てきたので、紹介します。その名は辻田晴也さんです。彼は和歌山県立医科大学医学部医学科の1年です。中学時代には大阪府ジュニアゴルフ選手権2位、関西中学校ゴルフ選手権4位、全国中学校ゴルフ選手権で24位に入った。高校は天王寺高校に進学し、全国高等学校ゴルフ選手権に3回出場し、関西高等学校ゴルフ選手権では最高2位になるなどの活躍。大学進学し、六大学交流戦では3アンダー69で回り、2位に13差をつけ圧勝、西日本医科学生総合体育大会では2打差で敗れ2位、関西学生秋季新人戦では2位になった。将来は医者兼プロゴルファーになるかもしれませんね。

スポーツと医学の二足のわらじがあるので、楽しみですね。彼は将来スポーツ医学の分野で活躍するのでは?

研究者の道に進むかとも言われ、話題になったドラフト1位指名された慶応の福谷さんに負けずに、がんばってほしい
Commented by s-onisi-seikotuin at 2012-12-24 10:41
うえさん、コメント有り難うございます。

私がこんな事を始めたのは、同じゴルフ雑誌に正反対のアドバイスが載っていることが多かったからです。
(今でもありますよね)
「どちらが正解・・・?」を知りたかったのです。
ちょっとマニアックな内容なので、一般の方には興味を持たれないかもしれないと思いつつ、自分の好き勝手にアップしています。

スポーツ解剖学シリーズ『ゴルフ解剖学』はすぐに購入し、勉強させて頂こうと思っています。有り難うございます。
医学部ゴルフ界の星、辻田晴也さんの事もこれから注目したいこうと思います。
将来が楽しみですね。

日本のスポーツレベル、ゴルフレベルの向上を願っていますが、いつまでも「根性」「経験」だけでは勝てない時代です。
身近な指導者やトレーナーから、基礎的な身体の知識を知ってもらって、正しい練習をしてもらう事も必要かなと思います。
私もそんなことを願って、ささやかな発信をしているつもりです。
また、貴重なご意見をお聞かせ下さい。
ありがとうございました。

<< スポーツと股関節 ぎっくり腰とアキュスコープ >>