自宅でできる骨盤、脊柱矯正法(腰痛編)MPS改善にも

以前に自宅でできる骨盤、脊柱矯正法 (MPS改善にも)というブログをアップしましたが、腰痛に悩む方が多いので、腰痛用のメニューを追加しておきます。
腰痛もさまざまで、ギックリ腰と呼ばれる急性腰痛から、坐骨神経痛症状、整形外科的診断名である「腰椎ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「腰椎すべり症」「腰椎分離症」、それに「坐骨神経痛」と呼ばれる症状までいろいろあります。
「腰椎ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「腰椎すべり症」「腰椎分離症」ですが、これらは足に「麻痺・・・力が入らない状態」や「排尿障害」がない限り、MPS(筋筋膜性疼痛症候群)と考えられ、このメニューをする事で、痛みの改善につながります。
整骨院などで「骨盤がずれている」と言われた方にもおすすめです。
ただし、ぎっくり腰(急性腰痛)になって3日目以内の方はしないでください。安静が一番です。

d0133145_10403195.jpg仰向けに寝てもらって、テニスボール(硬式)を当て、一か所、1分から1分半、自分の体重で圧迫してもらいます。「痛むところ」「痛むけれど気持ちのいいところ」にボールを当てます。図の青い印のあるところが腰痛の人に多い治療ポイントになります。
仙骨はもちろん、左右の仙腸関節に沿って当てるのもいいですね。
「坐骨神経痛」と思われ、おしりの下の方が痛む方は赤マークの二か所に二つのボールで同時に当てたり、一か所ずつ2回に分けて当てるとよく効きます。
おしりから太ももの横~下腿の側面が痛む方はおしりの横に当てます。(ちょっと痛いですよ)
また、ボールの当たった感じが痛すぎる方は布団の上や、柔らかいカーペットの上で行ってください。

d0133145_22322380.jpgテニスボールを仙骨の真ん中に当てる場合、(写真)あおむけに寝てボールの上に載り、自分の体重をかけて1分から1分半圧迫します。少しの振動を加えながらやるのは良いのですが、ぐりぐりと筋肉をこねるような当て方は筋肉を痛める可能性がありますので注意して下さい。
お尻の横の筋肉(中殿筋、小殿筋)は身体を少し横にして当てるとうまく当たります。
10ヶ所程度を、出来れば左右共に、もしくはローテーションしながら、当てている所の痛みが緩和して気持ちよくなるくらいになれば終わります
d0133145_2233441.jpgd0133145_22331973.jpg







d0133145_1041031.jpg次は、今回初めてアップする内容です。
腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)、特に大腰筋を調整する方法、腰痛の人にはぜひ知ってもらいたいテニスボール矯正法です!
意外なことに、ここをテニスボールで矯正すると、腰の痛みが緩和します!
実は、この筋肉は腰の骨(腰椎)の前側(お腹側)から大腿骨まで伸びる筋肉で、腰の痛みと深い関係があります。腰を反らせると痛んだり、身体を捻ると痛む腰痛に関わる筋肉です。
整骨院などで、背中から腰までを施術するのは当然ですが、以外とこの腸腰筋は施術しない事が多いのです。
「おおにし整骨院」では「腰痛」とくれば、必ずチェックする筋肉
です。

あおむけに寝て、片方の足は伸ばし、片方は股関節の大腰筋のある場所にボールを当てます
鼠徑(そけい)部と呼ばれる場所ですが、下腹部と太股の間になります。指で押さえると思わぬ痛みが出る場合があるので注意します。ゆっくりとボールをはさみ、両手で膝の下あたりを抱え込みます。
この状態から抱えた両手を手前に引っ張り、ボールをより強く挟み込んでいきます
痛むところにボールが当たっていれば良いですが、このまま膝を内側に倒すように圧迫していくと、もっと大腰筋にボールが当たり、「ここが痛むんだ」と自分でも理解できると思います。
この姿勢で、またまた1分から1分半じっと圧迫を続けます。お腹の中あたりまで「効いている感」が出れば100点満点ですね。
これを初回は2回ずつ、腰の痛みが緩和してからは1回ずつ左右行って下さい。
不思議なことに腰の張りや痛みが緩和するのを感じることが出来るはずです
これで大腰筋が痛くなくなれば、大腰筋のストレッチも快適にできるはずです。(写真右下)
自宅で簡単に出来る「腰痛対策メニュー」の公開でした!d0133145_22345836.jpgd0133145_2235164.jpgd0133145_22353226.jpgd0133145_19462844.jpg









