「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

スクエアスイング 練習法 1

スクエアアドレスからスクエアスイングをクラブを持たない状態でシャドースイングする方法です。

スクエアアドレスでの両手のひらは平行なので、両手を開いた状態からグリップせずにアドレスまでの流れを練習します。
アドレスからテイクバック、トップ、インパクトまでをゆっくりと順を追って体を動かすことで体の動きを体感することができます
クラブを持っていないので、「モリを突く動作」が、いかに体幹の大きな動きを必要とするかがわかると思います。
ほとんど腕を使わない動きなのでちょっとしんどいですよ~!

大きな注意点は二つ

①「骨格で支える筋力以外は脱力」
スクエアアドレスの完成時にはグリップする両手も含み体を支える力以外は脱力しておく事。
クラブを持った状態でも同様です。(ちょっと大げさにやってみて下さい)
実は簡単そうに見えてこれが一番難しいかもしれません。
脱力が体幹のスムーズで大きなテイクバックを可能にすると共に、いつも同じ位置にクラブが納まる要素の一つになります。
練習ではできても、緊張した本番では力が入りやすいので注意して下さい。

②「左脚を軸に頭を動かさないで動作」
動作中、できるだけ頭を動かさない事。
特に左右にです。
アドレス時よりテイクバックで頭の位置が下がるのは、左膝を曲げ左肩を下げていくテイクバックである程度下がります。
また、動作に慣れてきたら、テイクバックからインパクトまで、ボールのマーク又は一点を見続けるくらいでちょうどです。
これも前述の「脱力」がないとできない動作です。
 
「骨格で支える筋力以外は脱力」「左脚を軸に頭を動かさないで動作」がスクエアスイングの基本です。

また、時に「モリを突く動作」もシャドースイングに取り入れて下さい。


d0133145_22281998.jpgd0133145_22285793.jpg
d0133145_22292840.jpgd0133145_22294558.jpg
d0133145_2230291.jpgd0133145_22314872.jpg
d0133145_2232231.jpgd0133145_22324430.jpg

























































クリックすると→「モリを突く動作」画像解説


クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」
クリックすると→「スクエアグリップ」

おおにし整骨院ホームページ(新) へ


コメント頂いた かずくんさんのブログ

by s-onisi-seikotuin | 2013-07-25 22:32 | スクエアスイング | Comments(2)  

膝軟骨再生医療

先日、テレビで膝の軟骨の再生とその手術についての番組をやっていました。

再生することの無いと言われる軟骨をiPS細胞ではなく、自分自身の軟骨と滑膜(関節包の内側)を採取して培養し、再び自分の膝に移植して再生させる・・・というものです。

日本の医療技術のすごさを感じました。

それはそうとして、ここで問題点が3つ

一つは多くの軟骨の再生をうたっている健康食品の問題です。
グルコサミンやコンドロイチンをいくら飲み続けても軟骨は再生されません
その事実がわかっていても、「ここまで市場が拡大してしまっては後には引けない」という業者さん側の事情もあるのでしょう。
賢い消費者になることも必要ですね。

二つめは整形外科で行う膝関節へのヒアルロン酸注射です。
「ギシギシした機械のジョイント部分に油を差す」例えで注射をされますが、人間の体は機械ではありませんから、それですべりがよくなると言うことも疑問です。
また、ヒアルロン酸の注射をうち続けて硝子軟骨や半月板が再生される事もありません
100回以上注射を打ち続けても、症状が変わらなかった患者さんを知っています。
今年6月、米国整形外科学会では「変形性膝関節症」の治療に「ヒアルロン酸関節内注射」は推奨しないとされました。
この事の意味は非常に大きいですね。

三つめは膝の軟骨が再生されようが、直接的に「膝の軟骨の減り」が膝の痛みの原因ではないという事実です。
膝の軟骨とその下にある骨組織にも痛みを感じる「痛覚神経」は存在しません

「痛覚神経」が無いと言うことは、「軟骨や骨同士がこすれあっても痛く感じない」という明らかな事実を示します。
 
膝軟骨の再生についてはすばらしい事だと思いますし、今後も研究を続けていって欲しいと思いますが、軟骨の減りが「膝の痛み」と直結しているのではない事も知っておかなければならないでしょう。


関節軟骨が欠けることで、起こること。

①欠けた軟骨(半月板を含む)の大きなかけらがはさまって関節がスムーズに動かせないことによる滑膜や関節包の痛み
②欠けた小さな軟骨が滑膜を刺激することによる滑膜や関節包の炎症による痛み
③硝子軟骨が欠けた後にできる繊維軟骨はでこぼこな上にすべりが悪く、時にかみ合わせが悪くなりロッキングを起こし、痛みを引き起こす。


大まかにこの3点が挙げられます。

①は手術で早期治療もありですが、まずは保存療法が第一に選択されるべきでしょう。
②は腫れが強い時は、関節内注射で汚れた関節液を吸い上げ炎症を抑えることも早期治療になると思います。(当院でも脹れが強い時には整形を紹介しています)
③は「整復」と言いますが、手技で関節を元に戻す方法が早期治療です。

