スクエアスイング トリガーグリップの重要性

スクエアグリップの基本、右手の人差し指と親指で作る「トリガー」部分の重要性について再確認してみます。
下左の写真の人差し指と親指で作る形を「トリガー」と言います。


d0133145_22301368.jpgd0133145_22304727.jpgd0133145_2231171.jpg



















スクエアグリップではグリップのスクエアを考えてみましょう。
両肩をスクエアにした状態で両手を前に突き出し、この状態からグリップをするように両手のひらをずらしてみて、ゆがみが出ない状態がグリップのスクエアと考えられます。
d0133145_22182688.jpgd0133145_22185810.jpgd0133145_22192393.jpgd0133145_22263267.jpg



















上左の写真にある右手に注目です。
人差し指と親指で作るトリガー部分がゆるんでいると

①テイクバックでのストレッチ不足
②トップオブスイングでのルーズさ(シャフトクロスなどを含む)
③インパクト付近でのコッキングがはずれる→ダフリの原因
④ハンドファーストインパクトでの右への押し出し


等々の良くない動きの原因になってしまいます。


スクエアグリップからスクエアアドレスをして、テイクバックを始めます。
頭をその位置に保ったまま、「左膝を曲げ、左肩を下げるテイクバック」をしていくと自然に左肘が伸び、右肘が曲がり、グリップも自然にコッキングされていきます。

スクエアスイングのアプローチの様に右手の平を意識してやると、右手の平は左肩を横切る左上腕上に沿って手のひらも上を向きます。(出前持ちスタイル)

このテイクバックの時に「トリガー」部分を意識してみて下さい。
極端に言うと「右手のトリガーグリップ」で「モリを突く動作」の様に右半身をテイクバックするような感じになります。
左サイドは「左膝を曲げ、左肩を下げるテイクバック」
右サイドは「右手のトリガーグリップでモリを突く動作」

になります。
(この動作を同時に意識するのは難しいので練習が必要です)

d0133145_19124525.jpgd0133145_19164122.jpg















テイクバックからトップにかけてできる両手の平のコッキング、右手の「トリガーグリップ」を保ったままインパクトでボールをひらっていく意識が「ダフリ」を防止し、ボールをダウンブローに打ち抜いていく最大のコツになります。

正しいスクエアグリップからトップに入ると、左手の親指の上と右の親指と人差し指のトリガー部分にグリップからクラブの重みを感じることが出来ます。
そこからさらに手の甲側にコッキングが入るといわゆる「シャフトクロス」の状態になりやすいので、このコッキングを保ったまま静かに切り返す必要があります。
それ以上のコッキングは必要ないと言うことです。

コッキングは、両手がガチガチに力の入った状態でもダメですし、逆にユルユルすぎてもインパクトが乱れます

インパクトでのコッキングは・・・

トップでのトリガーグリップを意識したまま
トップでできるコックを保ったまま

インパクトまでを迎えるイメージです。
よく言うインパクトでのスナップ動作はありません。


「コックを保ったままインパクト」は非常に難しい動作です。
意識しすぎると右へプッシュアウトしますし、初心者の間のスライス打ちでは、ますますスライスに磨きがかかってしまうかもしれません。
ここで右手の「トリガーグリップ」を意識し続けること(インパクト中での右手の意識)が必要です。

ただし、コックに意識がいきすぎて強くグリップすることで別のミスも出やすくなります。(オーバードゥー)

かなり普通のスイングイメージと異なると思います。

このコッキングとインパクトのタイミング、スイング軌道が最適になるように体全体のリズムを合わせる練習が最も重要な練習です。

モリを突く動作を思い出しながら、右手のトリガーとコッキングを保ってゆっくり体の動かし方をチェックしてみて下さい。
多分、この二つを同時に行うことが未体験の動きになるはずです。



良くないグリップの二つ
左は身体から直角にクラブが生えています。右はトリガーがはずれています。
d0133145_2333077.jpgd0133145_233547.jpg

モリを突く動作とゴルフスイング(4スタンス理論の考察も)へ









おおにし整骨院ホームページ(新) へ

コメント頂いた かずくんさんのブログ

by s-onisi-seikotuin | 2015-01-13 22:59 | スクエアスイング | Comments(2)  

Commented by かずくん at 2015-01-18 20:16 x
お疲れさまです。

「コックを保ったままインパクト」は究極ですよね。
でも、何となくですがモリを突く動作でダウンスイングした時の身体の動きが何時もと違う感じがしました。

あ、今日ラウンドで試した結果ですが。
文章で表現するのは難しいですが、「右サイドを使う事によって左サイドが不用意に開かなる」。
一般的に言われている「左の壁」でしょうか。
「ここまで我慢してイイのか!!」、「間に合わない恐怖感」だから「振り急がない」。
それがユッタリ振りぬくポイントのような気がします。
振り急ぐと「タダの手打ち」でヘッドの抜けが全く違いますし、弾道の次元が違う事をラウンドで学びました。

喜んでイイのか分かりませんが、上げている中8鉄で打った130yがグリーンを超えてしまいエライ目に会いましたが、その激芯の当たりが嬉しくもありです。

でもこの今回は全くスコアを作ることが出来ませんでしが、未熟です(涙)。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2015-01-18 22:10
かずくんさん、こんにちは!

右手のトリガーはかなりのチェックポイントで、「上手」と思われる人でも案外「ルーズ」な事が多いです。

ここがしっかりしていれば「右サイド主導のスイング」が可能です。
もちろん左サイドも大切なんですが・・・。

おっしゃるとおり、「ゆったり振り抜くポイント」で、特にアイアンでダウンブローに打つ際にここがルーズだとダフリやすくなります。
そのことが理解されただけでも良いラウンドだったのではないですか?
スコアは上下するもんですし。

益々のご活躍を期待しています。

<< 開院10周年 ガチンコ勉強会に黒船来襲! >>