「ほっ」と。キャンペーン

タグ:自己治癒力 ( 1 ) タグの人気記事

 

施術と自己治癒力 №1


体の様々な症状を直しているのは患者さん自身の「自己治癒力」です!

風邪をはじめとする内科疾患であれ
筋骨格系の症状(整骨院で診る症状)も
患者さん自身の自己治癒力が「自分の体を治し」ています。

薬や、手術も同じです。
自分の体は自分自身がなおしているのです。

私たち施術家は、症状を分析し
適切な場所に、適切な「手技」「電気治療」「テーピング」等を施し
患者さんの自己治癒力が働くように、体を治していくための「キッカケ」を与え、治癒のための「補助」をさせてもらっています
自宅での「運動」「セルフマッサージ」「仕事や生活上の姿勢改善」も指導し、一日も早い「治癒」のための努力もお願いしています。

時には、精神的な「呪縛」を取ることもきっかけになります。
患者さんの「思い込み」や「痛みの呪縛」を取ることも施術家の大切な仕事です。
いたずらに「不安をあおるような病名」をつけられるだけで症状が悪化する例が多くあります。

レントゲンやMRIなどの「画像診断」も構造的に問題がない場合には安心感を与える良い面と、
症状と関係のない構造的異常が見つかると、「痛み」を増幅させる危険な面を持ち合わせています。

「脊柱管狭窄症」「ヘルニア」「すべり症」、軟骨がこすれて痛いといわれる「変形性膝関節症」
これらは「病名」が患者さんの心を支配し、治らない「負の生活サイクル」に陥ることがあります。
「病名」や「痛み」が怖くて「安静」をひたすら続ける患者さんが「慢性化」「症状の悪化」への道をたどることが少なくないのです。
背中に力がかかると骨がずれる心配があるので重いものを持てない生活になった。
「腰椎ヘルニア」と言われてから運動することがこわくなって趣味のスポーツもやめてしまった。
軟骨や骨が擦り減らないように運動やウオーキングをやめ、家事も休むようになった。
「このままいくと軟骨が擦り減って歩けなくなる」と先生に言われた
「すべり症」があるためにいつまでも腰痛が治らない。

こんな話が実際に数多くあるということが現状です。
痛みに対する「呪縛」や「思い込み」を取ることが「スイッチ」になって症状も変化していきます。

皮膚
ファシア
筋、筋膜、腱
骨膜
関節
神経周膜
血管
内臓
などが痛みを感じます。
対して
骨、軟骨、半月板、椎間板
神経線維、神経根
などは痛みを感じません。

このような「痛み」の基本、「MPS症状」と「しびれ」、「麻痺」の違いを患者さん自身に知ってもらうだけで治る症状もたくさんあります
適切な「施術」とはそういうものだと思います。

東大阪 長田 おおにし整骨院

東大阪 長田 おおにし整骨院ホームページ へ

MPS研究会へ

鍼灸マッサージ師のためのファシア考察
Myorub概論
Fascia research 日本語字幕版

by s-onisi-seikotuin | 2017-01-29 15:53 | 治療 | Comments(0)