「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

三人の師

柔道整復師という仕事を志して以来、私には三人の「師」と呼べる人がいます。

一人は「A鍼灸整骨院」のA先生です。
その先生と私は共に専門学校で学んでいたのですが、A先生はすでに鍼灸の資格もお持ちで、鍼灸整骨院で働きながら学校に通われていました。
私は、その頃、昼は自営業、夕方5時から専門学校の授業・・という毎日でした。
家族もいる状態で、転職・・・という時でしたので、授業や臨床の座学について本気で頑張ろうと考えていました。
入学間もない日の授業後、A先生が私に「基本は生理学と解剖学の勉強をすると良い」と声をかけて下さいました。
「なぜ私に声をかけてくれたのか」と問うと、「真面目に勉強しようとしているから」との答えでした。
それから「生理学」「解剖学」「機能解剖学」を中心に必死で勉強を始めました。
私の事ですから、どこかで遊びの要素がないと続かないので「ゴルフスイングの解析」をからませて勉強しました。

今、「スクエアスイング」「スクエアアドレス」としてブログに載せているお話は、ここから転機を迎えて始まったものです。

整骨院での仕事は「生理学」「解剖学」「機能解剖学」という基本が理解できないで、技術ばかりを追いかけていると「治療の迷路」にはまってしまいます
様々な治療、治療技術がありますが、「その治療がどのような理由で、どのような効果をもたらすものなのか」が解らなくなるのです。

勉強の基本を教えて下さったA先生には今も感謝でいっぱいです。

現在も「生理学」「解剖学」「機能解剖学」とゴルフスイング、どちらの要素も毎日勉強中、研究中・・・というわけです。


二人目の「師」はサンメディカルのM社長です。

一つの会社の器械について宣伝がましくなるのはどうかとは思いますが、「アキュスコープ」「ハイチャージ」という優れた治療器を使用していなかったなら、今の私や今の施術はあり得ません

当時営業マンだった「Mさん」と「アキュスコープ」との出会いがすべてです。
器械そのものの使い方や優秀性はさておき、Mさんには電気物療器の基本を教えていただきました。

電気治療器を使って施術することで理解できた事が数多くあります。
「こんな症状にも効くの?!」という驚きがいっぱいの毎日です

また、整骨院で起こる数々の問題に対しても親身になってアドバイスを下さいました。
今も営業マンと利用者としてではなく、人と人として感謝し、おつきあいをさせてもらっています。


三人目の「師」は加茂整形外科の加茂淳先生です。

整骨院を開業し、現場での治療の謎、疑問について、いろいろと悩み、研究していた時に加茂先生のホームページに出会いました。

ホームページに載せられた、数々のお話や参考文献を知り、加茂先生の著書である「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」を読んだ時に目の前が開けるように多くの謎や疑問が解けていきました

患者さんの訴える「痛み」の原因は何か?

もちろん「生理学」を知っていないと理解できないことですが、ここに多くの「治療解決の糸口」があり、自分がどのような施術方針で患者さんと向き合っていけばいいのかを教えていただきました。

現在は加茂先生の創設された「MPS研究会」にも会員として参加させてもらっています。

「筋筋膜性疼痛症候群、MPS」がベースとしてないと、「患者さんの真の訴え」にはたどり着けないと同時に、「難治性の慢性痛患者」さんを増やしていくことになります。
もちろん「筋筋膜性疼痛症候群、MPS」だけが「痛み」の原因ではないのですが、少なくともそれを押さえておかないと、またまた「治療の迷路」に入ってしまいます。
整骨院で「急性の症状」を診る事が多い柔道整復師は「痛みの慢性化」を防止する最前線にいると言ってもいいでしょう。
おこがましいですが、それが柔道整復師の重要な仕事になるのではないでしょうか?

先日の大阪での「MPS研究会、学術集会」でお顔やお話は伺えましたが、時間もなく自己紹介も出来ずに帰りました。
今度の6月に行われる東京での「学術集会」ではぜひお話とお礼を・・・と考えています。

私のほうが一方的に「師」と思っているだけで、お三人は「弟子」ともなんとも思っていないでしょうが、この三人の「師」と呼べる人との巡り会いがなかったら今の自分はなかったと思っています。

ひたすら、「感謝」です。

MPS研究会へ
おおにし整骨院ホームページ(新) へ



加茂整形外科ホームページ へ
トリガーポイントブロックで腰痛は治る へ
サンメディカルさんホームページ へ

by s-onisi-seikotuin | 2014-04-27 21:40 | 治療 | Comments(0)  

アキュスコープ勉強会(大阪)を前にして

サンメディカルさんの主催で、5月18日(日)に大阪でアキュスコープ勉強会の講師を務めることになりました。
サンメディカルさんホームページ へ
昨年の3月に名古屋で行って以来、2回目となります。

