「ほっ」と。キャンペーン

スクエアスイング・腰は回してはいけません

コメント頂いた かずくんのホームページ (2月1日付け)の中、「肩って回るの」で「肩が90度回る」検証をされていました。
非常によく考えられた内容でしたのでびっくりしました。

いずれお話しようと思っていましたので、もう少し深く検証してみます。

1)アドレスで骨盤が後傾していると大腿四頭筋の緊張を促すと同時に、膝が左右に流れやすくなるため膝周りの傷害を起こしやすくなります。
2)股関節の回旋を使わず、腰の回旋を意識して動作をすると、腰痛を引き起こしやすくなります。
3)股関節の回旋を使えないと、膝が流れるのを押さえるため、膝関節、足関節に余分なストレスがかかります。  

 
  ★「腰をまわせ・・の勘違い」
 なぜ、股関節から前傾(骨盤前傾)するのか?

よくゴルフや野球のバッティングで「腰を回せ」とアドバイスされますよね?
でもこれは大きな誤解です。身体の軸を回すことはスイングに欠かせない動きですが、意識して腰を回してはいけません
腰の骨は腰椎と呼ばれる骨が5つ並んでいるのですが、この骨の関節は前後に動きやすい構造になっていて、左右に回す構造にはなっていないのです。
腰椎の5つの関節の回旋域は左右あわせて10°です。
テイクバックのような右回旋だけならなんと5°だけしか回せません。
腰は実際にはほとんど回せないのです。

ゴルフのトップとよばれる位置で、肩はほぼ90°回旋していますから、腰の回旋をめいっぱい使っても体は回旋しません。逆に練習で何度も腰を回そうとしてしまうと、腰をいためやすくなります。

ではどうすればよいのでしょう?
理論的には、胸椎とよばれる腰から上の12個の関節を使って左右で75°片側で37.5°の回旋を獲得します。
肩甲骨も回旋に一役買っています。肩甲骨の動きは左右で60°片側で30°の回旋です。

そして、腰を含めた下半身の回旋は、股関節を使って回旋してやるのが効率的な方法なのです。
股関節から体を折り、骨盤を前傾させる姿勢が必要になります。
この姿勢で膝を含めた股関節を使えば、左右で約45°片側で22.5°の回旋が獲得できます。
これらを合わせれば、左右で180°片側で90°です。(カパンディ.関節の生理学より)

よく言われる股関節打法と呼ばれるスイングスクエアスイングも含む)のねらいは、股関節を使って90°の肩を含めた体幹のトップ位置を獲得することなのです。
言葉を変えれば、腰を回さずに、股関節の回旋を使うことで腰の傷害を予防できるのです。

股関節が使えない姿勢(骨盤後傾)の場合は股関節の可動域分を補う必要があります。
右足を右に開いて右膝を右にひねったり、左足をヒールアップさせる等々の動きが生じます。
また、頚反射と腰反射も関わってきます。
★つまり腰は背筋の下部と腹筋を緊張させること(臍下丹田に力を入れる)と股関節からの前傾姿勢を取ること(骨盤前傾)で腰を回旋をさせないことが大切なのです。
d0133145_7532071.jpgd0133145_7534242.jpg











上左骨盤後傾から上半身を左回旋した写真です。左右の足首、膝が右を向き体全体が右へ流れています。頭を動かさずに動作しようとしても、ヒールアップして、右脚全体でかなりの力で踏ん張らないと軸がぶれてしまいます
上右骨盤前傾から上半身を左回旋した写真です。膝はほぼ正面を向いたまま、頭の位置もほとんど動かさないで体の回旋が出来ています。(左肩を下げるように動かすとほとんど頭を動かさず動作できます)右膝をそんなに踏ん張らなくてもこの姿勢がとれます。股関節の可動域を上げた事で出来る姿勢です。
d0133145_1036358.jpgd0133145_10365531.jpg











 (左)骨盤後傾で腰が丸い姿勢  (右)骨盤前傾で腰が直線的な姿勢

東大阪 おおにし整骨院

東大阪 おおにし整骨院ホームページ へ


MPS研究会へ


クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」画像解説
クリックすると→「スクエアグリップ」画像解説
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

by s-onisi-seikotuin | 2013-02-02 21:18 | スクエアスイング | Comments(2)  

Commented by w-kazukun at 2013-02-03 21:44
こんばんは。

詳しく解説頂きまして、ありがとうございました。
なんだか、お手数おかけしたようで、申し訳ないです(汗)。

3年ほど前、腰と肩の捻転差をつけようとして、腰を痛めた事があります。その前からギックリ腰は持病として持っていました。

記事に書かれた内容をシッカリと理解して、更に磨きをかけたいと思います。

ところで、写真がリンクされていると思うのですが・・・・。
見えないですが、異常でしょうか??。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2013-02-04 08:08
おはようございます。

腰の話はいずれアップしようと、資料は作っていました。
ゴルフと腰痛は関連が深いですからね。

骨盤前傾姿勢は、その姿勢を維持する筋肉が鍛えられるまで、別の筋肉痛が出ることがありますが、いい姿勢を作るためだと思ってがんばってもらうしかないかも・・・です。

良い姿勢で得られるメリットは大きいです。

写真は修整しました。
ご指摘ありがとうございました。

よろしくお願いいたします。

<< スクエアスイング・左手を消す! スクエアスイング・インパクトか... >>