<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

インパクトのイメージとスキャプラプレーン

d0133145_1444745.jpgd0133145_1452132.jpg








d0133145_1464820.jpgd0133145_1474979.jpg













ゴルフやテニス、野球などの球技ではインパクトのイメージが欠かせません

以前、私はテニスのレッスンをしていた事がありますが、インパクトを意識してもらうために、何か「重いものを押す」ことで身体の使い方をイメージしてもらいました
ラケットの面でボールかごを押す。机を押す。引き戸を開ける。等々
ここでスキャプラプレーンを覚えてもらいます。

ゴルフではクラブをアドレスの状態にセットした後で、重いものを押すようにしてインパクトのイメージを作るのもいい練習です

アドレスの時と違って(写真左がアドレス、右がインパクト)


下半身は左へ回旋しています。頭の位置はそのままですが、両手によるハンドファーストはより強調されています。両肩はややオープンになっていますが、腰ほど回旋していません。(下半身からのパワーの伝達が行われ、体幹が回旋している状態)
下半身からのパワーが最大限にクラブに伝わって、なお加速している状態が効率の良いインパクトだといえます。
このインパクトの為にアドレスやテイクバック存在しますが、インパクトまでに力を使い果たしてしまう方が多いですよね。

ここで・・・右上腕はと言うと・・・

アドレスの時より遅れて動いてくる分、右にずれているのが正しい位置になります。
この位置が以前から私の言う「スキャプラプレーン」です。(簡単に言うと右脇腹の位置)

スイング動作ではスキャプラプレーン上で前腕の回外から回内と肘の屈曲から伸展運動が同時に起こります

Z打法などで「右手を空手のように突いていけ」等といいますが、スキャプラプレーン上での右手の動作を強調したものだと考えられます。
でも、ここだけを強調しても他の動作が正しくなければ意味はないんですけどね。

ゴルフでは、インパクトのイメージがわからない方が多く見受けられます

「クラブを振る」事ばかりに気を使っておられるので、ボールに当てる事は上達しますが、
身体の効率的な使い方ができない方が大半
です。
もっとインパクトイメージを持たれることが上達の秘訣ですし、インパクトに非常に近いアドレスをされることも必要かと考えます。

「頚反射」
スタック&チルトの本で「ボールをよく見るために頭を下向きにして構える」というのがあります。

私も少し猫背気味なのでそんな感じになってしまいがちですが、人間の持っている「頚反射」という自然に起こる反射を利用するのであれば、顎は上げてアドレスしたほうがいいですよ。
体幹(両肩でもいいです)に対して、左に頭が向く動きで、頚反射が起これば上半身に「左手は伸展、右手は屈曲、その上、背筋が緊張し軸が保ちやすくなる」が自然に起こり、テイクバックが大きく、スムースにできるようになります。
ちなみに下半身の反射は二通りあります。

人間の身体の持つ「姿勢反射」を最大限利用する・・・というのは「スクエアスイング」の重要なキーワードなんです。
まずは、「頚反射」から!

・・・ホンマにマニアックになってきたかなあ・・・わかってもらえるかなあ・・・不安・・・
 スキャプラプレーン№3へ
 おおにし整骨院ホームページ(新) へ
クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!

by s-onisi-seikotuin | 2012-09-30 15:31 | スポーツ | Comments(0)  

筋膜性疼痛症候群(MPS)と手技について

久しぶりの治療のお話

様々な手技、もしくはマッサージは筋、筋膜性疼痛症候群(MPS)に対して非常に有効です
「手当て」とも言うように昔から手で行う治療は簡単だけれども「痛み」によく効くのです

子供に背中を踏んでもらっただけで、腰や肩が楽になった経験はありませんか?(足技?)
適度な加重を筋肉にかける事によって大きく二つの効果が生まれます。

*一つ目の効果は圧力によるポンピングで血流がよくなり、疼痛物質が血液に乗って拡散するため「痛み」が緩和します。
*二つ目の効果は、緊張した筋肉に「休め」という信号を送れる事です。持続的に緊張した筋肉(無意識下に起こります)は、その事自体で「痛み」を引き起こします。その異常な筋肉の緊張を取ることが可能なんです。まあ、これには、ちょっとした知識と技術が必要です

*気持ちよさの感じられる手技では副交感神経が働きます(NK細胞も活性化)。

以前に自分で自分を治療する・・・話(筋筋膜性疼痛症候群№2) へ
をブログに載せましたが、たとえば硬式テニスボールを痛みのある腰に当ててリズムよく圧迫すれば、かなりの疼痛緩和が可能です。
自宅でできる治療として、マッサージチェアーに乗るより効くかも・・・です。(電気屋さんごめんなさい!)

