続 腰痛2800万人 「痛み」とは?

前回の「腰痛2800万人」の続きです。

そもそも「痛み」とは何でしょうか?

「物理的な刺激や疼痛物質(セロトニンやブラジキニン)による科学的な刺激を侵害受容器(高域値機械受容器やポリモーダル受容器など)が感知し、電気的な信号として大脳に送られ、大脳が痛みとして認識すること」で痛みを感じるという大前提があります。

また、「痛み」はやけどや切り傷を負ったときに、瞬間的に感じる痛みと、あとからじわじわ出てくる炎症性の痛みに分類されます。
私たちが扱う痛みは炎症性の痛みです。
どちらにせよ、痛みを感じていると言うことは、侵害受容器(高域値機械受容器やポリモーダル受容器など)が刺激を電気信号に変換して大脳に送った結果であると言うことです。
侵害受容器がなければ、痛みを感じることは出来ません。
髪の毛や爪の先は痛みを感じません。ここには侵害受容器がないからです。
また、侵害受容器があるところでも疼痛物質(セロトニンやブラジキニン)がなければ痛みを感じません。
私たち治療家や患者さんにとって大切な事は、「どういう理由で、どの場所で痛みが発生しているのか?」を知ることです。

私たちが痛みを感じる部位は
【皮膚、骨膜、筋、筋膜、腱、神経、血菅、内臓、軟部組織(靱帯、関節包など)】です。

私たちの仕事で考えるとこうなります。(骨折、脱臼、打撲、ねんざ、筋損傷からくる痛み)

①皮膚(表皮/真皮):感受性が高い
②皮下組織:あまり痛みが無い
③骨膜:感受性が高い 深くえぐられるような限局的な痛み
④骨組織:痛みが無い
⑤筋組織:虚血状態やある種の物質で発痛
⑥筋膜:感受性が高い 重苦しい痛み、疼き/気持ちよさ
⑦腱:感受性が高い

⑧血管:一般に鈍痛を感受する 部位を限定するのが難しく拡散した疼きを伴った痛み
⑨関節包、滑膜:感受性が高い
⑩靭帯:感受性が高い

⑪神経:鋭く焼けるような痛み(カウザルギー)・・・ほとんどない
⑫神経根:脱随神経にのみ発生する(非常にまれ) 脊髄硬膜:無感覚
⑬軟骨組織:椎間円板、関節軟骨には痛みの感受性は無い骨や軟骨は痛みを感じません。

「骨折したら痛いやん!」
それは、骨膜という骨をおおっている膜が破れたり、炎症を起こして痛みを感じているのです。
骨そのものは痛みを感じません。
人工関節は骨の中に打ち込みますが、「骨そのものが痛みをと感じたら」・・・その事自体で痛くて大変な事になります。

軟骨も・・・
「膝や背骨の軟骨がすり減って痛いと言われました」「??・・軟骨は痛みを感じませんよ!」という話になるのです。
軟骨がすり減っても、関節や関節周辺の筋肉や靱帯などに炎症がなければ、痛みを感じることはないのです。

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の考え方では、痛みを感じる筋、筋膜を中心
その他、腱、骨膜、靱帯、関節包などをターゲットにして治療していきます。

「体の多くの部分を占め、且つ痛みを非常に感受する筋肉」に目を背けて、腰痛の原因がわからないとする事に大きな「疑問」を感じます。

現在、加茂先生をはじめとするMPS研究会の整形外科の先生方は麻酔注射で、

鍼灸師の方は鍼で、

私は手技やアキュスコープ、ハイチャージという治療器を使い、筋、筋膜を中心に「痛みを取る」治療を行っています。

事実、非常に多くの患者さんの痛みを取ることができています。

このような治療の考え方がスタンダードになれば、「腰痛2800万人」がそうでなくなる日がくると考えます。
興味のある方は、一度、加茂先生のホームページをご覧になって下さい!
詳しく説明されています。
加茂整形外科ホームページ へ
.jp/>
東大阪 長田 おおにし整骨院
東大阪 長田 おおにし整骨院ホームページ へ




by s-onisi-seikotuin | 2013-03-27 10:21 | 治療 | Comments(0)  

<< スクエアスイング かずくんさん... 腰痛2800万人!! >>