歩ける程度の痛みであれば、痛みを色々な方法で緩和しつつ、自己治癒力で関節内を掃除する方法が良いのではと考えます。
当院で使用する「アキュスコープ」は炎症と疼痛の緩和に優れた治療器です。
このような治療方法もあることを知って頂きたいと思います。

また、膝関節の場合、内科的疾患、関節包や滑膜の炎症以外に、MPS,鵞足と呼ばれる場所の筋、筋膜や骨膜の炎症、ひざ裏の筋肉のMPS、半月板の外側や靭帯の問題等々を細かく鑑別していかないといけません。

「変形性膝関節症は軟骨の痛み」、またはざっくりと「膝」、骨盤のゆがみ?・・と考えての治療では治るものも治りません。軟骨の再生医療は膝軟骨で悩んでおられる患者さんにとっては朗報の一つでしょう。
しかし、それがオールマイティの治療ではないと思います。

現状の治療方法の見直しも含めて、患者さん、治療者側も様々な治療方法を考えていただくのが良いかと思います。

東大阪 長田 おおにし整骨院


膝軟骨再生医療続き へ

東大阪 長田 おおにし整骨院ホームページ へ

MPS研究会へ



by s-onisi-seikotuin | 2013-07-20 11:35 | 治療 | Comments(0)  

ミッドアマ予選会

久しぶりのブログ更新です!

私事と仕事の忙しさのため、しばらく更新する余裕がありませんでした。
もうしばらくはこの状態が続くと思われますのでよろしくお願いします。

さてさて、この忙しい生活の最中にミッドアマの予選会にチャレンジしてきました。
7月3日の水曜日、場所はホームコースのアリジカントリークラブです。

平日にゴルフをするのはお盆休みを除いては初体験でした。(生粋のサンデーゴルファーです)
水曜日は仕事は午後3時から。
朝一番のスタートで回ればぎりぎり仕事に間に合うとエントリーして、朝の4時起きで出かけていきました。

ホームコースだし、練習ラウンドも1回きりで臨んだはじめてのミッドアマ!

予選通過ラインは80と読んでいましたが、結果は・・・?


ただし、かずくんさんのように詳細なラウンド解説はできませんのであしからず!

出だしはインから。

インはちょっとトリッキーなホールが続きます。

10番スタートホールは心地よい緊張感の中、飛ばない私はドライバーでまずまずの当たりでした。
しかし、パーオンせずにアプローチから。1.5㍍のパットが入らずにボギースタートでした。

続くショートはパー。しかしその次はピン奥から5㍍を寄せきれず、またまたボギー。
そして、次の13番、池越えの第2打を池の石垣に当ててなんとOB!トリプルボギーを叩いてしまい、万事窮す!

この時点で5オーバーは絶望的なスコアです(涙)

しか~し、神は見放さず!!その後2バーディを奪い、インは上がってみると40でした。
まきかえしたで~いけるやん!

アウトは一見易しいように見えてスコアをまとめるのが難しいホールが続きます。

出だしのロングは無難にパーも次のミドルでまたまた3パットのボギー。
気持ちが切れそうになります。

次のショートは220ヤードを越えるショート!
飛ばない私はドライバーでコントロールしてフェードを打ち、1オン2パットのパーで切り抜けました。
その後はちょっと落ち着いてラウンドし、8番ホールまで3オーバーとしのいで参りました。

最終ホールは左に石垣のある難しい打ち上げホール!ティーショットは集中して右の林のぎりぎりからドローで残り155ヤード地点へ。
手前がバンカーのため、打ち上げを見て165ヤードのキャリーが必要。

ここは練習ラウンドでセカンドを練習した位置です。
5番アイアンと4番ユーティリティーで練習し4番で打つことを選択した場所です。

その時、4番では飛びすぎたので、今回は「フェードをかけよう」となに気に打ったボールは出だしから右、その上スライスして右の林にOB!!

なんとダボを叩いてしまって、私のミッドアマチャレンジは終わりました。
40、41の81
予選通過は79!!
セカンドOB分の2打で夢と消えたミッドアマでした。

それもこれも実力ですし「たられば」はありません。

でも、試合でしか味わえない緊張感は格別のものですね。

さすがに今週の仕事と私事は体力的に疲れましたが、悔しさと共にゴルフの醍醐味を味わえた1週間だったと思います。

こんなにしんどい1日はもう無理と思いましたが、今は来年も体力が許せば再チャレンジしようかなと考えています。

まあ、仕事に間に合って、スタッフや患者さんに迷惑がかからない範囲で・・ですけどね。

一緒にラウンドしていただいたNさん、Yさん、kさんありがとうございました!

クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」
クリックすると→「スクエアグリップ」

おおにし整骨院ホームページ(新) へ


コメント頂いた かずくんさんのブログ

by s-onisi-seikotuin | 2013-07-06 22:36 | その他 | Comments(4)