腰椎ヘルニアはMPS(筋膜性疼痛症候群)

先日のテレビでも、腰椎ヘルニア、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症は腰痛の原因ではないとし、
「AKA-博田法」という手技を使って痛みを取る治療を報道されていました。

あおむけに寝て両脚を伸ばし、片方の足を持ち上げて、痛みが出るかどうかを判断し、ヘルニアなどがあるかどうかをチェックする「SLRテスト」という検査法があります。
番組でも、先生が患者さんの足を持ち上げるチェックで、20度くらい上げると痛みが出る様子が映されていました。
先生がAKA手技を施術した後に、簡単に足が上がるようになり、痛みが改善した事を確かめておられました。
「SLRテスト」はヘルニアなどの検査法ですが、伸ばした脚を持ち上げて、脚の裏側が痛むと「腰椎ヘルニア」の可能性があるとされます。(痛みがない場合は脊柱管狭窄症・・・?)
脊髄神経がヘルニアで圧迫されているので坐骨神経が引き延ばされて痛みが出るという理屈です。
これには異論がありますが、ひとまずおいておいて・・・)


私も、「SLRテスト」をしますが、脚を持ち上げると、腰に痛みが出る患者さんと、太股の裏に痛みの出る患者さんがおられます。
それぞれ、症状は違うと考えられます。
大まかにいうと、腰が痛む人は「腰のMPS、筋筋膜性疼痛症候群」、太股の痛む人は「臀部か太股の裏のMPS、筋筋膜性疼痛症候群」だと判断できます。(もちろん、その他の疾患も考えて・・ですが)

それぞれの症状に合わせて、それぞれの施術をしていきます。
施術後にもう一度「SLRテスト」をすると、ほとんどの人が脚の上がる角度が向上し、痛みが軽減します。
私は、そんな短時間に手技、その他で腰椎ヘルニアを小さくしたり、出てきたヘルニアを元に戻したりは出来ません
そんな事をしていないのに関わらず・・・なんです。

それは、ほとんどの患者さんの訴える「腰椎ヘルニア」症状が「MPS、筋筋膜性疼痛症候群」だからです。
原因であると思われる筋、筋膜(時には骨膜)を探り、そこに色々な施術をする事で、早期に痛みが改善します。

嘘だと思われる方がほとんどだと思いますが、これは「事実」なんです。

症状を推理し、正しくアプローチさえすれば、MPS症状の腰痛は改善していきます。

治療のアプローチ方法は色々あっていいと思います
AKA、鍼灸、トリガーポイント注射、手技、物療器、カイロ手技、その他危険でないオリジナル治療法


急性腰痛の「ギックリ腰」は関節や関節付近の損傷(MPSの一つ)だと考えられます。
「SLRテスト」も出来ない程の痛みを訴える患者さんがほとんどです。
それほど痛みはきついのですが、3日から1週間で痛みが改善していきます。

「腰椎ヘルニア」とMRIで診断された患者さんも来られますが(・・残念ながら自費治療です)、ギックリ腰とは明らかに痛みの質が違うのがわかります。
痛みがなかなか収まらず、腰や太股、下腿が痛むのです。

骨盤(仙腸関節)の異常と思われる患者さんもおられます。
仙腸関節のロッキングが続くことで腰が痛む患者さんです。
こういう患者さんにはAKAなどがよく反応します。
この矯正法は「胸腰背腱膜の緊張を取る」と考えることもでき、同時に脊柱起立筋や臀部筋の緊張を取るという意味で「MPS」に対するアプローチをしているとも考えられます。

現在の一般的治療法は腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症の場合、保存療法(痛み止め、湿布、理学療法)で様子を見、改善が見られない場合は手術へ・・・という流れになります。
手術までしなくても「痛みを改善」する方法が存在する事を多くの人に知って頂きたいと思います。

ただし、本物の腰椎ヘルニアや、脊柱管狭窄症もあります。
これらは脚の麻痺(痛みが原因でない筋力低下の事)や排尿障害を伴うもので、残念ながら、手術の対象となります。

東大阪 長田 おおにし整骨院
東大阪 長田 おおにし整骨院ホームページ へ

MPS研究会へ

坐骨神経痛はMPS へ
腰痛2800万人 へ
コメント頂いた かずくんさんのブログ


クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」画像解説
クリックすると→「スクエアグリップ」画像解説
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

by s-onisi-seikotuin | 2014-03-29 23:43 | 治療 | Comments(0)  

<< 本当にスクエア? 納骨 >>