スクエアアドレス パター編  再考

この1年間、認めたくはなかったのですが、「パターイップス」寸前から、この3ヶ月は深刻な「パターイップス」に陥ったことを認めざるを得なくなりました。

月例から、先日のクラチャン、そして今日のラウンドでも克服できませんでした。

1ラウンドで3~4回は30センチから1メートルのパットをはずしてしまいます。

当然、スコアにはならず、ストレスのたまることこの上ない状態です。

なってみて感じるのは、自宅や、パッティンググリーンではふつうに打てるのにプレッシャーのかかった本番では体や手が固まってしまってスイング軌道や強弱、フェースのコントロールすらできなくなるというものです。
プロのようにそれで賞金が変わってくる訳でもなく、趣味であるにもかかわらず・・・なのが怖い!


しかし、2日前、以前に自分で書いたブログを読み返してみて、やっと光明が見えてきました。

知らず知らずのうちに「手打ち」になっていたように思います。

今日も7Mから5パットというひどい状態もありましたが、少しずつ変化しているのを感じます。

以前の好調時には得意クラブはと聞かれて、必ず「パター」ですと答えていたものです。

反省を込めて今一度以前のブログを再アップすることにしました。

年内には「パターが得意です」といえるようにがんばるつもりです!



前回の復習です。パターイップス へ
僧帽筋などが緊張した姿勢が多い→大事な場面でスムーズな肩の回転が出来ない
       ↓
長尺パター・クロスハンドの使用で改善
       ↓
骨格で構える → 体幹の筋(大きな面積、単純な動き、不器用)で動くためスムーズな動き
で誤差の少ない回転が可能。
       ↓
普通のパターでも骨格で構えれば解決

「パターに型なし」という言葉があります。自分の構えたいように構えて打つのでいいと思いますが、悩んだ時には一度試して下さい。(悩んでいる人は沢山いると思います)
では・・・

スクエアアドレス パター編
パターはスイングと違って誰でも簡単に出来そうですが、難しい技術を必要とします。
ゲームメイクの上でも重要で、パターの上達だけでもスコアは飛躍的に良くなります。
(週末にしか練習出来ない私も、パターはできるだけ毎日練習しています)

股関節から体を倒しパターのシャフトと体幹が垂直になるようにセットする。
右手上腕をスキャプラプレーン上近くにセットする。(体幹を使ってストロークするため)      
「右手で打つ」が基本。左手の甲は打球方向に向くようにセットする。
 (左手は力を抜いて添える感じでセットし、テイクバックの始動で使用)
右上腕と体幹が固定されたままスイング。
⑤クロスハンド、順手どちらでも可。
基本はオープンスタンス(順手)。ターゲットにスクエアなスタンスも可。(打ちやすく、力の入らない方で)
⑦パターのグリップもスクエアグリップに近くなり(肘を曲げている分同じではない)、左手の甲を折らない事。若干ハンドファーストで正解。 (パターのロフト分くらい)

順手でオープンは、よく「お先にパット」で無意識にやっていることが多いとおもいます。
スクエアアドレスのアプローチ編で解説した通りですが、肩もオープンになっています。
両手でグリップしつつ、右手を軸にスイングすることを考えた時に、オープンで構えるのが、身体と両手のストレスを最も軽くし、筋肉で支えにくい姿勢になると思います。
オープンの度合いは10~30度くらいでストロークしやすい位置
スクエアアドレス アプローチ へ
スクエアアドレス№2 へ

インパクト前後10㎝くらいはスクエアで、基本イントゥインのラインのスイングになります。
さすがに肩がオープンのため右足くらいにボールをセットしないと引っかけやすくなるので、それには注意して下さい。カップやラインを見やすくなり、距離感を出すのにも優れたアドレスだと思います。
「常識」「基本」はスクエアスタンスで「つま先のラインに沿ってスイングする」ですが、練習量が少ないアマチュアには、距離感やスイングのなめらかさを出すには難しいアドレスです。
一度、順手の方はオープンスタンスを試してみて下さい
また、順手でスクエアスタンスは「筋肉で支える形」でなければ可です。

クロスハンドの時には、左手でスイングの始動をし、右手でストロークする動きが基本です。(順手も同じですが、より強調されます)
そのため、アドレスの時、身体のストレスが少ないので、スタンスはオープンでもスクエアでもどちらでも可です。
昔、アメリカのツアーで右手1本でパッティングしている選手がいました。
パターに悩んでいた私は、それを真似てクロスハンドに移行しました。
コツは「右手、右サイドが主役」「左手は方向とスイングのブレを押さえる」事になります。
タイガーウッズもパター練習では必ず右手1本での練習を欠かさないと言います。

タイガーウッズ、パッテイング練習
https://youtu.be/Hw5iERQwtAM?t=13
https://youtu.be/Hw5iERQwtAM


パターも「左手、左サイド」で始動し「右手、右サイド」でインパクトです。・・・これはスイングでも同じです。(後日、ちゃんと説明します)

