「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

筋膜性疼痛症候群(MPS) スポーツと運動動作で思うこと

「常識を疑ってみる」
「経験論の正誤を検証する」
「他に正はないか?」

それが私のスタンスです。
賛否両論があるとは思いますが、その考え方がなければ進歩はないと考えます。

今まで、ブログで
筋、筋膜性疼痛症候群(MPS)
をご紹介し、スポーツで大切な「運動動作の基本」をお話してきました。
MPSも色々書いてきた内容もまだ「マイナー」です
私もまだまだ勉強中ですし、私の考えがすべて正しいとも思っていません
もっともっと検証していかなければと思っています。

★膝の軟骨がすり減り、痛みがおこると言われる「変形性 膝関節症」五十股へ
 
変形して、膝を動かすとゴリゴリ音が出る患者さんでも「痛み」が出ないのはなぜ?
 触ると「痛み」が筋肉に出るのはなぜ?
ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術をして、神経根 や脊髄の圧迫がなくなったはずなのに
 「痛み」が再発するのはなぜ?
 手術をしなくても痛みが消えるのはなぜ?筋、筋膜性疼痛症候群(MPS)

骨盤のゆがみや脊柱のゆがみが本当に腰や股関節、ひざ の痛みに直結するの
★マッサージや手技だけで「痛み」は治る?手技

★今やっている治療方法で本当に患者さんは治っていく?

そういう疑問があったからこそ勉強し、今の私の治療の考え方の基本になったのだと思います。
筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の考えが大切ですが、今もわからない事が沢山あります。
人間の身体は奥が深くて、いまだに「謎だらけ」です。
日々、試行錯誤を繰り返しながら、患者さんに合った、よりベターな治療法を考えること
ルーティンワークにならないように気をつけ、自分も治療法も進化させてていくことが大切だと思います。

これはどんな仕事でも同じですよね。

また、少年野球やその他のスポーツをボランティアで指導されている方に読んでもらいたい内容もたくさん載せました。スポーツと股関節 スキャプラプレーン

内容が難しいとは思いますが、ある程度、体の知識は知っておいていただきたいと思うのです。
けがや使いすぎでせっかくの才能を、花開かすことなく断念する子供たちも多いからです。
 
プロの指導者であればなおさらです。
その練習や指導方法は本当に正しいですか?
自分の経験や知識だけを優先させた指導法ではないでしょうか?
これもルーティンワークにならないように、日々進化させていってほしいと思います。 

どのスポーツでも多くの人が独自の考えや理論でたくさんの指導法が生まれています。
「基本はこれ」と決めつけないで下さい
基本と考えられていることでも、一度見直してみることも必要だと思います。
たとえば、昔「練習中に水を飲むのはダメ」と教わったことは今では否定されていますよね。

基本は大切ですが、
「常識を疑ってみる」「経験論の正誤を検証する」「他に正はないか?」
を常に頭に入れて進化させていくことが必要
だと思います。

ちょっと、偉そうな事を言ってしまったかな?すいません!

来年も、健康に生活し、スポーツや様々な趣味を楽しむ一年にしたいですね。

今後もよろしくお願いします。

d0133145_1885093.jpg
 
自宅マンションから見た夕陽です。
コメント頂いた かずくんのホームページ へ

MPS研究会へ
おおにし整骨院ホームページ(新) へ

by s-onisi-seikotuin | 2012-12-26 13:35 | 治療 | Comments(0)  

モリを突く動作とゴルフスイング(4スタンス理論の考察も)

モリを突く動作を考えるとゴルフスイングの動作解析がよくわかります。
(色々なゴルフ理論やアドバイスの意味が見えてくるかも?)
前傾姿勢が浅い、もしくは前傾はしているが、股関節が前傾していない場合(写真上2つ)
股関節からの前傾姿勢ができている場合(写真下)
の二つの考察をしてみます。
d0133145_8535782.jpgd0133145_8541392.jpgd0133145_8545566.jpg











