パターイップスからの脱出 クロウグリップ



d0133145_18301748.jpg

この一年半の長い間、パターイップスに悩まされてきました。
ある競技で50センチを2回はずしたのがきっかけです。
まさか、こんなに長引くとは思っていませんでした。(まるで五十肩を治療しないでいるみたい)

5Mのバーディーパットから4パットなんてのはざらで、1M以内が残ると心臓がバクバクして、まったく入る気が起こりませんでした。
自宅や練習場での練習パットは問題なくはいるのですが、競技になると豹変してしまいます。
これが「イップス」とうすうすは感じていました.

認めてしまうとよけいにだめになると思い、決して口に出さなかったのですが、最終的には、同伴者からの同情の目も感じるようになり、しかたなく「イップス」だと宣言しました。
1ラウンド中に3~6パットは損をするようになり、当然スコアも下降しました。
もともと、ゴルフを始めたときからショートパットは苦手でした。
それをクロスハンドにして「私の得意はパター」といえるようになったのですが、パターから崩れていくゴルフに逆戻りです。
いろいろな練習も、本番では通用せず!
結局、「メンタル」なのかと思い始めたある時に、「クロウグリップ」を思いつきました。
ただ、そのときは「私のオリジナルパットスタイル」と思っていましたが、ある時にアメリカツアーで「セルヒオ ガルシア」「J.ローズ」も同じグリップをしているのをみて、みんなもやっていることを知りました。
ほかにも「アダム・スコット」「フィル・ミケルソン」も同じグリップです。
やはり、多くの人がパターで悩んでいることを再確認です。

左手はフェース面に合わせ人差し指を伸ばして「フェース管理」
右手は人差し指、中指と親指で軽くグリップ
ストロークは当然ショルダーで行います。

このグリップで右手の「パンチ」が入らなくなり、ショートパットはもちろん、ミドル、ロングパットもスムーズにストロークできる様になりました。
距離感をもう少し練習すれば、今まで以上にパターに自信がつくようになると思います。

いろいろ悩んだ末に「新しい武器」を手に入れることができました。
このグリップにして4回ラウンドしましたが、イップスは出なくなりました。

イップスは多分「精神的」なものが悪循環を生み、悪化していくものですが、それを上回る「技術」を見つけたときに克服できるのだと確信した次第です。

改めて、ゴルフのおもしろさと難しさを知りました。

ショットも、アドレスの再チェックと集中力のアップで、過去最高の状態になったと思っています。

今から「反撃」の時が始まります!


by s-onisi-seikotuin | 2017-04-02 20:20 | スクエアスイング | Comments(0)  

<< 2台目のハイチャージ 施術と自己治癒力№2 >>