スクエアアドレス パター編  再考

この1年間、認めたくはなかったのですが、「パターイップス」寸前から、この3ヶ月は深刻な「パターイップス」に陥ったことを認めざるを得なくなりました。

月例から、先日のクラチャン、そして今日のラウンドでも克服できませんでした。

1ラウンドで3~4回は30センチから1メートルのパットをはずしてしまいます。

当然、スコアにはならず、ストレスのたまることこの上ない状態です。

なってみて感じるのは、自宅や、パッティンググリーンではふつうに打てるのにプレッシャーのかかった本番では体や手が固まってしまってスイング軌道や強弱、フェースのコントロールすらできなくなるというものです。
プロのようにそれで賞金が変わってくる訳でもなく、趣味であるにもかかわらず・・・なのが怖い!


しかし、2日前、以前に自分で書いたブログを読み返してみて、やっと光明が見えてきました。

知らず知らずのうちに「手打ち」になっていたように思います。

今日も7Mから5パットというひどい状態もありましたが、少しずつ変化しているのを感じます。

以前の好調時には得意クラブはと聞かれて、必ず「パター」ですと答えていたものです。

反省を込めて今一度以前のブログを再アップすることにしました。

年内には「パターが得意です」といえるようにがんばるつもりです!



前回の復習です。パターイップス へ
僧帽筋などが緊張した姿勢が多い→大事な場面でスムーズな肩の回転が出来ない
       ↓
長尺パター・クロスハンドの使用で改善
       ↓
骨格で構える → 体幹の筋(大きな面積、単純な動き、不器用)で動くためスムーズな動き
で誤差の少ない回転が可能。
       ↓
普通のパターでも骨格で構えれば解決

「パターに型なし」という言葉があります。自分の構えたいように構えて打つのでいいと思いますが、悩んだ時には一度試して下さい。(悩んでいる人は沢山いると思います)
では・・・

スクエアアドレス パター編
パターはスイングと違って誰でも簡単に出来そうですが、難しい技術を必要とします。
ゲームメイクの上でも重要で、パターの上達だけでもスコアは飛躍的に良くなります。
(週末にしか練習出来ない私も、パターはできるだけ毎日練習しています)

股関節から体を倒しパターのシャフトと体幹が垂直になるようにセットする。
右手上腕をスキャプラプレーン上近くにセットする。(体幹を使ってストロークするため)      
「右手で打つ」が基本。左手の甲は打球方向に向くようにセットする。
 (左手は力を抜いて添える感じでセットし、テイクバックの始動で使用)
右上腕と体幹が固定されたままスイング。
⑤クロスハンド、順手どちらでも可。
基本はオープンスタンス(順手)。ターゲットにスクエアなスタンスも可。(打ちやすく、力の入らない方で)
⑦パターのグリップもスクエアグリップに近くなり(肘を曲げている分同じではない)、左手の甲を折らない事。若干ハンドファーストで正解。 (パターのロフト分くらい)

順手でオープンは、よく「お先にパット」で無意識にやっていることが多いとおもいます。
スクエアアドレスのアプローチ編で解説した通りですが、肩もオープンになっています。
両手でグリップしつつ、右手を軸にスイングすることを考えた時に、オープンで構えるのが、身体と両手のストレスを最も軽くし、筋肉で支えにくい姿勢になると思います。
オープンの度合いは10~30度くらいでストロークしやすい位置
スクエアアドレス アプローチ へ
スクエアアドレス№2 へ

インパクト前後10㎝くらいはスクエアで、基本イントゥインのラインのスイングになります。
さすがに肩がオープンのため右足くらいにボールをセットしないと引っかけやすくなるので、それには注意して下さい。カップやラインを見やすくなり、距離感を出すのにも優れたアドレスだと思います。
「常識」「基本」はスクエアスタンスで「つま先のラインに沿ってスイングする」ですが、練習量が少ないアマチュアには、距離感やスイングのなめらかさを出すには難しいアドレスです。
一度、順手の方はオープンスタンスを試してみて下さい
また、順手でスクエアスタンスは「筋肉で支える形」でなければ可です。

