「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

続 生きる

1週間前の深夜に父は亡くなりました。
その日、夜中の病院からの電話で、私も弟も急いで駆けつけましたが、間に合いませんでした。

私たちは、安らかな余生を送る事を願っていましたが、父の最後の1ヶ月は見ていて本当に苦しそうでした。

緩和治療しか出来ない状態であっても、父は自分の症状を治そうと努力していました。
「点滴からの栄養だけではなく食べないとダメ」というと、好きでもない栄養ゼリーや栄養ドリンクを口にしました。
また、「先生に、ここを治してと頼んでくれ」「なかなか良くならん」が口癖でした。

自分の「生」ある限り「生きよう」と努力していたのがよく伝わりました。

緩和治療であっても、全ての症状が緩和されるわけではありません。
熱で意識がもうろうとしたり、脚のむくみはひどくなる一方、寝ている体勢を変えるだけでも痛みで思うように動けませんでした。
最後は肺に水がたまり、タンがからんで普通の呼吸ができなくなっていました。

そんな状態であるにも関わらず、毎日、昼と夜との喫煙だけは欠かさず、亡くなる2日前の昼まで続けました。
私は昼間担当で、午前の仕事が終わると原付を飛ばして病院に駆けつけ、ベッドから抱きかかえて車いすに乗せ、一階玄関の喫煙所に連れて行きました。
点滴をしながらですので、まるで大名行列のように車いすと点滴を吊ったものを同時に操作して動かすのは大変でした。
仕事で少しでも時間に遅れると、病院から携帯電話で「遅いなあ」とグチが入る事もたびたびで、それくらいたばこを吸いたかったようです。
考えれば、意識も頭もしっかりしていましたし、ただただ、ベッドで寝ているだけの生活はたまらなかったのだと思います。

そんな父を見ていて思ったのは

「生かされている間は精一杯生きろ!」
「生きている間は楽しめ!」・・・でした。

これは遺言だと思っています。

父の孫は娘4人ですが、お通夜の日は4人が代わる代わるお館の前にやってきて、父の頭をなでていました。
「いくら顔を見ていても飽きない」と孫娘4人に言わしめた父はすごい人だったと思います。



聞きたかった転職の件は・・・「転職はもったいないと思った」・・・でした。

いずれ、私があの世に行って、父と再会したときに「転職してよかったなあ」と言ってもらえるように今の仕事を頑張るしかないなあ・・・。

d0133145_22244988.jpg

by s-onisi-seikotuin | 2013-10-23 22:41 | その他 | Comments(0)  

スクエアスイング 傾斜地 2

スクエアスイングの基本

①骨格で支え(インナーマッスルを使い)、反射(伸張反射、姿勢反射)を利用して動作をする。
②頭を中心とする運動軸を動かさないでスイングする。
③その運動軸はインパクトで最大のパワーを得るために、左サイドにある。
④そのため、インパクトとアドレスの形が非常に近い。
⑤体のスクエア感を大切にし、ゆがみのないグリップとアドレス(スクエアアドレス)を取る。
⑤これらの事を可能にするために股関節を使った体の使い方を重視する。


「傾斜地の基本」

①左足下がり
②左足上がり      
・・・クラブのロフトを考える

③つま先上がり
④つま先下がり     
・・・クラブのライ角を考える

左右の傾斜ではクラブのロフトを考えます。左足上がりはロフトが大きくなりボールが上がりやすく飛ばない。
左足下がりではロフトが小さくなり、ボールが低く飛び出し、ランも考えます。

前後の傾斜(つま先上がり、つま先下がり)ではクラブのライ角が問題になります。
通常のスクエアアドレスでのグリップ、クラブ、体幹との角度と地面との角度が基本と考えて下さい。
それよりもアップライトに構えないといけない斜面では、ボールの飛び出しは左でフック回転のボールが出やすくなります。
それよりもハンドダウンになる斜面では、ボールの飛び出しは右でスライス回転のボールが出やすくなります。

傾斜地でのスクエアアドレスはややオープンに、ボール位置は右足寄りにセットします。
この事で通常のスクエアアドレスより左肩が下がった、ややオープンスタンスのアドレスが出来るはずです。

上のアドレスをすると通常アドレス時より、クラブ、下半身の平行移動の量が少なくなります。

そうすると・・
通常のスクエアアドレスよりマックスのパワーは落ちると言うことです。

この時点でいつもの飛距離を求めるとオーバーパワーを使わなくてはならず、リスクが増えるということになります。
つまり、傾斜地でマックスのスイングをしない方が良いという結論がでてきます。
当然と言えば当然の事ですが、「理論」「理屈」から言っても通常の飛距離を求めるのはギャンブルショットになるという事が証明されます。
チャレンジするときは、相当の気合いを入れてスイングして下さい。
10%から20%の飛距離ダウンを覚悟してスイングする事でコースマネージメントが変わってきます。

傾斜地に対して「垂直に立つ」のか「傾斜にあわせて立つ」のかはいつも議論の対象になります。
「傾斜にあわせて立てる」くらいの緩やかな傾斜であれば「傾斜にあわせて立つ」ほうがスイングのイメージが出やすいでしょうし、そうでないきつい傾斜であれば、中心軸を垂直にするしかなくなります。これは「傾斜によって違う」が正解だと思います。