東大阪 おおにし整骨院


自宅でできる骨盤、脊柱矯正法 (MPS改善にも) へ


東大阪 おおにし整骨院ホームページ へ

MPS研究会へ

坐骨神経痛はMPS へ
腰痛2800万人 へ
コメント頂いた かずくんさんのブログ


クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」画像解説
クリックすると→「スクエアグリップ」画像解説
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

by s-onisi-seikotuin | 2014-03-06 23:18 | 治療 | Comments(6)  

Commented by かずくん at 2014-03-07 21:34 x
ありがとうございます!!

お忙しい中、スクランブル対応頂き、感謝です!!

ポイントは大腰筋の付け根ですか。前側を刺激するんですね。
どこが大腰筋なんだか、結構悩みましたが(汗)。

でも、テニスボールをずらしながらポイントを探してやってみました!!。
なんだか、熱くなっって燃えてきましたが、大丈夫でしょうか(笑)。

ついでと言っては大変失礼なんですが、右下のストレッチのポイントが分からず、どこを伸ばせばイイのか掴みきれないでいます。

大腰筋って、ストレッチするには感覚がないのですが。
ヒネる感じでしょうか。
自分がやると、カウリングのイメージになってしまい、股間節に大きな負荷が掛かっているだけなんです。

暇な時で結構です。
伸びるポイントに線など入れて頂けると助かります。

本当に、申し訳ありません。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2014-03-07 22:50
こんばんは!
焦ってアップしたので、あちこち不都合があるかもしれません。
後でチェックしていきます。
>熱くなって燃えてきた
う~ん、そんな感じなんでしょうか?

ストレッチのポイントは大腰筋です。写真では右脚の大腰筋をストレッチしていますが、解りにくいですかね?

股関節を縦に伸ばす感じになります。
また、写真を撮ってアップしますのでお待ち下さい。

大腰筋(腸腰筋)と腰痛の関係は深いんですよ!
何日かすると変化が感じられると思います。

はやく腰を治してゴルフの練習に励んでください!
Commented by かずくんn at 2014-03-07 23:12 x
こんばんは。

ストレッチ分かりました!!
やっぱり、間違ってました。

足を伸ばした側の腸骨の端部、写真で表すと左側を床に付ける感じですよね。
左腕の伸ばし左肩に体重が掛かるようにすると、腸骨上部付近の筋肉がストレッチだれますね。

左は伸ばせましたが、右を伸ばすと危ない雰囲気でした(涙)。
焦らずに、やってみます。

ありがとうございました!!
Commented by s-onisi-seikotuin at 2014-03-07 23:18
かずくんさん、その通りです。
しかし、ストレッチは大腰筋(腸腰筋)の痛みが取れてから行って下さいね。

テニスボール矯正が必ず先です。
Commented by かずくん at 2014-03-07 23:34 x
度々、すみません。

テニスボールを挟ん、熱く感じたのは、大動脈を押さえていたみたいです(笑)。

ボールを挟むポイントは大動脈より上になりますよね。
腸骨の出っ張りの直ぐ下が一番痛みます。
チョット違いますか(汗)。

ストレッチは危ないので、直ぐに止めました。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2014-03-08 07:46
大動脈は避けてください。(良いご指摘でした)
それよりやや外側になります。

場所をさぐるのが難しいですね。

<< 納骨 キネティックチェーンとスクエア... >>