カテゴリ:治療( 65 )

 

筋膜性疼痛症候群(MPS) №2

この3週間くらい、ゴルフをすると、左肩が痛むのです。昨日も練習中にボールを打つインパクトからフォロースルーにかけてかなりの痛みが出たので、今日は自宅で自分を治療です!

自分の痛みは非常に勉強になります・・・年々増えてる?・・・歳、歳! 

自分でさわれる範囲で自分の肩の痛む所をさわっていきます。もちろん痛みの動作(インパクトからフォロースルー)で使う筋肉を頭に入れておいてですよ。

左肩の前と後ろに強い圧痛があります。ここは典型的な肩の痛む場所で、いわゆる関節包の中の軟骨や靱帯の問題ではありません。
肩の周囲にある筋肉の問題で筋、筋膜性疼痛症候群による痛みです。
では、どの筋肉が痛んでいるのでしょう?
表面に近いアウターマッスルなら軽くさわってもわかりますし、簡単な動きで痛むのです。しかし、私の肩の痛みは、自分でも場所がよく分からない痛みであることと、痛みの動作の推測からインナーマッスルのものだと考えられます。

触っていくと、棘下筋(きょくかきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)、広背筋(こうはいきん)、大円筋、菱形筋(りょうけいきん)、上腕三頭筋などに圧痛(押さえると傷む)が出ています。
これらの筋肉を、触れる所は手で、触れない所は、仰向けに寝て、肩の下に4㎏の鉄アレイを置いて自分の体重をかけることで圧迫していきます。(硬式テニスボールでもいいですよ)

指で圧迫するとけっこう痛いんです・・・何も知らない患者さんなら、不安で、触るとよけいに痛くなるんじゃないか?骨が痛んでるんじゃないか?と思われるかもしれませんね。
でも筋肉の痛みはそのくらい痛いんですよ。
これが、筋、筋膜性疼痛症候群の痛みです。
・・・ゆっくり時間をかけて・・・
トリガ-ポイントに関わるそのほかの筋肉も圧迫して痛みを取っていきます。
自宅でできる治療はこんなところですね。治療所に行けば、アキュスコープやハイチャージで、もっと効率よく痛みを取れるのですが、手技や、筋肉を圧迫することで血行をよくしたり、筋肉の持続的な緊張を取ることで、かなり症状は緩和されます

また、左肩をかばってゴルフの練習をしたために、右サイドを使ういつもと違う運動動作になり、昨夜から腰も痛かったのです。
思った通り、右の腸腰筋(ちょうようきん)に強い圧痛が・・・(腰の痛みに関わる筋肉)
ここも、自分でセルフ治療!

こんなふうに、1カ所に痛みがあると、別の場所に負担がかかり、さらに痛みの箇所が増えていくのが、筋、筋膜性疼痛症候群の特徴でもあります

治療中、痛みの場所以外にも関連する所を触っていきますが、そういう意味があるんです。

自分の痛みなら触ればすぐにわかりますが、患者さんの痛みは聞くしかない!
だから、治療しながら、痛みの原因を聞き出そうと・・・
どこが痛い? どんな感じで痛い? どんな動作をすると痛い? としつこく聞いていきます。実は、こうやって痛む場所を探しているんです!

MPS研究会へ
おおにし整骨院ホームページ(新) へ

by s-onisi-seikotuin | 2012-07-16 18:44 | 治療 | Comments(0)  

筋膜性疼痛症候群(MPS)

患者さんから、「治療関係のお話を・・・」というリクエストがありましたので、筋、筋膜性疼痛症候群(MPS)の事を書きます。(以後筋筋膜性疼痛症候群→MPSで)
MPSは、おおにし整骨院のホームページからウィキペディアにリンクしています。

今の整形外科的診断では「説明できないこと」や、「論理的におかしな説明」が多いのです。
たとえば、腰痛の85%は原因不明だと言われます。(解剖学的見方に偏りすぎ?)
NHKの「ためしてガッテン」でもヘルニアは腰痛の原因ではないとの放送もありました。
ヘルニアがあってもなくても腰痛の原因とは考えられないのです。
MPSでは、ヘルニアはもちろん、脊柱菅狭窄症、腰椎滑り症、分離症(成長期の子供を除く)も腰痛の原因ではないと考えます。

また、レントゲンでは骨(MRIで半月板、靭帯,筋肉など)は見えますが、「痛みを見ることはできないのです
そもそも、それ(画像診断)に頼って「痛み」を診断しようとすることがおかしいのではないでしょうか?(生理学的視点が抜けがち?)

整形外科的なものに関して、痛みを感じる組織は、皮膚、骨膜(骨の表面)、筋肉、筋膜、腱、関節では靱帯、関節包、半月板の外側1ミリ、等。その他、血管、内臓、軟部組織などです。
対して、痛みを感じないのは、軟骨、骨組織そのもの、半月板、脊髄神経根です。
「あれ?」と思いませんか?
レントゲンで映る部分や軟骨、ヘルニアに関わる神経根は痛みを感じない?
それこそが問題なのです!

