スクエアアドレスとスクエアスイング(基本編) Ⅰ

今までのスクエアアドレスとスクエアスイングをまとめてみました。
スクエアグリップ

スクエアグリップとスクエアアドレスは体そのものとターゲットに対してスクエアに、同時に「骨格で支える」事を目的にしています。

背中と両肩を壁などに当てスクエアにした状態で両手を前に突き出し、この状態からグリップをするように両手のひらをずらしてみて、ゆがみが出ない状態がグリップのスクエアと考えられます。

グリップのスクエアが両肩のラインから始まるのが特徴です
d0133145_22182688.jpgd0133145_22185810.jpgd0133145_22192393.jpgd0133145_22263267.jpg













左手の延長線上にクラブのシャフトがきていれば理想的です。身体から直角に生えているようなグリップはスクエアではありません
グリップした左手と右手にゆがみがあるとスイング中にひずみが出る可能性が高くなるので注意しましょう。この状態の両手のひらが身体全体から見てもグリップのスクエアだといえます。
d0133145_22301368.jpgd0133145_22304727.jpgd0133145_2231171.jpg






背筋を伸ばし、立った状態でグリップを作ります
左手の小指と人差し指を曲げた状態で手のひらとクラブフェース面が平行になるようにクラブを支えます。「小指と人差し指」と手のひらの「小指側手のひらのふくらみ」で支えるつもり。(前腕に力を入れて支えないように)
同時に右手を写真のように「中指と薬指」を曲げ、右手を左手と平行に横から添えるようにグリップします。「中指と薬指」と親指側の手のひらのふくらみで左手の親指とクラブを包みます
横から見て身体(背筋)に対してクラブがほぼ直角になるように支えて下さい
これで手にほとんど力を入れない状態でもクラブを支えることができるはずです。
左手の親指はややフックになり、このグリップをするとトップで親指がクラブを支える位置に入ります。
もう一つ大切な事があります。
右手の親指と人差し指が、トリガー(拳銃の引き金を引く形)になっていることが必要です。
テイクバックの時にほんの少しトリガー部分を意識しながらクラブを上げていくと、トップの位置で左手の親指とともに、グリップのオーバースイングを防止することができます

このグリップをした上で両手を下から突きだして前に伸ばして下さい。両手の上腕と胸でもクラブを支えている感じがすれば、正しい動作です。
ほとんど手や腕に力感なくクラブを支え、ねじれ感もなければスクエアアドレスのグリップの完成です。
d0133145_11522337.jpg
このグリップが「骨格で支えるグリップ」です。
よけいな手の力、腕の力を抜いて動作ができるという「スクエアスイング」の核でもあるんですよ。
クラブが左手の延長にある状態が「スクエア」です。身体とグリップにストレスを感じないと思います。
ここからどうアドレスするかはスクエアスイング№3へ      一度試してみて下さい。


       



スクエアアドレス セッティング
スクエアアドレスについてお話します。
ゴルフでの「骨格で支え、身体の反射を利用して効率的に動く」ための基本です。
両手でクラブを握りつつ(その時点でゆがみが出る)、いかに身体のゆがみを取ってスクエアにアドレスするかです!

d0133145_1814896.jpgd0133145_18143271.jpgd0133145_18145839.jpgd0133145_20283253.jpg
背中と腰を壁などにつけ横から見て、クラブがほぼ背中に対して直角になるようにセットします。クラブは右手が上にセットされるので両手でグリップしたときに左手の方向にクラブが伸びていて正解です。d0133145_9121498.jpg背中は正面から見て左右の高さもほぼスクエア(平行)です。ターゲットに対しても背中(肩のライン)と腰は壁につけた状態ですから、スクエアにセットされています。(写真上左)
②その状態のまま、股関節から身体を前傾させていきます。両肩のラインも腰のラインも正面から見ても横から見てもターゲットに対してスクエアのままになります。(写真上右)
クラブヘッドはボールの位置より右側(打球選後方)にあるはずです。

