坐骨神経痛症状はMPS(筋膜性疼痛症候群)?

坐骨神経痛はMPS症状の一つだと考えられます。

坐骨神経とはお尻から、足の先までを支配している神経の名前で、「坐骨神経痛」とはこの神経の領域にシビレや痛みが現れる状態の総称です。
しかし、神経そのものを傷めているのではなく、MPS(筋、筋膜性疼痛症候群)の一つと考えられます。


症状の原因は神経線維そのものではなく、筋肉や筋膜、骨膜、関節、靱帯などのトリガーポイントによる痛み(MPS:筋筋膜性疼痛症候群)や坐骨神経ファシアが原因だと考えられます。
たまたま坐骨神経に関わる筋肉や周囲のファシアに沿った痛みが現れているだけと考えてください。
腰のヘルニアや脊柱管狭窄症が原因ではないので、手術しなくてもほとんどの方は治ります!

腰や臀部の筋肉(腰腸肋筋、小殿筋、梨状筋など)の過緊張が、継続した緊張に変化し、その近辺の血流不足から筋、筋膜の硬結や痛み物質の滞留を引き起こすことで強い痛みを感じさせるようになっていきます。

ギックリ腰の後などに起こりやすく、また、長時間お尻の筋肉を緊張させて座っていたり、不意に力が入った時なども発症の原因になります。


症状が慢性化している場合には、骨膜と筋膜の間の癒着、腱や筋膜の肥厚化、神経ファシアと筋膜との癒着も考えられ、やっかいな症状となります。

MPS研究会では、トリガーポイント注射、スキマブロック注射、掃骨鍼などで治療すると効果があるとされています。

当院では、手技で患部の筋緊張や血行の改善をした上で、ハイチャージやアキュスコープという、鎮痛効果のある電気治療器を使い治療をしていきます。
この治療も非常に即効性があり、治療効果も高いものです。
長期間症状をお持ちの方や症状の重い方にも効果があります。
まずは一度、治療を体験してください!

どんな症状もそうですが、急性期(痛みが出た初期の間)に正しい治療すると短期間で治りますし、慢性化しにくくなります
できるだけ早期の治療をおすすめします。

東大阪 長田 おおにし整骨院
(注)慢性症状の方は実費治療になります。
d0133145_17574975.gif


MPSとは

東大阪 長田 おおにし整骨院ホームページ へ

MPS研究会へ


整骨院へ行こう推進委員会ホームページへ






クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→「スクエアグリップ」
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説


コメント頂いた かずくんさんのブログ

by s-onisi-seikotuin | 2013-12-28 22:14 | 治療 | Comments(0)  

<< 人生を語らず スポーツの基本姿勢 >>