 ①の場合
、その姿勢から肩を十分に回旋(ひねる)しようとすると、股関節が機能しにくいため、体重移動と足首や膝からの大きな右への回旋動作が必要になります。
体重も頭も右へ移動し、右足体重になります。
股関節が動きにくいため、左足はヒールアップしやすく、肩は地面に対して水平に回旋しがちです。
右手はインサイドに上げると、ターゲット(魚?ボール?)からずれやすくなる(当てにくい)ので、アウトサイドに上げやすくなります。(写真上から3段目左右)
このまま、身体を回旋させてモリを突いていくとアウトに上がった右手はインサイドに振りぬいていくように動作されます。左の膝は流れ、右足のかかとが浮きます。(写真上から4段目左右)
これが、ゴルフでスイングした時にスライス回転のボールを打たれる大きな原因です。
多くの人は、股関節から前傾してアドレスしないですから・・・。
スライス防止策として(アウトサイドインスイングの修正法)
1)右から左への大きな平行移動(体重移動)動作(左の壁)
2)「両手を右足方向に振り下ろせ」「体を止めて手を振れ」というアドバイス
3)右足に運動軸を残したまま打つ4スタンス理論のBタイプスイング)等が考えられます。
いずれもインパクトでの左肩の開きを防止するアドバイスです。
d0133145_858169.jpgd0133145_902693.jpg
d0133145_912051.jpgd0133145_914487.jpg

d0133145_10212262.jpgd0133145_10215628.jpgd0133145_1023196.jpgd0133145_10234163.jpg



















 ②の場合股関節が機能すると、腸腰筋と内転筋が働きやすくなり、意識して右に体重移動しないでも肩を含む身体が簡単に右に回旋できるように動けます。野球の守備でボールを取った後、スローイングに入る姿勢もこれです。
(たけしのコマネチ風に股関節に沿って、右に回旋するときに、右手を右上に、左手を右下に動かすとわかりやすいかも?)
左足はヒールアップしにくく、右膝は右へ流れにくく動作ができます肩は背中(体幹)に対して水平に回旋するため、左肩が下がり右肩が上がるように動きます。体重移動は少なく、頭が動きにくいためターゲットをねらう右手は体の近く(インサイド)にあるはずです。
この後、モリを突いていく動作をすると、左足に重心が移動した後、右手はインサイドからアウトサイドに動かすことができるはずです。(右足に体重を残しては回旋しにくい)
シンプルな動作ですが、充分に肩を含む体幹が回旋したトップから、左の軸への重心移動が行われ、修正動作をしなくてもインサイドアウトに右手が動きます。(4スタンス理論のAタイプスイング
つまり、ゴルフで簡単にドローボールを打ちたければ、②の動きを練習するといいと思います。

はアドレスが自然に構えやすい姿勢
はアドレスの練習をしないと構えにくい姿勢    だと言えるでしょうね。
しかし、一度覚えてしまうと、②の方がスイング動作がシンプルで、リピータブルになり、アマチュアには向いているかな?・・・でも、それは自分自身で決めることですよね。
プロ選手でも①のタイプの方はたくさんいらっしゃいますから、「絶対にダメ」というものではありませんし、4スタンス理論のBタイプ用のスイングもありますから、正解はないんです。
ただ、身体の構造上(機能解剖学的に)②のほうがシンプルでリピータブルな動作が可能ということです。

池田勇太選手(写真上)、丸山茂樹選手(写真中)は①パターン(4スタンスのB型)
トップでの左足のヒールアップ(頭を動かさずにテイクバックするので、さらに出やすい)が特徴。また、インパクトのずいぶん前から、右足のかかとが浮き始めています。
対してマキロイ選手(写真下)はインパクト後でも右足の浮きはほとんどありません。
頚反射と腰反射も非常に関係しています。
頚反射と腰反射 へ
d0133145_22392258.jpg
d0133145_22501739.jpg
d0133145_22464090.jpg





