クロスハンドの時には、左手でスイングの始動をし、右手でストロークする動きが基本です。(順手も同じですが、より強調されます)
そのため、アドレスの時、身体のストレスが少ないので、スタンスはオープンでもスクエアでもどちらでも可です。
昔、アメリカのツアーで右手1本でパッティングしている選手がいました。
パターに悩んでいた私は、それを真似てクロスハンドに移行しました。
コツは「右手、右サイドが主役」「左手は方向とスイングのブレを押さえる」事になります。
タイガーウッズもパター練習では必ず右手1本での練習を欠かさないと言います。

タイガーウッズ、パッテイング練習
https://youtu.be/Hw5iERQwtAM?t=13
https://youtu.be/Hw5iERQwtAM


パターも「左手、左サイド」で始動し「右手、右サイド」でインパクトです。・・・これはスイングでも同じです。(後日、ちゃんと説明します)

★例えパターのような小さなストロークでも肩を含めた体幹を動かす限り、膝、股関節の動きを止める事は不可能です。つまり、そこを止めてストロークするのは不自然ということ。
だから、「股関節からの前傾姿勢」で膝、股関節を効率よく動かす必要があります。
d0133145_1692157.jpgd0133145_16115723.jpg








 上二つが順手でオープン   
d0133145_16152642.jpgd0133145_16154711.jpg








 クロスハンド上左はオープンスタンス      上右はクロスハンド、スクエアスタンス
d0133145_1618440.jpgd0133145_16182279.jpg







 

上左は順手でスクエア
東大阪 おおにし整骨院
東大阪 おおにし整骨院ホームページ へ


         

コメント頂いた かずくんのホームページ へ

# by s-onisi-seikotuin | 2016-09-25 21:34 | スクエアスイング | Comments(8)  

アスリート魂 2

昨日、アリジカントリークラブ、年に1度のクラブ選手権がありました。

最近はこれを張り合いにゴルフの練習をしています。

今年で6回目になりますが、未だに優勝はありません。


昨年からは、筋トレその他の肉体改造にも取り組み、易しいクラブに変えたことも加え
ドライバー、アイアンともに飛距離も伸びました。

左手首の傷も頸部の痛みもほぼ癒え

ひそかに今年こそ・・・と思っていましたが・・・

やはり、優勝はなりませんでした・・・(涙の4位  うっうっ~)

世の中には、上手な人はいっぱいいてはります~!

まだまだ、自分に足りないことがあることを実感させられた1日でした。


最近も、オリンピックやパラリンピックで、毎日すさまじいメダル争いがされていますが

メダルを取るためにアスリートがいかに努力しているのか

4年に一回しかないチャンスにあわせて、自分の調子を最高に持っていく調整

けがとの戦い・・・練習を休むことの怖さ・・・復帰までの焦り・・・

効果的な練習やフォームの追求


その上で、てっぺんを取るのがいかに難しいことなのか

それが改めてよくわかりました。

市井の中年アスリートですが、こういうことを続けていると、実感として理解できるのがうれしいですね。



今年の教訓を糧に、また、来年向けて、新たな目標を立てチャレンジしていこうと思っています。

一緒に同伴していただいたメンバーの方々、お疲れさまでした。
また、来年も決勝でお会いできることを楽しみにしています。

そして、今日も来年に向けて練習に行って来ました!