それならわざわざ治療に行かなくてもえ~やん!

いえいえ!簡単なものはそれでいいのですが、「治療ポイントの特定」や「どこで、何が原因で起こっている痛み」なのかを鑑別できなければ、無意味な治療になってしまいます。
首や肩から腕にかけて広範囲な痛みがあれば(頚肩腕症候群)腕や肩をいくらマッサージしても治りませんし、手技だけでは早期の治療は難しいのです。
(かといって、レントゲンを撮る必要はありませんよ)

とりあえず、「治療」を受けに来て下さいね。


手技も、「筋肉」「筋膜」「骨膜」「関節」「腱」「神経」「血管、リンパ」を特定し、それぞれのターゲットに対して適切な手技をしないと効果が出ません

そこは、「子供に踏んでもらう」のとは違う、「治療としての手技」が存在するんです!

d0133145_21331719.jpg


MPS研究会へ
おおにし整骨院ホームページ(新) へ




by s-onisi-seikotuin | 2012-09-29 21:33 | 治療 | Comments(0)  

スキャプラプレーン№3

d0133145_10304399.jpgd0133145_10305869.jpgd0133145_10311615.jpg








スキャプラプレーンとは肩甲骨の前への傾きのことです。(肩甲骨面)背筋を伸ばして、両手を頭の後ろに組み、自然に止まった位置がスキャプラプレーンです。(左)
そのまま、両手を伸ばせば、上腕骨と肩甲骨がそろうゼロポジションになります(中)
そのままの面(プレーン)に沿って下におろしていけば、その面もスキャプラプレーンということになります(右)。
野球、特にピッチング動作ではゼロポジションが有名で、その位置でボールをリリースしてやれば、効率のよい投げ方だと言われます。
実際にその通りで、それより後ろでリリースしていると肩の故障につながり、それより前でリリースすると、コントロールに問題がでてきます
テニスのサーブのインパクト位置も同様のことが言えるので、指導者の方にはぜひ知っていただきたいお話です
ゼロポジションでバスケットのシュートや、ダーツを行えば、肩のインナーマッスルが左右均等に調和している位置なので、肩が左右にぶれずに動作できるため、正確なリリースができます。
d0133145_10525475.jpg

私が強調したいのは、上記の写真の右、右手を下ろした位置でのスキャプラプレーンです。
d0133145_1162751.gif
d0133145_2243451.jpg
松井選手の画像を左右逆にのせていますが、インパクトの瞬間に右上腕がスキャプラプレーン上にあるのがわかりますか?この位置に右手があると身体の回転(下半身からの)と上体のバランスがよく、最も力の出せる位置なのです。テニスでもゴルフでも卓球でも、インパクトで右手がこの位置に入った時に最もパワーを伝えられるのです。
d0133145_11142795.jpg
スポーツにおいてのスキャプラプレーンの大切さをもっと知っていただきたいと思います。(両手打ちバックハンドは反対の腕)


最近、ブログがマニアックになりすぎたと感じています。
とりあえず、完結せいっ!!
・・・とのご指摘もありましたので、簡単ではございますが、ひとまずスキャプラプレーンのお話(序章)はいったん終わります。

・・・って言って第2章が始まるのも時間の問題かと・・・(^o^)



おおにし整骨院ホームページ(新) へ

by s-onisi-seikotuin | 2012-09-19 11:33 | スポーツ | Comments(0)  

スキャプラプレーン№2

d0133145_1761189.jpgd0133145_177926.jpgd0133145_1762716.jpg











テニスでのインパクトの写真を3点アップしています。
左がフォアハンドストローク、中央がサーブ、右が片手打ちのバックハンドストロークです。

何が言いたいのかわかりますか?

インパクトではボールをヒットするときに、自分の意志で打ちたい方向を意図し、できるだけマックスの力をボールに乗せたい瞬間です。ラケットのスイングスピードは加速期で、ボールに強い力を与えないとスイートスポットをはずれた場合、力負けしてしまいます。

このときの上腕と肩甲骨の角度が前回お話したスキャプラプレーン上にあることがわかりますか?
サーブの時の位置がわかりにくい?
それはプラス,ゼロポジションに入っているからかも知れませんが、戻していくとスキャプラプレーンにあることがわかります。


たとえば、右手で机などを身体全体を使って押してみるとわかりますが、右手の上腕がスキャプラプレーン上にあるときが最も力を出せる位置、そして自分の意志が伝えやすい位置になります
それより前でも、後ろでもパワーがロスしていることがわかるはずです。
この瞬間がインパクトであれば(加速しながら・・・を加味すると少し後ろがインパクト)マックスの力をボールに伝えられるいうことです。