今、はやりのコンドロイチン、グルコサミンは軟骨を増やし痛みを軽くする?・・・これもあり得ません。(アミノ酸として吸収され、体が軟骨成分として再合成する確証はありません)
そもそも、軟骨や骨組織は痛みを感じないのです。軟骨を増やすことと、痛みを取ることとは別のはなし。!(骨の表面の膜は痛みを感じます・・・これが骨折の痛み)

ではなぜ腰や膝などを痛く感じるのでしょう?
答えは、痛みを感じる皮膚、骨膜(骨の表面)、筋肉、筋膜、腱、関節では靱帯、関節包、半月板の外側1ミリ、血管、内臓、軟部組織にあります(もっと言えば、痛覚神経や脳も)

「この患者さんはいったいどこで傷みを感じているのか?」そのことを実際に体を触って、お話を聞き、原因をさぐっていくのが治療の根幹だと思います。
(整骨院ではマッサージ云々よりも、体を触り痛みの原因を探ることが一番の仕事です。その次に、治療としての手技が活かされるわけで)
 
MPS
では筋肉や筋膜、腱が、もっとも多く痛みの原因を引き起こす場所であると考えます
つまり、腰痛の85%(実際にはそれ以上)の原因はストレスではなく、筋肉と筋肉を覆っている筋膜だと考えられるのです。 
・・・でもそれもすべてではなく、もう少し踏み込んだ研究も必要だと個人的には思っていますが。

もっともっとお話することがあります。痛みを感じる「脳」の話。痛みを伝える「神経」の話。
これが生理学的説明になるのですが・・・

皆さんこんな話のほうがいい?


MPS研究会へ
おおにし整骨院ホームページ(新) へ




by s-onisi-seikotuin | 2012-06-26 23:27 | 治療 | Comments(0)  

練習場にて・・・

今日もせっせとゴルフの練習場に朝もはよから出かけました。
たまの日曜日くらいゆっくり寝たら・・・という声もありましょうが、ゴルフの練習そのものがストレスの解消になります。

ちょっと気になるゴルフ道具の試し打ちもやりまして・・・でも今のとたいして変わらん!

練習場で知り合った人達も数多くいます。皆さんゴルフが好きですわ!
たまには、患者さんとして来院される方もおられます。

誰にでも一生懸命に治療いたしますが、簡単に治せるものとそうでないものとありまして。

今日、会った方は「なおらんから、整形にいっとんねん。レントゲンでみてもらったら、骨がゆがんでるらしい。首を牽引して低周波を当てて、薬を飲んだら痛くなくなったわ ・・・」

・・・がっく~ん!!
骨のゆがみの話は、前回お話したとおり・・・結局、鎮痛剤が効いてる・・・薬が切れたら・・・まだまだ、私たち柔整師の力不足を感じます!

いつになったら、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)を含む新たな考え方がスタンダードになるのやら

世間では1%も知られてないでしょうね。
・・・腰痛の85%が原因不明?・・・なんて言ってる現状ではね
・・・まだまだ弱者でございます。
・・・でも、負けずにがんばりますよ!

おおにし整骨院ホームページ(新) へ

by s-onisi-seikotuin | 2012-06-17 17:22 | 治療 | Comments(0)  

整骨院は整・骨・院?

整骨院は昔は「ほねつぎ」とよばれていました。 接骨院とは骨を接ぐという意味合いです。
実際に、学校では骨折や脱臼の勉強に非常に非常に時間を割いています。
驚くかもしれませんが、手技(マッサージ?・・・私は手技と考えますが)の授業なんてほとんどないんですよ!
骨折や脱臼なんかはレントゲンを見なくても、患部をみて、さわって、どのようにけがをしたのかを聞けば、ほとんどわかるものなんです!

それとは別に、よく「背骨がずれている」という表現を使っていますが、はたして正確な表現なの?っていう疑問が常につきまといます。
整形外科の診断でも、レントゲンを診て骨と骨の間がせまいから、軟骨が減っているから痛む・・・うんぬんの説明が多いですよね。
それってほんと??

本当は背骨の周りにある小さな筋肉や、そのまた周りにある筋肉たちの張力の左右バランスの差が引き起こすものが、いわゆる背骨のゆがみであるはずです。骨のゆがみであるならば、手術でしか完治しないじゃないですか?でも痛みは手術をしないでも治ります!・・・骨のゆがみや軟骨の減りが痛みの原因ではないからです。(膝なんかも一緒ですよ)

だから、痛みが出ていなければ、背骨のゆがみはそんなに気にする必要もないと思います。
姿勢の悪いのはいただけませんけどね。

整骨院は 整・筋肉・院 であり、筋肉や軟部組織のスペシャリストであるべきだと思います。
マッサージだけやっててもだめ!
でも、患者さんの体や患部を実際にさわらないのはもっとだめ・・・なんでは?


おおにし整骨院ホームページ(新) へ




by s-onisi-seikotuin | 2012-06-14 23:06 | 治療 | Comments(0)  

ぎっくり腰、実は・・・

この世界(整骨院)に入るきっかけとなったのが、私自身のぎっくり腰体験でした。
 
今から20数年前(歳とったなあ~)、まだまだ現役でへたくそなテニスをしていた頃でした。
夜のテニスの試合で、サーブを打った瞬間にぎくっ~!!
それでも負け試合をこなして何とか帰りました。
翌朝にベッドから起きれずにうめいていたら、父がなんと!救急車を呼ぶではありませんか?
待って~  しかしそのまんま、病院へ直行~(人生で2回、そのうちの一回でした)。
救急車って非常に揺れるんですよね。痛かったです!

そのまま入院(???)となりました
ぎっくり腰で入院???
今なら・・・そんなアホな・・・とわかりますが・・・当時私はしろうとで・・・実はあの先生、入院させたかったんやろ?
なんと、1週間も・・・入院生活をおくりました。 ヒマやったです。
 
そしてその後、退院してから、いわゆる苦悩の腰痛難民生活が始まるんです。(患者さんの気持ちがよくわかる)

いろんな治療を受けまして・・・最終的に・・・自分でやったれ!!
・・・この世界に入るきっかけになったぎっくり腰なのでした


MPS研究会へ
おおにし整骨院ホームページ(新) へ

by s-onisi-seikotuin | 2012-06-07 22:38 | 治療 | Comments(0)