「ほっ」と。キャンペーン

スクエアアドレス アプローチ

アプローチの基本にはフルショットのときに必要なエッセンスが詰まっています
より正確なボールとのコンタクトが求められるアプローチショットでは特に体のゆがみは禁物です。体にストレスのないスクエアな姿勢でアドレスをしないとダフリやトップが出やすくなり、距離感どころではなくなってしまいます。

スクエアアドレスでは基本のグリップとシャフトの関係、肩のスクエア状態、股関節からの前傾はそのままで、オープンスタンスに変化します。若干右腕を曲げたほうが打ちやすいのでクラブヘッドはオリジナルよりややオープンになるかと思います。
d0133145_14534734.jpgd0133145_1454137.jpgd0133145_14543769.jpg











クラブフェースを開いたままで両足も開くパターン(写真中)と、クラブフェースをスクエアにして、両足をより開くパターン(写真右)があります。どちらでも構えやすいほうでいいです。
肩、腰、膝のラインは打球線に対してややオープンですが問題ありません。クラブを飛球線上にスイングしていけばどちらのアドレスでもストレートにボールが出て行くはずです。
また、アプローチでは色々な球筋を要求されるので、あくまで基本形だと思って下さい。

このアドレスで構えると、身体や腕、グリップにストレスを感じないと思います。
もちろん骨格で支えるだけの力加減で正解です(力まないで下さい)。

☆キャリー30ヤード以下のアプローチショット(基本形)について
フルショットではないため、インパクトでの右手は体の回旋による慣性力が働きません。そのため、右上腕の完全なスキャプラプレーン上でのインパクトは必要ありませんが、右肘は身体から離さない方が手打ちにならないと思います。
グリップは短め、両手は伸ばしきらないほうが正確なスイングができます。
右肘を身体から離さないでテイクバックし、飛球線上にクラブヘッドを振っていきます
右手の感覚(グリップのトリガーを少し意識して)を生かしてスイングすれば距離感がつかみやすいでしょう。この時、右手首は返さない様に動作をする方が正確性と距離感の確保に適しています。

★ここで一般的セオリーとは違うお話を・・・キャリー30ヤード以下のアプローチショット限定ですが・・・
股関節からの骨盤前傾姿勢を取っていれば、右足体重のままで(両膝は動かしていいのですが)スイングする方が正確なボールコンタクトができます。頭を中心とする身体の軸を保つためでもあります。一度試して下さい。

☆キャリー30ヤード以上のアプローチショット
スタンス幅と両脚のオープン度合い、どんなボールを打ちたいかにもよりますが、
30ヤード以上では肩のラインは飛球線に沿って平行に近い方がラインを出しやすいかも・・です。(オープンでもいいですよ)また、両足のスタンスを開く度合いで左足体重に変化していきます。

アプローチのアドレスで両足のスタンスを広げて、普通のショットを打つことも可能です
ゴルフスクエアスタンス№2でごまちゃんさんからのコメントにもあったように)
むしろ、スタンスをスクエアに構えるよりも楽に体を動かすことができます
積極的にこのアドレスからショットの練習をすることで、普通のショットも上達すると思います。

次回はスクエアスイング、スクエアアドレスの一番のメリットである傾斜地でのスイングのお話を・・・


おおにし整骨院ホームページ(新) へ

クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!

by s-onisi-seikotuin | 2012-11-23 14:21 | スクエアスイング | Comments(8)  

Commented by かずくん at 2012-11-23 20:39 x
こんばんは。
早速お邪魔させて頂きました。

やはり、「骨格で支える」ことが重要なんですね。
どうしても、小さな筋肉で無理やりスイングしている気がします。
「股関節からの前傾」が大問題です。アプローチは特にですが(汗)。

正面から見たとき、以外に肩が傾かないのですね。
自分の中では、かなり左肩が上がっていると想像しましたが、ホットしました。スタンスが狭い分だけ肩の傾きも少なくなると推察しますが・・・。

まずは、骨盤からの前傾をなんとか物にしないと始まらないようです(涙)。

斜面からの対応も宜しくお願いします。
それでは、日曜日のラウンド頑張って下さい!!。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2012-11-23 20:57
コメント有り難うございます。
「骨格で支える」イコール「よけいな力を抜く」です。
筋肉本来の「伸張反射」を生かすために必要な条件です。(また、説明しますが)
肩の傾きは推察通りスタンスの問題です。
右肘を少し曲げる分と若干ボールとのアジャストで傾きます。
骨盤を前傾させるのはほとんどすべてのスポーツで必要かなと思います。4スタンス理論のBタイプの打ち方を採用すればいいかも・・・ですが、スクエアスイングとは違ってきます。
様々なライからのアドレスで、スクエアアドレスが本領発揮なんですが、説明がややこしそうで、頭をかかえています。(^_^;)
お互い、日曜日のラウンドが楽しいものでありますように!     大西
Commented by ごまちゃん at 2012-11-23 21:47 x
こんばんは。30ヤード以下右足体重のアプローチも素晴らしいですね。頭から爪先まで軸がビシッと通って、右ひじが離れなければ、ぶれるような気がしません。傾斜地の対応も楽しみにしております、説明が大変でしょうがよろしくお願いします。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2012-11-23 23:24
ごまちゃんさん、コメント有り難うございます。
パター、アプローチからフルショットまでストレスのない、あるいはインパクトイメージに近い(インパクトでフルパワーを出せる)アドレスを考えました。
また、ご意見よろしくお願いします。
Commented by PING芸人 at 2013-04-11 23:59 x
お邪魔いたします、PING芸人です。
自分も左足一軸イメージではありますので共通点もあるような気がします。
右に体重を乗せて左に移すのはタイミングが合えば多少距離は出るでしょうが、仰るとおり練習量の限られたアマチュアには難しいように思います。
参考までに、自分のドライバーショットについて大西さんのご意見いただければ嬉しいです。どんなにけなされても大丈夫ですから正直に言っていただきたいです。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2013-04-12 09:22
PING芸人,こんにちは!
左一軸(難しい表現ですが)のように軸を動かさないほうが、一旦覚えてしまうと、再現性が高くなると思います。

スイング」をよく検証して、今度そちらのブログにもお邪魔します。
よろしくお願いします。
Commented by PING芸人 at 2013-04-12 13:09 x
こんにちは!
スイング解析よろしくお願いします(笑)
自分は直立時にも右肩が極端に下がっています。
大学時代にアルバイトで右肩で重いものを数週間持ったことが原因かと思いますが定かではありません。
また、グリップもベースボールなので指一本分右手が下がっていると思います。
あまり積極的にフェースローテーションをしないタイプなので基本的にはスライス傾向が強く、アイアンが苦手なので半年ぐらい前から初心者が使うようなクリーブランドのハイボアという中空アイアンを使って簡単にゴルフをしようと考えています。
とにかく「スコアを良くする」ということを第一に、道具もスイングも、コースマネジメントもメンタルも統一して考えています。
強気のマネジメント、今度教えてくださいね!!
Commented by s-onisi-seikotuin at 2013-04-12 15:13
了解しました!もう少しお待ちください。

<< スポーツと伸張反射 スクエアアドレス 骨格で支える... >>