スクエアアドレス 骨格で支えるグリップ

以前、中嶋常幸選手が「パターのグリップは骨で支える」とか言っておられました。
スクエアアドレスではパターはもちろん、ふつうのグリップもスクエア骨格で支えます

グリップを考える時にまず、グリップのスクエアを考えてみましょう。
両肩をスクエアにした状態で両手を前に突き出し、この状態からグリップをするように両手のひらをずらしてみて、ゆがみが出ない状態がグリップのスクエアと考えられます。
d0133145_22182688.jpgd0133145_22185810.jpgd0133145_22192393.jpgd0133145_22263267.jpg













左手の延長線上にクラブのシャフトがきていれば理想的です。身体から直角に生えているようなグリップはスクエアではありません(写真一番下左・・・おすすめしないグリップ)。
グリップした左手と右手にゆがみがあるとスイング中にひずみが出る可能性が高くなるので注意しましょう。気持ち左手の手のひらが下を向くと思います。腕を上に上げると手のひらは上を向き、腕を下げると手のひらは下を向くからです。(PNF運動参考)
この状態の両手のひらが身体全体から見てもグリップのスクエアだといえます。
また、グリップした先にクラブヘッドがあれば、クラブヘッドのトウ側は少し右に傾いています。
d0133145_22301368.jpgd0133145_22304727.jpgd0133145_2231171.jpg






背筋を伸ばし、立った状態でグリップを作ります
左手の小指と人差し指を曲げた状態で手のひらとクラブフェース面が平行になるようにクラブを支えます。「小指と人差し指」と手のひらの「小指側手のひらのふくらみ」で支えるつもり。(前腕に力を入れて支えないように)
同時に右手を写真のように「中指と薬指」を曲げ、右手を左手と平行に横から添えるようにグリップします。「中指と薬指」と親指側の手のひらのふくらみで左手の親指とクラブを包みます
横から見て身体(背筋)に対してクラブがほぼ直角になるように支えて下さい
これで手にほとんど力を入れない状態でもクラブを支えることができるはずです。
左手の親指はややフックになり、このグリップをするとトップで親指がクラブを支える位置に入ります。
しめくくりにもう一つ大切な事があります。
右手の親指と人差し指が、トリガー(拳銃の引き金を引く形)になっていることが必要です。
テイクバックの時にほんの少しトリガー部分を意識しながらクラブを上げていくと、トップの位置で左手の親指とともに、グリップのオーバースイングを防止することができます

トップの位置でこの親指の支えとトリガー部分が外れる場合はテイクバックが大きすぎるか、スイングにゆがみがあると考えられます。いわゆるクォータースイングでこの位置に入るはずで、極論すればクォータースイングの切り返し(トップ)が正確性と飛距離の両立を考えたときに正しいトップの位置だと考えられます。(ただし、実際にはクラブと体の慣性によって、長いクラブほど少し動いてしまうはずですが)

このグリップをした上で両手を下から突きだして前に伸ばして下さい。両手の上腕と胸でもクラブを支えている感じがすれば、正しい動作です。
ほとんど手や腕に力感なくクラブを支え、ねじれ感もなければスクエアアドレスのグリップの完成です。
d0133145_11522337.jpg




このグリップが「骨格で支えるグリップ」です。
よけいな手の力、腕の力を抜いて動作ができるという「スクエアスイング」の核でもあるんですよ。
クラブが左手の延長にある状態が「スクエア」です。身体とグリップにストレスを感じないと思います。
ここからどうアドレスするかはスクエアスイング№3へ
一度試してみて下さい。






下二つのグリップはおすすめしません。
左は身体から直角にクラブが生えています。右はトリガーがはずれています。
d0133145_2333077.jpgd0133145_233547.jpg








        


おおにし整骨院ホームページ(新) へ

コメント頂いた かずくんのホームページ へ

クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」画像解説
クリックすると→「スクエアグリップ」画像解説
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

by s-onisi-seikotuin | 2012-11-17 22:54 | スクエアスイング | Comments(6)  

Commented by かずくん at 2012-11-18 14:08 x
はじめまして。
ギックリ腰を繰り返しながらゴルフと付き合っている、おっさんゴルファーでございます。

左1軸が体に負担が少ないだろうと、色々と探していたところ、こちらに辿り着きました。大変参考になります。

度々お邪魔させて頂きます。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2012-11-18 15:56
コメント有り難うございます。左1軸と股関節ゆるみの位置(骨盤前傾)が腰の負担を軽くします。治療所に近ければ診てさしあげますが・・・(^o^)
Commented by かずくん at 2012-11-18 19:00 x
リコメ、ありがとうございます。
本当に診察頂きたのは山々なんですが、新幹線で3時間。新幹線に乗るまで2時間掛かる埼玉なんです(涙)。

ところで、私もブログを開設しています。
ご迷惑でなければ、こちらのブログを紹介させて頂きたいのですが、如何でしょうか。

今日も練習してきました。
セットアップからやり直しです。
でも体が素直に反応して、とても心地よく振り抜けました。

記事の内容をリンクさせて頂けて頂ければとも思います。
何しろ体やゴルフについては全くのど素人ですので、ご迷惑をお掛けする事も想定されます。

お時間があればお立ち寄り下さい。
それでは失礼致します。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2012-11-18 20:01
と、遠い・・・ですね!!さすがに大阪まで・・・はおすすめ致しません。ブログの紹介ぜひお願いします。
こちらものぞきに伺います。よろしくお願い致します。
Commented by かずくん at 2012-11-18 20:48 x
こんばは。
早速快い回答頂き、ありがとうございます。
記事など、使わせて頂くこともあると思いますが、宜しくお願いします。
相応しくない、内容であれば削除いたしますので、ご迷惑をお掛けしないように勤めます。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2012-11-18 20:55
かずくんさんのホームページをリンクさせて頂きました。今後ともよろしくお願いいたします。
私は、いろんなスイング理論があっていいと思っています。身体の構造上から考えたのがスクエアスイングですが、すべての人が使えるとも思っていません。
私の試行錯誤もまだまだ続いていきますから。(^_^;)

<< スクエアアドレス アプローチ 4スタンス理論の考察  (改) >>