スキャプラプレーン上に右打ちであれば右上腕がある時にインパクトをすると、最大の力が加えられる・・・という定義は野球、ゴルフスイング、柔道の背負い投げにも当てはまるものだと考えられます。
ただし、右手を意識してこの位置に収める・・・というものではなく自然に入る位置でなければなりません

そこが(無意識に入れる事)難しく、何度も練習を重ねた末に自然に入ってしまう・・・くらいにならないと駄目なんでしょうね。

しかし、その位置を理解して練習することで上達が早くなるんだとおもいます

ゴルフではアドレスとインパクトで身体の位置変化がありますが、インパクトを意識できるアドレスが重要なんですよ。
インパクトで右上腕がスキャプラプレーンに入っている画像を見て下さい。
左がアドレス、右がインパクト(直前)

ゴルフとスキャプラプレーンもそのうちに・・・

d0133145_1757232.jpg



おおにし整骨院ホームページ(新) へ

by s-onisi-seikotuin | 2012-09-17 17:58 | スポーツ | Comments(0)  

スタック&チルト ゴルフスイングとスクエアアドレス №2

d0133145_21285013.jpgd0133145_21271135.jpg





前回の続きですが、クラブを握るときに左右の両手で均等にグリップできれば、肩と両手でできる三角形は二等辺三角形ですが(左)、左手が下、右手が上にグリップしたとたんに、肩と両手でできる三角形はゆがんでしまいます(右)。

この状態から両肩と腰のラインをターゲットに対して平行(スクエア)にしつつ、地面にあるボールに対してアドレスすることが難しいのがおわかりでしょう。
これを、順を追ってシステマティックにアドレスしていくと私の言う「スクエアアドレス」に変化していきます
インパクトイメージに近くて、応用すれば、いろいろなライに対応できる実戦的なアドレスが生まれます。

さてさて、スタック&チルトは左足に重心を置いて・・・が特徴ですが、それが目的なのではなく、パワー、コントロール、コンスタンシーを求めるとそれが必要・・・ということだと思います

パワーだけを求めるなら、たとえば走ってきて打つ・・・とか左足を上げて右一本足にして打つ・・・とか、右足を軸にしてアッパーに打つ・・・とかいろいろ考えられます。

ティーアップしているドライバーならボールコンタクトの際の多少の誤差は許されますが、アイアンで地面にあるボールを(特にボールの沈んだ洋芝で)打とうとすると、シビアなコントロールとコンスタンシーが求められます
実際、この本の写真にはアイアンショットの写真での解説が多く、それを多く語りたいんだと思います。
左足に加重しスイングセンターを左に寄せ、ボール位置をスイングの最下点の手前でアドレスすることでダフリを防止します。
また、スイング円弧の頂点の手前でボールヒットするために、やや右に飛び出して左に戻ってくるドローボールを推奨しています。

最も大切な事は、頭を動かさずにスイング動作を行いながら、パワー、コントロール、コンスタンシーを得る為のエッセンスが語られていることでしょう

細かな点(グリップ、ポスチャー、アライメントなど)は個性として、ある意味ファジーにしているのも特徴でしょう。

人間の骨格や生理機能からゴルフスイングを語るともっともっと言いたいことはありますし、究極はこれじゃないの・・・という話もありますが、従来のドライバー型スイング理論から離れたという意味で非常に面白いゴルフ理論だと思います。 


以下、私の考える「スイング動作の定義」です

スキャプラプレーン上での肘の屈曲から伸展、前腕の回外から回内動作と、下半身からのパワーの伝達により体幹の回旋が同時に行われ、インパクトで最大のパワーを得る動作が正しいスイング動作である。下半身からのパワーの伝達によるタイムラグやクラブ、バット、などの道具による重さや慣性力が加わるため、右上腕の外旋や肩甲骨 の内転が動作に加味され見かけ上の動きとなる。この動作は反射を利用して行われるものでなければならない
 バッティング、ゴルフスイング,等。



スキャプラプレーン上かつゼロポジションでの肘の屈曲から伸展、前腕の回外から 回内動作と、下半身からのパワーの伝達により体幹の回旋が同時に行われ、リリースで最大のパワーを得る動作が正しい投げる動作である。下半身からのパワーの伝達によるタイムラグやボール、ラケットなどの道具による慣性力が加わるため、右上腕の外旋や肩甲骨の内転が動作に加味され見かけ上の動きとなる
 テニスのサービス、投球動作、バレーのスパイク、柔道の背負い投げ

