浅層ファシア

ファシアについては

イギリス在住の倉野先生が、ご自身のブログ(鍼灸マッサージ師のためのファシア考察)で深く、専門的に解説されています・・・という話を前回の締めくくりでお話しました。

鍼灸マッサージ師のためのファシア考察


前回と今回のブログで
Gil Hedley先生の「インテグラル・アナトミー」シリーズ「皮膚と浅層ファシア」のパート1、パート2の字幕を編集されています。
字幕編集には、かなりの時間と労力を費やされているようで本当に頭が下がります。

内容については「治療家限定」だと思いますので、注意して見て下さい!

パート1

パート2

私たち「筋骨格系」の治療家が普段、施術対象として扱っている部分の多くは、この浅層ファシアではないかという事を思い知らされる動画です。

縁あって、倉野先生のブログを知り、また縁あってガチンコ勉強会では2度目の再会も果たせました。

ファシアを知らなかったら、施術の謎にぶち当たって今も「迷走」していたかも知れません。
まだまだ、「人間の身体の奥深さ」を知るにつれ、謎は謎として残りますが、ある程度の方向は示されたと感じています。

また、最近のMPS研究会で、数多くの治療法が発見される事にも驚かされます。

こういう絶え間ない、「コツコツした努力や発見」の積み重ねが、よりよい治療法を生み出していくのだと思います。

いつも言いますが、色々な治療法があっていいと思います。

それが、「自分の実力でできる範囲内について」だと言うことも頭にいれて置く必要があります。

自分の知識、経験、実力の範囲を越えてまで患者さんを診ることは良くないと思います。

だから、いつも自分の知識、経験、実力の向上を積み重ねていくことが大切です。


ただ・・・患者さんに症状を説明する時に

「ファシアが・・・」という言葉が 一刻もはやく普通に使えるようになることを切に願っています。

まだまだ先でしょうけどね。

MPS研究会へ
おおにし整骨院ホームページ(新) へ



MPS研Myorub概論
Fascia research 日本語字幕版

by s-onisi-seikotuin | 2015-06-14 20:05 | 治療 | Comments(0)  

<< 鈴鹿8耐 ハイチャージでサポート! ファシア内でのゲルのゾル化の考察 >>