東大阪 おおにし整骨院


以下関連ページ
スタック&チルトゴルフスイングとモリを突く動作 へ
ゴルフ スクエアスイング№4(モリを突く動作) へ
4スタンス理論の考察 へ

東大阪 おおにし整骨院ホームページ へ

d0133145_17465148.jpg

今日は12月日曜ポイント 38/43 81 今年はこんな感じでポカが多く、スコア的にはあきまへんでした~!来年はがんばります。
アリジの楽しいメンバーと支配人を囲んで記念撮影です。アリジサンデーゴルファーのグチを聞いてもらいました。支配人、来年もよろしくお願いします。


クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」画像解説
クリックすると→「スクエアグリップ」画像解説

by s-onisi-seikotuin | 2012-12-23 13:55 | スクエアスイング | Comments(8)  

自宅でできる骨盤、脊柱矯正法 (MPS改善にも)

自宅でできる骨盤、脊柱矯正法(腰痛編)はこちら

d0133145_19491865.jpgストレッチポール、ハーフストレッチポール、テニスボールを使った簡単な腰痛や肩こり対策メニューをご紹介します。
不幸にも、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症と診断された方にも有効です。
いつもお話していますが、これらはほとんど筋筋膜性疼痛症候群(MPS) ですから、手術しなくてもこういうストレッチを行うことで症状の緩和ができるのです。d0133145_19555735.jpgd0133145_19562322.jpg
上の二つはポールストレッチの基本型です。1分間~1分半(以下同じ)ずつ乗っているだけで骨盤から首、胸郭までが伸びます。首をポールからずらしたストレッチもできます。

d0133145_2002249.jpgd0133145_2042897.jpg
今度はポールを横にして腰と骨盤の間の湾曲したところに当てて1分間~
そのあと、腰を丸めるストレッチを1分間~します。
最初は痛いかもしれませんが、しばらくすると気持ち良くなります。
ただ、初心者やお年寄りは、かまぼこ型のハーフポールを使うと安心かもしれません。

d0133145_2031470.jpgd0133145_2033915.jpg
今度は骨盤にポールを当てて右に足を倒して1分間~、左に倒して1分間~です。
胸腰筋腱膜や中澱筋、小澱筋、梨状筋に刺激を与えることで、いわゆる骨盤矯正効果が期待できます。

d0133145_2051599.jpgd0133145_2054770.jpg
お次は背中の上の方、肩甲骨にポールを当てて両手をバンザイ、首もしっかり伸ばします。これも1分間~。足を曲げてポールを転がすように上下させると、肩甲骨周りの筋肉を刺激し、
肩こり解消に効果的です。
最後に腰と肩甲骨の間あたりを1分間~ストレッチして仕上げです。(ポキッと矯正音が鳴るかも・・・)
計8分間~12分でポールを降ります。
d0133145_20125759.jpgd0133145_20133357.jpgd0133145_2014277.jpgd0133145_20145238.jpg



















その後は、足を開いて身体を前に倒してふとももからふくらはぎの裏をストレッチ。(これは2分間)
足を前後に開いて腸腰筋のストレッチを左右1分~ずつ。
仕上げに股関節の股わりを充分におこなっておしまいです。
ポールから始まって13分~20分くらいののストレッチが完了します。
ゆっくり大きな呼吸をしながらストレッチ(ロングブレス呼吸法 へ)するとさらに効果が上がります
ポールを肩に担いで身体を横に倒すと体側もストレッチできます。

また、テニスボールは寝ころんでおしりの筋肉や腰、肩の筋肉に押し当てて刺激します。
これはピンポイントで痛む所に当てるのがコツです。1カ所を1分から1分半刺激して下さい。

1分~1分半の時間・・・というのは意味があるんです。(わかる人にはわかるっていう理由)