*動作手の肘は屈曲から伸展かつ前腕は回外から回内へ、バランス手は肘伸展から屈曲
かつ回内から回外運動。
d0133145_22344750.jpg


いつか、前回お話した「スキャプラプレーン」とスイング動作、ゴルフスイングについて お話できればなあ・・・と思っています。

おおにし整骨院ホームページ(新) へ




クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」画像解説
クリックすると→「スクエアグリップ」画像解説
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

by s-onisi-seikotuin | 2012-09-16 21:38 | スクエアスイング | Comments(0)  

スタック&チルト ゴルフスイングとスクエアアドレス

d0133145_21175825.jpgd0133145_21163342.jpg









人間の体は一応左右対称です。(左)
しかし、ゴルフクラブなどを両手で持とうとすると、必ずゆがんでしまいます。(右)
この状態からどのように体のゆがみを取ってスクエアにアドレスするのかを考えたのが、
私の言う「スクエアアドレス」です。

両肩を壁に当ててゴルフクラブを持ってみるとクラブは右方向に左手の延長線上にセットされているはずです。
こんなゆがんだ状態からアドレスしようとすると千差万別、いくつものパターンのアドレスが誕生してしまいます。実際に練習場で多くの方を観察していますが、骨格のゆがみを取ってアドレスされている方は少なく感じます。

ターゲットに対してスクエアに構えることがすべてではありませんが、できるだけいつも同じようにセットでき、かつ、最も重要な「インパクトを意識できるもの」であればゴルフがもっと簡単になるはずです。

この「スクエアアドレス」で左足に加重し、頭を固定した状態でスイングすることができれば必ずスイングが安定してきます。
スタック&チルトゴルフスイングと「スクエアアドレス」の融合をもう少し研究していくつもりです。

こうやって、文章で表現するには限界があります。
なにか、いい方法があれば・・・もっとお話できるのですが・・・


9月、日曜杯 38/37 75 しか~し 天敵 F氏に1打及ばずベスグロを逃すの巻~!! 
そして・・・T氏のミラクルゴルフ爆発で今日はT貯金なし  ざ・ん・ね・ん~



d0133145_2147138.jpgd0133145_21474652.jpg











おおにし整骨院ホームページ(新) へ


クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」画像解説
クリックすると→「スクエアグリップ」画像解説
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

by s-onisi-seikotuin | 2012-09-09 21:53 | スクエアスイング | Comments(0)  

スタック&チルト ゴルフスイング

最近、「スタック&チルト ゴルフスイング」というゴルフ理論の本を買いまして・・・
タイガーウッズも取り入れている左一軸打法の一つ
日夜、研究中です。

私は確か、3~4年前に雑誌の特集で見たことがあって、それ以来「左一軸打法」を自分のゴルフに取り入れてから格段に上達しました

以前から、アイアンは左足重心、ドライバーは右足重心などという考え方はあったものの、すべてのスイングで左足重心・・・というのはかなりの冒険でした。
ドライバーはもちろん、アイアンの精度が上がったためにバーディチャンスが増え、半年で平均スコアが3以上、上がりました。ハンディも急激に上がっていった時期に重なります。


日本ではゴルフスイングの比重が「ドライバーの飛距離を伸ばす」事に多くかかるので、左足重心でドライバーを打つなんていう発想が、イコール「飛ばない」になり受け入れられないものだったんではないかと思います。

実際には左足重心で体をひねって打つスイングも飛距離ではそんなに変わらないんですよ。
ミート率でかなり上回る分、平均飛距離では左足重心のほうが飛ぶんじゃないでしょうか?(特に練習量の少ないアマチュアにとって)
また、左足重心(左一軸)でスイングすることの一番のメリットは頭を動かさずに,体の中心軸を保って動作できることです。すなわち目線をはずさずに体の最大のパワーを得られる事だとおもいます

武道でも正中線を非常に大切にし、体の中心軸を動かさずに「体のさばき」ができる方が上級者とされます。
このことは、多くのスポーツ(体を使う動作)で共通の真理ではないでしょうか?
自分は、「相手の動きを目線をはずさずによく見えている状態で、パワーとスピードも落とさず動ける」という一段上の動きこそが相手を制するメリットになります

スタック&チルトをはじめとする左一軸打法にもその真理が入っていると考えます。

私個人が考える「スクエアアドレス」「スクエアスイング」は体のゆがみをどのように取って、「ゆがみのないアドレス」や「ゆがみのないスイング」ができるようになるか・・・という別の視点からのアプローチでゴルフスイングを考えたものです。

   これもおもしろいよ~!!・・・いずれ、また!
スクエアスイング スクエアアドレス へ


おおにし整骨院ホームページ(新) へ




クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」画像解説
クリックすると→「スクエアグリップ」画像解説
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

by s-onisi-seikotuin | 2012-09-02 21:16 | スクエアスイング | Comments(0)