多くの先生方の前でお話するのは、緊張しますし、慣れないのでお聞きづらいかもしれませんのでご了承下さい。

今回、私がお話しようとする内容は難しい内容ではありません。

いろいろな先生方が、色々な施術方法で施術されることに対しては、効果があるのであれば、「どれも良し」だと考えていますし、「色々な施術方法」「施術の引き出し」があっていいと思っています。
そういうことではなく、私は「施術の根幹を成す考え方」を中心にお話するつもりです。

柔整師もどちらかというと「構造的」な施術に目がいきがちです。

「骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷」が柔整師の重要な施術です。

これらは、身体の「構造破綻」です。
「整復」という施術が基本となって、以後の施術につながっていきます。

それはそれで大切な治療なんですが、ここに落とし穴があって、「構造的修復」に重きを置きすぎて「生理学的」な視野に欠けることがあります

「痛み」という分野です。

リハビリをするにしても、「構造的」な理由でROM(可動域)制限が起こっているのか、「痛み」で起こっているのかを見極めることも大切でしょう。

もう一歩、話を進めれば、一般的に言われる「痛み」を主訴とする、自分でも受傷原因の明確でない患者さんも多く来院されます。

整骨院では「急性」の患者さんが多いのですが、正しく、早急に施術しないと、「痛みが慢性化」してしまうような事がおこります。

こういう症状に対して必要な「根幹の考え方」についてもお話しようと思っています。

もちろん、施術の「引き出し」に当たる「アキュスコープ」や「ハイチャージ」を使った具体的な施術方法についてもお話いたします。

今、そういう事を考えていかないと「柔整師」としての存在が、社会的にも希薄になるのではないか・・・というような大きな「危機感」を持ってお話するつもりです

参加される先生方におかれましては、

「常識を疑ってみる」「経験論の正誤を検証する」「他に正はないか?」

の考え方に一瞬だけでも耳を傾けて頂きますようよろしくお願い致します。

「柔整師」が社会でもっと認められる存在になるために大切な事があるんです。


おおにし整骨院ホームページ(新) へ

by s-onisi-seikotuin | 2014-04-13 22:48 | 治療 | Comments(4)  

本当にスクエア?

d0133145_20414158.jpgd0133145_20421330.jpgd0133145_21173479.jpg




















久しぶりにスクエアアドレス、スクエアスイングです。

いわゆる「Y字アドレス」は身体にとってゆがみがなく「スクエア」なのか・・・というお話です。

アドレスの前に両肩のラインを地面に平行
クラブと両肩を直角にして「Y」の形にグリップし、前傾姿勢をとってみます。
右の画像を見ても両肩と地面は並行、クラブと地面も並行になっています。

しかし・・・このアドレスをしてみると身体のあちこちにテンションがかかり、スクエアに見えて、身体にとってはスクエアに構えてない事がわかります。

クラブのプル角に合わせて左肩を上げると、ますます身体のあちこちに違和感がでるはずです。

平行(スクエア)、平行(スクエア)と呪文のように打球線や地面に対して構えていくにつれて、身体にストレスがかかり、いつも同じアドレスで構えることすら難しくなっていきます

「打球線に平行に構えましょう」「クラブは身体に直角に構えましょう」「両肩の高さを平行に」などというアドバイスでアドレスを作るとこうなります。

d0133145_20444795.jpgd0133145_2043095.jpg











「Y字アドレス」を飛球線側から見たのが左の画像です。

左肩が結構オープンになっているのがわかります。
この両肩をさらにスクエアにしようとすると、身体のゆがみはもっと強調されるだけで、訳が分からなくなっていくだけです。

ちなみに、右は「スクエアアドレス」です。
ややオープンですが、「Y字アドレス」ほどオープンにはなっていないのがおわかりですか?
d0133145_21335337.jpgd0133145_21341368.jpgd0133145_21343386.jpgd0133145_21382462.jpg







だから、グリップは両手の平をずらした位置で、クラブとシャフトは右側に伸びている形からはじめるのが身体にとっては「スクエア」なんです。

そこからアドレスしていくには

・・・スクエアアドレスの手順に沿って構えていけば、身体にとってのスクエアと飛球線にとってのスクエアが同時に獲得できるんです。

d0133145_20524060.jpg

スクエアアドレスとスクエアスイング(基本編) Ⅰ へ






クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→「スクエアグリップ」
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

おおにし整骨院ホームページ(新) へ
コメント頂いた かずくんさんのブログ

by s-onisi-seikotuin | 2014-04-06 21:47 | スクエアスイング | Comments(0)