# by s-onisi-seikotuin | 2016-09-19 23:16 | その他 | Comments(0)  

アスリート魂

私の趣味はゴルフです。

月に2回のラウンドと週に1~2回の練習のサンデーゴルファーですが

一応、ハンディはいわゆる5下と呼ばれるレベルまでいきました。


認めたくはないのですが、年齢には逆らえず、最近は少し調子(スコア)が下降気味です。

技術的には衰えているというより、逆に少し上達していると思うのですが、スコアにつながりません。

やはり

飛距離が落ちた。
パターの感覚が微妙にずれる。
集中力が欠ける。
ケガが多くなった。

等々の言い訳がましいことが事実起こっています。

自分ではこのことを事実として受け止めたくはなかったので、「調子が悪いだけ」と流していましたが

やはり認めざるを得ないな・・・と昨年のクラチャンで痛感し
基本の体作りから始めました。

週に2回,1時間づつ

自重トレーニングがメインですが、初動負荷的な要素を取り入れ、関節可動域を広げつつ、筋肉量を上げるように考えて鍛えました。

一日で体は変化していきません。

本当に少しづつ、少しづつではありますが、筋力と関節可動域の向上に比例して飛距離も戻り、戦えそうな体に近づいてきたようです。


そこで、先日、ミッドアマというゴルフ競技の予選で腕試し・とエントリーしましたが・・・

「寝違え」「手首の痛み」による体調不良と「パターの技術低下」が重なり、見るも無残な結果に

どこが「アスリート」やねん・・・と情けなく感じました。

しかし、ここで、負けては「アスリート」とはいえません!

これからも、さらなる練習を積み重ねて次のステップへ向かおうと思っています。

「還暦」を来年に控えてはいますが、いつまでも「アスリート魂」を持ち続けたいと思う毎日です。

そして、それを可能にしてくれる「ゴルフ」というスポーツの面白さも伝えていきたいと考えています。


今日は月例でした。
しかし、復活はならず、「体の痛み」と「パターの技術低下」は続いています。
今がゴルフ人生で最大の危機かもしれません!


「やさしいクラブ」「2本のパター」駆使しているにもかかわらず・・・

9月までに何とかしなければ・・・


d0133145_2314463.jpgd0133145_232099.jpg

# by s-onisi-seikotuin | 2016-07-10 23:04 | その他 | Comments(2)  

ゴッドハンド

世の中には「ゴッドハンド」と呼ばれるほどのスゴイ手技を持った施術家が存在します。

私は・・・うちに来られる患者さんには申し訳ないですが・・・そこまでの手技は持ち合わせていません。

しかし、施術家を志したものは誰でも「ゴッドハンド」をめざし、また、そう呼ばれることを目標に置いてがんばっているはずです。
この年になった私でさえも、未だにそこを目指して「知識」「技術」の向上を心がけています。

ただ、私は手技だけで戦う能力はないので

「アキュスコープ」や「ハイチャージ」という優れた飛び道具を使い

「ファシア」や「MPS」などの「知識」を勉強し

患者さんの求める「症状の改善」(・・・決して「骨盤のゆがみの改善」ではなく)を

「1日でも早く」
しかも、それに見合った「適正な価格」

で対応していきたいと思っています。
(もちろんふつうの生活ができ、スタッフの適正な給料を支払うだけの報酬は必要ですが・・・)


保険適応の症状はもちろん

「変形性膝関節症」、「痛み」が主訴の「ヘルニア」「脊柱管狭さく症」・・・等々

ある意味、治療を見放された症状に対しても(・・・深~い 意味があります)

どこまで真剣に施術するのかが求められると思います。

1回の施術ですべての症状を改善する事はできませんが

1回目で最低でも「症状の変化を感じてもらう」

3回目までに「症状の変化を実感してもらう」

遅くても、1ヶ月以内にペインスケールを10→3以下にする

このくらいのことが当たり前にできるようにと常にがんばっていますし、今は、できていると感じています。

私が「施術家になった患者」であり続ける意義がそこにあると思っています。

東大阪 長田 おおにし整骨院

東大阪 長田 おおにし整骨院ホームページ へ



Myorub概論
Fascia research 日本語字幕版

MPS研究会へ
おおにし整骨院ホームページ(新) へ


整骨院へ行こう推進委員会ホームページへ

# by s-onisi-seikotuin | 2016-06-19 21:57 | 治療 | Comments(0)  

インパクト

d0133145_18315721.jpgd0133145_18321045.jpg左上下のインパクトの画像を見て、違いがわかる人は、かなりゴルフや運動動作に精通した人です。
日本の有名なゴルフインストラクターでも、インパクトのイメージが海外の選手とは違うのがわかります。
上は、日本のトッププロ、石川遼、池田勇太、丸山秀樹、藤田寛之等々のインパクト

