「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

インパクト

d0133145_18315721.jpgd0133145_18321045.jpg左上下のインパクトの画像を見て、違いがわかる人は、かなりゴルフや運動動作に精通した人です。
日本の有名なゴルフインストラクターでも、インパクトのイメージが海外の選手とは違うのがわかります。
上は、日本のトッププロ、石川遼、池田勇太、丸山秀樹、藤田寛之等々のインパクト

下は、海外のトッププロ、タイガーウッズ、マキロイ、ファウラー、アダムスコット等々のインパクト

松山秀樹は上から下へと変身中といったところでしょうか。

まず、上の画像では左腰が回転しすぎているのが見えます。
腰が体の前傾に逆らって地面に平行に近く回転しています。
左腕もハンドレイトになり、左腰よりも左膝が大きく流れているのがわかります。
右足のかかとが浮き、実際のスイングでは左足外側に体重が乗ってしまい、フィニッシュでめくれてしまうのが想像できます。

下の画像では左股関節は内旋しているため、上の画像ほど左に回転していません。
腰は体の前傾に逆らわず、股関節の動きに合わせて動きます。
左腕はややハンドファーストになり、左膝は上に動作されるため左に流れていません。
右足のかかとはあまり浮かず、外旋方向に動いています。

フィニッシュでも左踵はめくれないで、上に伸びる動きをしていきます。

スイングメカニックさんは上を「回転型スイング」下を「捻転型スイング」と表現されています。
「日本型」「海外型」と言ってもいいほど、はっきりと色分けされます。
その解析はいずれ発表されるスイングメカニックさんに任せるとして・・・

「スクエアスイング」は下の「捻転型スイング」になります。

「スクエアアドレス」を取り、「モリを突く動作」のように、左肩を下げ、左膝を曲げるテイクバックからトップ、インパクトへと動くと、下のイメージに近いインパクトイメージになると思います。

スイングで最も大切な事は、いかにインパクトで正確にかつ、最大のパワーを加速しながらボールに伝えるかにつきます。
「スクエアアドレス」はインパクトを非常に意識した姿勢です。
スクエアアドレスから、クラブヘッドを壁などに押しつけ、頭を動かさず身体全体で力を加えるとインパクトの状態が再現されます
このインパクト姿勢を取りたい為にアドレスがあったと言っても過言ではありません。

また、トップが必要以上に大きくなってしまうと、インパクト付近でクラブをアジャストするのが非常に難しくなってしまいます。
トリガーグリップとアドレスで取った手首の角度をできるだけ崩さずに、テイクバックからトップに持っていくことは練習をする必要があります。

インパクトのイメージを強く持ってアドレスを取り集中すること。
時には、実際にインパクトの位置まで体を動かし、確認してから実際のスイングをしてみる。
(特にややこしい傾斜やライからスイングする場合など)
キャリー15Yのアプローチまではテイクバックで右わきを体から動かさずにスイング出来るので、徹底して練習し、その基本動作を覚えること。

d0133145_19545071.jpgd0133145_1955729.jpg













理論は理論、やはり練習しないと会得することはできません。



インパクトで要求されること 

①インパクトではクラブは加速状態にある。
②体幹の回旋を脚腰のパワー(股関節動作)で生み出している。
③身体自身の重心移動エネルギーが生かされている。
④視力を確保するため頭が動きにくい状態である。中心軸とヘッドステイバックの確保。
⑤傷害の起こりにくいポジションに身体がある。
⑥タイミングのズレが起こりにくい姿勢である。(確率性、正確性)
⑦ねらった所にボールがいくか?(ターゲット意識)

こんなことを考えたら、上と下のインパクトがどちらが条件に当てはまるかわかりますね。

この二つのスイングの違いとメカニズムに選手やインストラクターが気づかない限り、日本人のメジャー制覇は、今のところ松山秀樹プロに頼らざるを得ないでしょうね。


一体いつになったら、「捻転型スイング」が日本の主流になっていくのでしょうか?

ちょっとため息が出てしまいます。

筋骨格系の治療でも・・・・ですね。

by s-onisi-seikotuin | 2016-05-15 20:01 | スクエアスイング | Comments(6)