「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

スイングメカニックさんのゴルフ理論

久しぶりのブログ更新ですが・・・

整骨院院長のブログと称しながら、ゴルフネタが多くて、いろんな人に冷やかされています。

スクエアスイングという自分で考えたスイングの解説だけでなくスポーツに関わる解説もアップしています。

スクエアスイングというのは、練習量の少ない一般の人から、競技ゴルフをしている人までを対象に考えたスイングです。
人間の体の仕組みから考えたゴルフスイングで、体の効率が最大限に生かされる、再現性の高いスイング動作を目指しています。



練習場で見る一般アマチュアの方は当然ですが、レッスンプロ、トーナメントプロを含めてレッスンされる話は「経験」からくる理論やアドバイスがほとんどです。

ゴルフ雑誌でも、こちらのページと別のページで正反対のアドバイスが載っていることもざらにあります。

なんでこんな事が起こっているのか?という疑問がゴルフを始めたころの私の悩みでした。

いろんなレッスン本を読みあさり、正解を探していましたが、今の仕事に関わることで、機能解剖学、生理学等、体の仕組みがわかり一気に視界が開けました。

まだ完全ではありませんが、少しずつ正解に近づきつつある途上だと思っています。



先日、私のブログに興味をもたれた「スイングメカニック」さんという方(多分治療家です)が、自分で考えられたゴルフスイング理論を私の元に送って下さいました。

「スイングメカニック」さんも私と同じ目線で考えられたゴルフ理論なんですが、今まで読んだ全てのゴルフ理論書のなかで最高の内容でした。

私の考えていた事と似た内容ですが、考察の緻密さでは遙かに私より上でした。


このスイングメカニックさんの理論をなんとか世に送り出して、一般の方はもちろんのこと、レッスンを生業にしているプロに読んで頂きたいと思います。

日本のゴルフレッスン、ゴルフ理論が根底から変わっていくことになるかも知れませんよ。


スイングメカニックさん、貴重な資料を有り難うございました!



スイングメカニックさんのコメント

「限られた時間と少ない練習量で良いスイングを維持する方法はないものか?それがスイングのメカニズムを徹底研究しようと大胆な思いに至った動機です。

私の研究成果はまだ道半ばですが、一応ある程度まで検証できたかなぁーと思えるところまできています。先生からご了承いただいた「モリをつく動作」も「上肢の動作」の中で活用させていただいています。

近日中に先生の整骨院へ資料を送付させていただきますので、お時間あるときにご査収くださいますようお願い申し上げます。」

おおにし整骨院ホームページ(新) へ
コメント頂いた かずくんさんのブログ へ




















by s-onisi-seikotuin | 2015-11-03 22:12 | スクエアスイング | Comments(0)