<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

施術と自己治癒力№2

筋骨格系の症状については特に「筋膜性疼痛症候群」「MPS」を知り、早急に治療をはじめ、「自己治癒力」を高めて早めに治してしまうことが大切です。


「痛みが残るのに、やみくもに筋肉を鍛える運動療法」も疑問の多いリハビリです。
患者さんの自己治癒力が働き始め、痛みがある程度緩和してからで十分に間に合います。
まずは「痛み」を緩和しつつ、状態をみての「運動療法」だと思います。
膝の痛みの緩和がみられた患者さんに、トレーニングジムに通っていただくようにしたところ、ほとんど痛みを感じないで生活されるようになります。
「順番が大切」だということです。


私たち施術家(柔道整復師)ができることは、薬を使わない安全な施術で患者さんの「自己治癒力」を最大に生かせるように持っていくことです

正常な動きが出来ない「関節周囲ファシア」をもとに戻す整復手技
筋肉の無意識化での持続的な緊張を取る手技
筋、筋膜、ファシアなどの動きや組織内循環を改善する手技
筋、筋膜と神経周膜ファシアの動きや組織内循環を改善する手技


などを適材適所に施すこと。
必要な患部は固定し、適切に、冷、温罨法を施すこと。


手技だけでは取れきれない痛みや炎症に対しては物療器の力を借りること
(自己治癒力を促進する物療器の性能を侮ってはいけません)

食事や生活習慣、生活上の姿勢などに対してのアドバイスをすること。
自宅でできるセルフマッサージや体操のアドバイスをすること。



これらはすべて患者さん自身の「自己治癒力」を高めるために行うことです。


私たち施術家は患者さんの「自己治癒力」を高め、自分で治っていくためのお手伝いをしているにすぎません。

自分の施術の能力の範囲の症状かどうかを患者さんに伝えること。
やみくもに「不安」をあおる話をしないこと。

それも大切です。

また、組織の機能改善と痛みの緩和は少し違います
一日も早く痛みを取り、慢性痛になるのを防ぐこと

柔道整復師がお手伝いできることだと思います。




by s-onisi-seikotuin | 2017-02-26 22:33 | 治療 | Comments(0)