①緩やかな傾斜
左右では傾斜のある方に重心がかかってきますが、前後では逆の重心移動になります。
重心軸が前後左右の体幹からはみ出さないくらいの傾斜であれば、「傾斜にあわせて立つ」で、アドレスのオープン度、ボール位置も平面で立つより「少しの調整」でいけるはずです。
地面とクラブのライ角を確認ボールの飛び出しと回転を確認スイング軌道の最下点を考えてボール位置を通常より右側に置くことはも確認して下さい。

②きつい傾斜・・・重心軸が体幹からはみ出す程度の傾斜
トラブルショットと考え、地面に対して垂直に立ちます

股関節から下の下半身はショックアブソーバー付きのエンジンとして使います
傾斜の分をオープンスタンスの度合いとボール位置を大きく右足寄りにしたり、左右の膝の高さをあらかじめ傾斜に合わせておいて柔らかく使えるくらいの力加減でアドレスします。
左右の高さは膝から下の曲げ伸ばし、オープン度合いを考えて股関節が通常のスクエアアドレスに近づくようにセットして下さい。
前後の傾斜も同じように膝の高さと体幹の前傾角度を調節してアドレスしますが、傾斜の度合いによって、スイング幅は変わってきます。

例えば、つま先上がりでストレートボールを打つ時には、スタンスオープン、クラブフェースも右にオープン、肩はターゲットに平行にアドレスし、スイング軌道を肩のラインにあわせてターゲットに向けて行います。
つま先上がりで自然にフックボールを打つ時には、スタンスをターゲット、もしくはそれより右に向けて取り、ボール位置は右足寄りにセットします。オープンスタンスにしている分だけ肩のラインもクラブフェースも右にむいているはずです。そのアドレスから肩のライン通りに右に向けてスイング軌道を取ってスイングして下さい。

(・・・画像が欲しいところですね。間に合いませんでした。すいません!)

つま先下がりではほぼ逆になります。

忘れてはならない股関節からの前傾姿勢
股関節からの前傾姿勢は必ず取ります。そのことで、股関節にある靱帯をゆるめ、腰から上の体幹部分を回旋しやすくなるようにセットしておきます。
これはスクエアアドレス、スイングに欠かせない要素ですので忘れないように!

姿勢反射
緊張性腰反射(Tonic lumbar reflex)・・・股関節から上の回旋
上半身を回旋すると、回旋側上肢で屈曲・下肢伸展、反対側で上肢伸展・下肢屈曲する。
(テイクバック時には右腕は屈曲、右脚は伸展 左腕は伸展、左脚は屈曲)


クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→「スクエアグリップ」
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

おおにし整骨院ホームページ(新) へ


コメント頂いた かずくんさんのブログ

by s-onisi-seikotuin | 2013-10-14 22:27 | スクエアスイング | Comments(4)  

スクエアスイング 傾斜地 1

長らくお待たせいたしました!

スクエアスイングの応用編、傾斜地での考え方についてです。
技術的な事を考え始めると非常に複雑な解説になりますので、基本的な事をスクエアスイング的に述べていこうと思います。

例えば、オープンスタンスであってもドローボールは打てますし、クローズドスタンスであってもフェードボールは打てます。
基本的にオープンスタンスではフェードが出やすく、クローズドスタンスではドローが出やすいという前提の一例を述べていると考えてこれからのお話も理解して下さい。

シンプルに考えるのが一番です。

スクエアスイングは「骨格で支え、反射を使って動作をする」が基本です。
「骨格で支える」のは自分では力を入れている感覚がわかりにくい「インナーマッスル」の仕事になります。
普段、姿勢を維持するために使っている体幹を支える深層筋や無意識に姿勢維持に使っている下腿の筋肉、足底の筋肉がアドレスを支える為に、スクエアアドレス時には「力感」がありません
左股関節から左の脚と背筋に張り感が感じられる程度でアドレス出来ているはずです。

しかし、傾斜地に行くと、そういう訳にはいかず、姿勢を支える為にアウターの筋力も必要になってきます。
重力の影響を感じながら、中心軸を動かさないで動作をする必要があるため、傾斜がきつくなればなるほど、姿勢維持に必要な筋肉と力感が増えて当然です。
アウターの筋肉を姿勢維持に使う必要があるため、その分フルスイングは出来なくなって当たり前というわけです。

大切な事は、地面にあるボールをクリーンに打つ事(ダフリ禁止)、姿勢維持に必要な筋肉が増える分、自分でコントロール出来る範囲のスイングであることです。
つまり、いわゆるビジネスゾーン内でコントロールしつつ、マックスのパワーをボールに伝える事が何より優先される事になります。
基本のスクエアスイングをマスターすれば、これらの事は少しの応用で簡単に出来るようになります。
まずは、基本のスクエアスイングをマスターする事が前提であることに変わりはありませんのであしからず!

「傾斜地の基本」

①左足下がり(左一軸であるスクエアスイングでは普段の練習でマスター出来ます)
②左足上がり      
・・・クラブのロフトを考える

③つま先上がり
④つま先下がり     
・・・クラブのライ角を考える

傾斜地でのスクエアアドレスはややオープンに、ボール位置は右足寄りにセットします。
この事で通常のスクエアアドレスより左肩が下がった、ややオープンスタンスのアドレスが出来るはずです。

今日はここまで!






クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→「スクエアグリップ」
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

おおにし整骨院ホームページ(新) へ



コメント頂いた かずくんさんのブログ

by s-onisi-seikotuin | 2013-10-06 20:29 | スクエアスイング | Comments(4)