頭をその位置から動かさないで両肩、腰、膝のラインのスクエアを保ったままでボールのある位置まで左(打ち出す方向)に平行移動しますこれがスクエアアドレスです。(写真下左)

右肩、右腰は少し下がり、腰と両足のラインは左に移動
しています。左の股関節が入った状態(骨盤前傾)で軸と体重は左に移動しています(左重心)。
両肩、腰、膝のラインはスクエアで左重心のアドレスの完成です。

ちなみに写真下右がインパクトなんですが、「インパクトとスキャプラプレーン」などで説明してきたとおりです

インパクトとアドレスが非常に近いということがお解かりいただけると思います。
ボールをセットした位置でインパクトをイメージしてやれば、いろいろなライ(傾斜地)でもスイングしやすくなります。
つまり、いろいろなボールに対してこの方法でアドレスしてやればスクエア感を意識できるだけでなく、いろいろなライに対応できる非常に実戦的なアドレスに変化していくのです


スクエアアドレス 詳細
d0133145_20331651.jpgd0133145_20333753.jpg













          ①                     ②          ③

この姿勢(アドレス)に慣れていただくことが最初のハードルです
①壁に背中をつけてグリップし(写真左)、
②そのまま股関節から前傾します(写真右の左)。スポーツと股関節へ
③そこから頭をその位置に残したまま、腰と膝を左に寄せながらクラブをボールの位置まで持っていきます(写真右の左)。

① ② ③の順番でシステマティックにスクエアアドレスが完成します
何度も練習すると、簡単にセッティングできるようになります。

これでアドレスの完成です。

最初は肩と両足が地面に対して平行であったものが、左に腰と膝を寄せるために、左に上がります。両足も左に軸が移動し、頭と尾てい骨を結ぶ線も少し左に傾いています)。体重は頭を中心に考えると左に多くかかっています。見た目は右足重心に見えますが、決して右に体重の乗ったアドレスではありません。(写真右の右)
左の股関節(骨盤を前傾した状態で)に重心の乗ったアドレスになっていれば正しい動作です。
両肩も身体全体も「骨格で支えている」状態ゴルフ スクエアスイング№1になっています(アドレスをセットした後も、一度深呼吸して肩や腰の緊張を取ることが大切です)。
両足と肩と腰のラインはターゲットに対してスクエアです。両手でグリップした際の身体のゆがみを取っていく過程を経て,この姿勢がスクエア(ゆがみのない)なアドレスといえます。   
スタック&チルトゴルフアスイングとスクエアアドレスへ
スタック&チルトゴルフアスイングとスクエアアドレス2へ
また、このアドレスで大切な事は、左足から左股関節に重心が乗り、身体を支えていますが、「形を支えるための筋力しか使っていない」事です。クラブを支えるグリップも同様です。
といって決して身体の力は「ゆるゆる」ではありません。多少押されても動かないような「骨格で支える」ための骨格とインナーマッスルによる姿勢維持状態のアドレスであることが大切です。

以前、あるゴルフ練習場で2~3回レッスン(スポーツヒルズレッスンへ ) ( スポーツヒルズレッスンへ)をしたことがありますが、このアドレスをしたらその後どうやって動くのかわからない・・・と言われたことがあります。確かに、慣れるまで窮屈な姿勢(アドレス)ですから、この姿勢で力を抜くことの難しさはあると思います。・・・自然にできるまで練習してみて下さい。
そして、この後どうやって動くのか?スタック&チルトゴルフアスイングとモリを突く動作にヒントがあります。

クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」画像解説
クリックすると→「スクエアグリップ」画像解説
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

おおにし整骨院ホームページ(新) へ

by s-onisi-seikotuin | 2013-02-16 21:03 | スクエアスイング | Comments(0)  

<< スクエアアドレスとスクエアスイ... スクエアスイング・左手を消す! >>