軽い肩こりや疲労性の腰痛などはこれを1週間ほど続ければ、ほとんど治ってしまいます。
慢性の肩こり、腰痛にも効きます。

いわゆる坐骨神経痛や脊柱管狭窄症と診断された方は、残念ですが治療に時間がかかります。
最悪の「手術」なんてことを決断する前に、家でしっかりストレッチすることをおすすめします。
不安があれば受診してくださいね。

ストレッチポールのお値段は通販で5000円~9000円程度です。
先日、カインズホーム(ストレッチログ・・・通販ありです)で1480円のポールが売っていました。驚き!

東大阪 おおにし整骨院


坐骨神経痛はMPS へ
腰痛2800万人 へ


東大阪 おおにし整骨院ホームページ へ

MPS研究会へ

自宅でできる骨盤、脊柱矯正法(腰痛編)はこちら




クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」画像解説
クリックすると→「スクエアグリップ」画像解説
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

by s-onisi-seikotuin | 2012-12-22 21:05 | 治療 | Comments(13)  

連合反応とゴルフスイング

またまた、マニアックなお話です。
連合反応(Associated)という人間の持つ反射とテイクバックとの関係の話。

連合反応とは・・・随意的(意識的)に動かした部分と違う部分に反応が出てしまう反射の事です。
以下説明
一肢の筋群から起きて他肢の筋群に作用する緊張性反射のこと。
人間のもつ両手、両足の対称的、反対称的な連動した動きを誘導する。  
★対側性連合反応
上肢:対称性(上肢片側屈曲でもう一方も屈曲)・・・初心者の動き
      (上肢片側伸展でもう一方も伸展)・・・両肘を伸ばしたままでテイクバック
下肢:内外転・内外旋については対称性、屈伸については相反性

ゴルフのテイクバック時の生体反射について
「直立」や「棒立ち」が人間にとって一番構えやすい姿勢です。
その姿勢を保ったまま下にある小さなボールをクラブで打とうとすると「両手を振り上げ、振り下ろす」になって当たり前かも知れません。
「両手を振り上げ、振り下ろす」は
①連合反応によって両肘を曲げた振り上げ方が自然な動きになります。
初心者の方に何も言わずにスイングしてもらうとほとんどの方が、棒立ちで体を左右に揺すりながら、両肘を曲げた状態で振りかぶり、スイングしようとするはずです。(スカートをはいた初心者の女性に多い?)

今度は「肘を伸ばして・・・」とアドバイスをすると
連合反応で両肘が伸びようとするため右脇が開いたテイクバックからのトップになります。
次に
左手を伸ばしながら右手を引く(曲げる)ように、左前腕は内に、右前腕は外に回すように動かしてみます。すると、よりスムーズにテイクバックの動きが可能になります。
たとえば空手の突きの要領です。空手の突きの練習での両腕は突いたほうの腕と逆の腕は反対の動きをしているはずです。(突いた方の腕が伸展回内、引いた方の腕が屈曲回外という動き)
これは肩甲骨から上腕の連動する動きによる反射だと考えられます。
こう考えるとゴルフでは
両腕を曲げたまま振り上げテイクバックする(杉原輝男プロ風?)
両腕を伸ばし続ける様にテイクバックする(坂田信弘プロ風?)
クラブヘッドと両腕と両肩甲骨は右周りにローテーションさせるようにテイクバックする
この3つの方法が反射を利用したテイクバックの動きと言えるでしょう。

ゴルフでも頭を固定しつつ、体の中心軸(体幹軸)を回旋させることで両手に持ったクラブを振ることが大切です。
つまり、体の中心軸に連動しやすい両腕の動きを考えたとき、中心軸に対してできるだけ直角な動きがパワーロスの少ない、正確な動作につながります
また、パワーのベクトルも一致します。(体幹と両腕)
そう考えると③の両腕と肩甲骨をローテーションさせるテイクバックが、反射の上でも運動効率の上でも優れていると考えられます

