アキュスコープ勉強会(名古屋)

今日は、残念ながら(?)ゴルフのお話ではありません。

名古屋で「アキュスコープ勉強会」の講師として約50名の先生方の前でお話しをしてきました。
アキュスコープ勉強会 名古屋 へ



日頃、多くの人の前でお話する事なんてないので、さすがに緊張しました。
しかし、やさしい先生方に恵まれ、また、サンメディカルさんのスタッフの方々のお気遣いのおかげで無事に終えることができました。
皆様、本当に有り難うございました。
私自身の持っている「治療の考え方」や「アキュスコープ」「ハイチャージ」の実際の使い方などを,つたない説明ではありますが、お話してきました
「アキュスコープ」「ハイチャージ」という優秀な治療器であっても使い方を間違うと、あまり効果が出ないという結果になることもあります。

使い方のノウハウよりも
こういう考え方をすれば、様々な治療パターンが生まれ、「先生方のオリジナルな治療」や「患者さん一人一人に対してのオリジナルな治療」が出来るんだというお話をしたつもりです。

根底にあるのは、年末にブログに載せた(筋、筋膜性疼痛症候群(MPS) スポーツと運動動作で思うこと


「常識を疑ってみる」
「経験論の正誤を検証する」
「他に正はないか?」


の考え方です。

どうしても教科書やスポーツでのレッスン書の話を鵜呑みにしてしまいがちですが、一つ一つを自分の頭で検証するという作業を経てこそ「自分の身に付く」のだと思います

私自身も、えらそうな事を言えるほどの人格者ではありませんし、常に迷いながら生きている一般人です。
「先生方の悩み」は「私自身の悩み」でもあるわけです。
共に悩みながら、より良いもの、より良い治療を目指して勉強していく事が大切だと改めて感じた一日でした。

参加された皆様方に感謝致します。
また、機会があれば、再会したいと思っています。                大西清一

MPS研究会へ
おおにし整骨院ホームページ(新) へ




by s-onisi-seikotuin | 2013-03-03 19:15 | 治療 | Comments(0)  

<< スイング動作のメインエンジンは? スクエアアドレスとスクエアスイ... >>