<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

アキュスコープ勉強会 仙台2

今日は仙台で2回目のアキュスコープの勉強会でした。

前回、昨年の10月に参加された先生方が8割くらい再受講されました。
本当にありがたい事だと思います。

前回同様に、痛み、MPS、ファシアの話をからめて、私なりの柔道整復師としての施術の基本的な考え方をお話しました。


その基本があって、アキュスコープやハイチャージ等の的確な使用法が考えられると思っています。


前回の勉強会に参加された先生方が多かったので、ベースの話は復習をかねて、プラス最近の情報も交えて実際の施術をメインにお話してきました。

各症例に対して、私がどのように考え、どこをターゲットにどういう施術をし、見分け、アキュスコープやハイチャージの通電をするのかを見ていただきました。

アキュスコープなどは、患部に通電する方法だけでなく、遠隔からも通電することで、痛みの戻りを軽減することができます。

そのポイントはどう考えるのか?

ポイントを探る基本はなにか?

基本的な通電方法、通電場所だけでは解決しない症例にどのような考えで対応するか?

等々です。

たどたどしい私の言葉で、本当に先生方に伝わったのか心配ではありますが、施術に対する熱意だけでも感じていただければと思いました。

裏方であるサンメディカルさんのスタッフの方々にも感謝です。

今回は、空き時間に石川様とも非常に深い議論ができました。

有り難うございました!

そして、参加された先生方、かなり遠方よりお越しの方もおられたようですが、お話を聞いて頂いて感謝しています。

また、お会いできる機会があることを願っています。

もちろん、今日の話が施術のお役に立てることも祈っています。

有り難うございました!

前回と同じ事を言いますが、
柔道整復師は柔道整復師としてのMPSを踏まえた施術方法を考える時が来ていると思います。

東大阪 長田 おおにし整骨院
東大阪 長田 おおにし整骨院ホームページ へ

MPS研究会へ

鍼灸マッサージ師のためのファシア考察
Myorub概論
Fascia research 日本語字幕版

by s-onisi-seikotuin | 2015-04-19 22:56 | 治療 | Comments(2)  

スイングリズム

「ファシアの性質(Elasticity 弾力性)を考慮したエクササイズの重要性!」

というイギリス在住の倉野先生が書かれたブログがあります。
いつも、治療の基本ベースになるお話で勉強させてもらっていますが、スポーツと関わる今回のお話も非常に参考になりました。

スポーツにおける筋肉とファシアの関係について述べられていますが、つまるところ、練習することの意味は「体(小脳)に最適のリズムを覚えさせる事」なんでは・・・と考えさせられました。

「姿勢をつかさどるインナーの筋群」を使ってアドレスからインパクトまで誘導し、同時に「アウターの筋群」を使ってインパクトでクラブの最大加速を得るようにスイングする。
その時に、様々な体の反射を利用し「効率と正確さ」を得るのがスクエアスイングの趣旨です。

しかし、ここで「インナーの筋肉」「アウターの筋肉」と言っている部分を「腱を中心としたファシア層と筋群」に置き換える必要がありそうです。

主働筋を動かしているつもりでも、実際には拮抗筋にも力は伝わります。
また、「ファシアの弾力性」を利用して効率的な運動動作をしていることもわかりました。
「テンセグリティ」の考えも姿勢維持や反射に関わっていると考えられます
「腱を中心としたファシア層と筋群の弾力性」を生かせる最高のインパクトのタイミングを探す。

ここに注目!ですね。


ゴルフは地面に止まっているボールを打つという一見簡単そうなスポーツですが、実際にやってみると非常に難しい運動であることがわかります。
トラック一杯のボールを打たないとコースに出てはいけないなどと昔は言われたものです。

私も週末になると、180~240球のボールを打たないと今のレベルをキープできませんし、もっと上達するためには、それ以上・・・という強迫観念めいたものもあります。

実際になにを練習しているのかを考えると(もちろんレベルの差はありますが)

「自分の体力の最高パワー」で
「最高レベルの正確さ」をもって


最高のインパクトができるタイミングを合わせるためにたくさんのボールを打って確認する作業を行っているわけです。

一番力の伝わるタイミングでボールを捕らえられたのか?
ドローがでたのか?
フェードがでたのか?
ダフらずにターゲットに対して正確に打てたのか?
自分の意図した力は意図した通りにボールに伝わったのか?  等々です。

ちなみに、イチ、ニ、のサン・・イチ、ニ、サン・・・などの単純なリズムの事を言っているのではありませんよ。

単筋運動ではなく、複合した筋群とファシアを順序よく動かしてキネティックチェーンを引き起こし、インパクトでクラブの最高加速を得ると同時にターゲットに対して、クラブのフェースとスイング軌道を合わせていくスイングリズムが求められるということです。
しかも、各クラブごとに正確にできなければいけません。

クラブによってシャフトが違う。
シャフトは同じでも、長さが違う。
クラブの特性を、体や小脳が、手に持ったクラブの感触や素振りでほとんど無意識にタイミングが取れる位にまで反応しないと実戦ではミスをしてしまいます。
プロですら、打つ前に素振りをするのは、そのタイミングを探っているからでしょう。

また、クラブを買い換えた時に起こる違和感もそれを表しています。

クラブの長さやシャフトの性格も違うし、ボールのライもその時々で違う。
コースは景色やワナの数々でタイミングやアライメントを狂わせようと手ぐすねを引いている状況。
その上にスコアや同伴競技者の視線もあり、精神的にも揺らされる。

その時々で、インパクトのタイミング(スイングリズム)をあわせていく事がいかに難しいかを考えるとよくわかります。
上級者になると、高い球、低い球、曲げる球、距離の打ち分け等々、ますますインパクトのタイミング(スイングリズム)を合わせるための困難が待ち受けています。

日頃、平らな練習マットの上で、同じターゲットに向けてたくさんのボールを打ち続けていてもインパクトのタイミングを合わせるのは難しいのですが、
コースでは、数倍複雑な状況なうえに、一球しか打つことができないという事実がゴルフの本当の難しさなんですね。
だから、シンプルなスイングが必要ということです。

なんと難しい運動動作をしているのか、なんと沢山の練習をしないといけないのか を考えると、初心者は物怖じするかもしれません。
(でもゴルフでは初心者は初心者なりの、腕前に応じた楽しさがあるので心配はいりませんが)

「その時々に合った、インパクトのためのベストなスイングリズムを無意識化するために練習している」・・・が深い意味を持ちます。


PS・・100M走では100Mベストでを走りきるための体のリズム(マラソンも含め)を求めているのでしょうし、
相手がいるスポーツでは、相手のリズムを消して、自分の最高のリズムを求める・・・になるのでしょうね。
野球のピッチャーとバッター、ボクシング等の格闘技、団体としての競技リズムでもそうです。











おおにし整骨院ホームページ(新) へ


コメント頂いた かずくんさんのブログ

by s-onisi-seikotuin | 2015-04-12 23:06 | スクエアスイング | Comments(4)