また、①と②によるアップライトなテイクバック(クラブを両手で持ち上げるテイクバック)は、三角筋、僧帽筋、菱形筋の収縮による担ぎ上げ動作を生みやすく、トップを意識的に作ろうとしがちで筋肉で支える動作になりやすいかも・・・ですね。

★以前、一般の方々(ほとんど初心者)にアップライトに上げるテイクバックとフラットなテイクバックから、スイングしてもらってインパクトのヘッドスピードを計測しました。
結果は・・・フラットなテイクバックの方が、よりヘッドスピードが早くなるという結果が得られました。(これホント!)
d0133145_214971.jpgd0133145_2150617.jpgd0133145_21505088.jpg

おおにし整骨院ホームページ(新) へ





















杉原プロ、すいません!クラブを2本持ってはりました~?
V.シン選手はローテーション型
コメント頂いた かずくんのホームページ へ














日曜日のゴルフは2回連続の雨のあと、初霜デー、そして今日は雪で名阪国道が通行止めのため、たどり着けず~!サンデーゴルファーをなめとんかいっ~!!

クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」
クリックすると→「スクエアグリップ」

by s-onisi-seikotuin | 2012-12-09 13:32 | スクエアスイング | Comments(2)  

スポーツと小脳(練習の意味)

無意識の動きは小脳が記憶する!

娘がピアノを弾くのですが(学生)、右手と左手は旋律もリズムも違うし、鍵盤も見ていないのに正確に指をヒットさせます。(私には永遠に不可能な動作です (^^;) )

どんな感じで弾いているのか尋ねたところ、メロディを思い浮かべながら片方の手を動かし、もう片方は勝手に動く感じ・・・だそうです。
もっと上達すれば、頭の譜面を浮かべるだけで、手の動きはほとんど無意識にできるようになるらしいのです。曲のイメージや雰囲気を表現するにはそのくらい手の動きが無意識で動かないとダメなんでしょうね。
意識したイメージやメロディを思い浮かべることは「大脳」で行なわれ、無意識での手の動きは「小脳」で行なわれていると考えられます。

ピアノでもスポーツでも練習もしないでいきなり体が無意識に動けるわけではありません。
大脳を使って何度も体を動かす(練習を積む)ことによって小脳がその「運動パターン」を記憶し、無意識で体を動かすことができるようになるのです。
初心者の動きはぎこちないですが、練習で筋肉の効率的な動きを少しずつ覚えていくことによって次第になめらかな動作になっていきます。それが小脳に記憶させること、意識して動かす部分を減らしていくことです。

上級者ほどスポーツの時に意識する部分が少なくなり、イメージを浮かべるだけで動くことができたり、とっさの動きができるので、「周囲の状況」や「読み」、「ゲームメイク」などに気持ちを割くことができます。
小脳の記憶力の差が一流選手と一般の私たちのレベルの差になっているというお話もあります。

「何のために練習するのか」の答えは「大脳」に頼って動くことから、できるだけ無意識に動けるように「小脳」に動きを記憶させるためなんですよね。
残念ながら、どんな人でも練習しないで上手くなるなんて事は無いと思ってください。

こつこつと「正しい動作」「効率の良い動作」を練習すればチェックポイントも少なくてすみます。
また、全体練習と部分練習を組み合わせること、同時に実戦をイメージしながらのものであれば質の高い練習になり、小脳に記憶させるとともに、大脳と小脳の連携もスムーズになると思われます。

★ゴルフでも「基本の動きを小脳に記憶」させ、チェックポイントを少なくすること。
コースでの様々な応用は「大脳によるイメージ」に任せられる・・というのが理想ですね。
d0133145_19113258.jpg


おおにし整骨院ホームページ(新) へ

by s-onisi-seikotuin | 2012-12-02 19:23 | スポーツ | Comments(0)