下は、海外のトッププロ、タイガーウッズ、マキロイ、ファウラー、アダムスコット等々のインパクト

松山秀樹は上から下へと変身中といったところでしょうか。

まず、上の画像では左腰が回転しすぎているのが見えます。
腰が体の前傾に逆らって地面に平行に近く回転しています。
左腕もハンドレイトになり、左腰よりも左膝が大きく流れているのがわかります。
右足のかかとが浮き、実際のスイングでは左足外側に体重が乗ってしまい、フィニッシュでめくれてしまうのが想像できます。

下の画像では左股関節は内旋しているため、上の画像ほど左に回転していません。
腰は体の前傾に逆らわず、股関節の動きに合わせて動きます。
左腕はややハンドファーストになり、左膝は上に動作されるため左に流れていません。
右足のかかとはあまり浮かず、外旋方向に動いています。

フィニッシュでも左踵はめくれないで、上に伸びる動きをしていきます。

スイングメカニックさんは上を「回転型スイング」下を「捻転型スイング」と表現されています。
「日本型」「海外型」と言ってもいいほど、はっきりと色分けされます。
その解析はいずれ発表されるスイングメカニックさんに任せるとして・・・

「スクエアスイング」は下の「捻転型スイング」になります。

「スクエアアドレス」を取り、「モリを突く動作」のように、左肩を下げ、左膝を曲げるテイクバックからトップ、インパクトへと動くと、下のイメージに近いインパクトイメージになると思います。

スイングで最も大切な事は、いかにインパクトで正確にかつ、最大のパワーを加速しながらボールに伝えるかにつきます。
「スクエアアドレス」はインパクトを非常に意識した姿勢です。
スクエアアドレスから、クラブヘッドを壁などに押しつけ、頭を動かさず身体全体で力を加えるとインパクトの状態が再現されます
このインパクト姿勢を取りたい為にアドレスがあったと言っても過言ではありません。

また、トップが必要以上に大きくなってしまうと、インパクト付近でクラブをアジャストするのが非常に難しくなってしまいます。
トリガーグリップとアドレスで取った手首の角度をできるだけ崩さずに、テイクバックからトップに持っていくことは練習をする必要があります。

インパクトのイメージを強く持ってアドレスを取り集中すること。
時には、実際にインパクトの位置まで体を動かし、確認してから実際のスイングをしてみる。
(特にややこしい傾斜やライからスイングする場合など)
キャリー15Yのアプローチまではテイクバックで右わきを体から動かさずにスイング出来るので、徹底して練習し、その基本動作を覚えること。

d0133145_19545071.jpgd0133145_1955729.jpg













理論は理論、やはり練習しないと会得することはできません。



インパクトで要求されること 

①インパクトではクラブは加速状態にある。
②体幹の回旋を脚腰のパワー(股関節動作)で生み出している。
③身体自身の重心移動エネルギーが生かされている。
④視力を確保するため頭が動きにくい状態である。中心軸とヘッドステイバックの確保。
⑤傷害の起こりにくいポジションに身体がある。
⑥タイミングのズレが起こりにくい姿勢である。(確率性、正確性)
⑦ねらった所にボールがいくか?(ターゲット意識)

こんなことを考えたら、上と下のインパクトがどちらが条件に当てはまるかわかりますね。

この二つのスイングの違いとメカニズムに選手やインストラクターが気づかない限り、日本人のメジャー制覇は、今のところ松山秀樹プロに頼らざるを得ないでしょうね。


一体いつになったら、「捻転型スイング」が日本の主流になっていくのでしょうか?

ちょっとため息が出てしまいます。

筋骨格系の治療でも・・・・ですね。

# by s-onisi-seikotuin | 2016-05-15 20:01 | スクエアスイング | Comments(6)