★例えパターのような小さなストロークでも肩を含めた体幹を動かす限り、膝、股関節の動きを止める事は不可能です。つまり、そこを止めてストロークするのは不自然ということ。
だから、「股関節からの前傾姿勢」で膝、股関節を効率よく動かす必要があります。
d0133145_1692157.jpgd0133145_16115723.jpg








 上二つが順手でオープン   
d0133145_16152642.jpgd0133145_16154711.jpg








 クロスハンド上左はオープンスタンス      上右はクロスハンド、スクエアスタンス
d0133145_1618440.jpgd0133145_16182279.jpg







 

上左は順手でスクエア
東大阪 おおにし整骨院
東大阪 おおにし整骨院ホームページ へ


         

コメント頂いた かずくんのホームページ へ

by s-onisi-seikotuin | 2016-09-25 21:34 | スクエアスイング | Comments(8)  

Commented by w-kazukun at 2013-01-13 22:49
こんばんは。

今日のラウンドで、早速試してきましたよ!!。
朝の練習で感じが良かったので、このスタイルで全部通しました!!。

残念ながら、良い報告とまでは行きませんですが(汗)。
カップに蹴られること、数回。
パーがあと3つは取れたと思いますが、パットに自信がなく、ヨレヨレ球で(涙)。

圧巻は50mのロングパット(スネークライン)を1mまでつけました。
確かに、フォローが出し易く狙ったラインに打ち出し易いです。

ラウンド終わってから、グリーンで練習しましたが、転がりがイイ感じがしました。最後の伸びが違いますね。
普段の打ち方と交互に試した結果です。

ただ、球の位置が難しいですね。
自分なりに、色々と取り組んでみます。

Commented by s-onisi-seikotuin at 2013-01-14 15:04
いきなり試されましたか!!

慣れるまである程度の練習は必要だと思いますが、「朝の練習で感じがよかった」のは身体にストレスがなかったからでしょうね。
「常識を疑ってみる」の姿勢で取り組んで下さい。
ロングパットの距離感、ショートパットのスムーズなストロークで体感できると思います。

球の位置の調整は経験で。
打ち出し方向の目印(50㎝程度先の)を決めることも取り入れて下さい。
次回のご報告を楽しみにしています。
Commented by かあずくん at 2013-10-15 21:08 x
こんばんは!2

しつこくスミマセン(^_^;)。
パッティングで「④右上腕と体幹が固定されたままスイング」を行う際、エンジンはやはり脚ですか。しかも「右脚」。

右足裏を内旋させる意識でテイクバックすると、体幹は何もせず、ヘッドの重さで球が打てる感じがしました。

ショートアプローチを同じ感じで、チップインを2個ほど取り損ねました。あのヒネクレたグリーンが悪いんですが(笑)。

どんなもんでしょうか。
質問ばかりでスミマセン(^_^;)
Commented by s-onisi-seikotuin at 2013-10-15 22:13
こんばんは!かあずくんさん(?)
その通りです。どんなショットであっても股関節から前傾していれば下半身がエンジンになって体幹の回旋へとつながっていくのが自然だと思います。

頭を中心とした軸は動かさずに動作するためです。
脚を完全固定してアプローチやパッティングを行うのは上半身と下半身をばらばらに使うことになります。

右軸足のスクエアアプローチでも積極的に下半身を動かしてくださいね。
Commented by かずくん at 2013-10-15 22:36 x
かあずくんです(^_^;)。
重ね重ねスミマセン。
誤字です。

エンジンの使い方が良く分かりませんでしたが、何となく分かった気がします。

ありがとうございました。
今晩は熟睡できます(笑)
Commented by かずくん at 2016-09-26 22:28 x
お疲れさまです。

クラチャン、残念でしたね。
また来年チャレンジして下さい!!

イップからの脱却。
認めることが、第一歩でしょうか。
ご自身でスイング全てを構築している強みですね。

私も皆様からの情報を整理しつつ、自分なりにアレンジしてアレコレと見えてきました。

忘れてましたが左親指、7月辺りから違和感が消えていました。
軽く引っ張りマッサージしたりしていましたが、今は全く気になりません。
腰も一時的に悪くなったりしますが、あいはら先生に施術して頂き、以前より更に良くなってきました。

ソレもあって大胆に身体が動かせるようになり、更にスイングヲタクに磨きが掛かっています(笑)。

イップス攻略の暁には、そのプロセスを是非ブログアップして下さい!!
Commented by s-onisi-seikotuin at 2016-09-26 23:51
かずくんさん、こんにちは!

今回のイップスはかなり手強くてえらいことになっています。

当然、クラチャンでも恥をかいてきました。

練習では問題がないのに本番で必ず出てしまうもんですからやっかいです。

緊張したラウンドでの成功率を上げていって自信をつけるのが一番でしょうね。

パターを変えたり、グリップを変えたりと試行錯誤していますが、今回、過去の自分から教えたもらうような体験をして光明が見えた気がします。

克服できたらまた、ブログアップします。

いつもありがとうございます。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2016-09-26 23:53
追伸

親指も腰も良くなって、ますますかずくんさんのブログもヒートアップですね!

毎回、楽しみに拝見しています。

<< MPS(筋膜性疼痛症候群)への施術 アスリート魂 2 >>