左1軸スイングと右1軸と2軸スイング

スクエアアドレスとスクエアスイングは左サイドに運動軸のある「左1軸」スイングに近いスイングです。

デビュー当時の石川遼選手や以前のレッドベターのスイング理論テイクバックで右、切り返し以降は右から左へ体重を移動させる2軸スイングです。

右1軸スイングとは岡本綾子選手、藤田寛之選手のようにテイクバックで右に体重を移動した後に右脚を軸に頭を動かさずにスイングする打ち方と考えられます。
d0133145_20205468.jpgd0133145_20272561.jpg
















ただ、どのスイングであっても、スイングの中心である「頭はインパクト付近で固定する」という共通点は存在します。
そこがないと正確なインパクトがリピータブルに出来ないからです。

ティーアップした状態のドライバーは多少頭(中心軸)が動いてもある程度の許容範囲があるので色々な打ち方が可能です。
極端に言えば、左脚を上げてテイクバックする「一本脚打法」や「テイクバックした後で走って来て打つ」なんて打ち方も可能かもしれません。

但し、正確性では非常に確率の低いスイングになります。


ところが、ゴルフというスポーツはティーアップするティーグラウンド以外では、芝の上にあるボールをクリーンに打つ必要に迫られます。
ライの良い場所ならまだしも、ディボットや芝の薄い場所、傾斜地、フェアウエイバンカーなど、どうしてもクリーンにボールとクラブが直接コンタクトしないといけない所から打つ必要にたびたび遭遇します。
例え、フェアウェイであったとしても、ダフリやトップは即ミスショットになります。

これを考えていくと、地面にあるボールをダウンブローに正確に打ちやすいのは左1軸スイングという事になります。

右1軸では「ボール位置が左脚寄り」になり、アッパーやレベルスイングに近いスイング軌道が必要です。
また、2軸スイングでは頭の位置が、右から左とスイング中に移動する分、正確なインパクトには、かなりの練習が必要になるでしょう。
最近のレッドベターもM・ウィー選手に左1軸の練習をさせているようです。


アイアンを中心とするティーアップしない状況では左1軸スイングに優位性があると思います。

ただし、スタック&チルトスイングでは「アドレスとスイングが左サイドに偏りすぎ」ているため、スイング中に「左、左、左」に体重がかかるスイングになりがちです。
というより、それを推奨している理論もあるようです。

たとえて言うなら、「極端な左脚下がりで打つような感じ」「テイクバックでも右脚に体重移動がない感じ」「右脚のかかとを上げたままスイングするような感じ」です。

その上「テイクバックをフラットに上げる」ですから、だんだんテイクバックが上がらない、取れないスイングになってしまいます。

事実、そのワナに陥ったプレイヤーを身近に何人か見ています。

左1軸スイングであってもアドレスは大切だということです。
スタック&チルトゴルフスイングとスクエアアドレス 3 へ
グリップからスクエア、身体にもスクエアな左1軸スイング・・・一度おためし下さい!


東大阪 おおにし整骨院










東大阪 おおにし整骨院ホームページへ

コメント頂いた かずくんさんのブログ

by s-onisi-seikotuin | 2014-07-13 18:51 | スクエアスイング | Comments(2)  

Commented by かずくん at 2014-07-13 22:40 x
動画、入りましたね!!
上手くできて良かったです。

病み上がりの練習では、兎に角お尻回りの筋肉が悲鳴を上げる寸前なんです。
過緊張で動かなかった時間が長すぎたようで、リハビリが大変です(涙)。

そんな状態で腕を頼らないようにしていたら、フラットになりすぎていたようで、つくづくスイングって難しいもんだと認識しました!!

Commented by s-onisi-seikotuin at 2014-07-14 13:21
こんにちは!

かずくんさんのアドバイスがなければ、こんな事は出来ませんでした。
ありがとうございます!

今後は、YouTubeで動画も張り付けて、見てもらえるような物を考えます。

自信はないですが……

かずくんさんの腰も少し良くなったみたいでよかったですね。
また、そちらにもお邪魔します。

<< 膝の整復  治療手技とFascia(ファシ... >>