連合反応とゴルフスイング

またまた、マニアックなお話です。
連合反応(Associated)という人間の持つ反射とテイクバックとの関係の話。

連合反応とは・・・随意的(意識的)に動かした部分と違う部分に反応が出てしまう反射の事です。
以下説明
一肢の筋群から起きて他肢の筋群に作用する緊張性反射のこと。
人間のもつ両手、両足の対称的、反対称的な連動した動きを誘導する。  
★対側性連合反応
上肢:対称性(上肢片側屈曲でもう一方も屈曲)・・・初心者の動き
      (上肢片側伸展でもう一方も伸展)・・・両肘を伸ばしたままでテイクバック
下肢:内外転・内外旋については対称性、屈伸については相反性

ゴルフのテイクバック時の生体反射について
「直立」や「棒立ち」が人間にとって一番構えやすい姿勢です。
その姿勢を保ったまま下にある小さなボールをクラブで打とうとすると「両手を振り上げ、振り下ろす」になって当たり前かも知れません。
「両手を振り上げ、振り下ろす」は
①連合反応によって両肘を曲げた振り上げ方が自然な動きになります。
初心者の方に何も言わずにスイングしてもらうとほとんどの方が、棒立ちで体を左右に揺すりながら、両肘を曲げた状態で振りかぶり、スイングしようとするはずです。(スカートをはいた初心者の女性に多い?)

今度は「肘を伸ばして・・・」とアドバイスをすると
連合反応で両肘が伸びようとするため右脇が開いたテイクバックからのトップになります。
次に
左手を伸ばしながら右手を引く(曲げる)ように、左前腕は内に、右前腕は外に回すように動かしてみます。すると、よりスムーズにテイクバックの動きが可能になります。
たとえば空手の突きの要領です。空手の突きの練習での両腕は突いたほうの腕と逆の腕は反対の動きをしているはずです。(突いた方の腕が伸展回内、引いた方の腕が屈曲回外という動き)
これは肩甲骨から上腕の連動する動きによる反射だと考えられます。
こう考えるとゴルフでは
両腕を曲げたまま振り上げテイクバックする(杉原輝男プロ風?)
両腕を伸ばし続ける様にテイクバックする(坂田信弘プロ風?)
クラブヘッドと両腕と両肩甲骨は右周りにローテーションさせるようにテイクバックする
この3つの方法が反射を利用したテイクバックの動きと言えるでしょう。

ゴルフでも頭を固定しつつ、体の中心軸(体幹軸)を回旋させることで両手に持ったクラブを振ることが大切です。
つまり、体の中心軸に連動しやすい両腕の動きを考えたとき、中心軸に対してできるだけ直角な動きがパワーロスの少ない、正確な動作につながります
また、パワーのベクトルも一致します。(体幹と両腕)
そう考えると③の両腕と肩甲骨をローテーションさせるテイクバックが、反射の上でも運動効率の上でも優れていると考えられます

また、①と②によるアップライトなテイクバック(クラブを両手で持ち上げるテイクバック)は、三角筋、僧帽筋、菱形筋の収縮による担ぎ上げ動作を生みやすく、トップを意識的に作ろうとしがちで筋肉で支える動作になりやすいかも・・・ですね。

★以前、一般の方々(ほとんど初心者)にアップライトに上げるテイクバックとフラットなテイクバックから、スイングしてもらってインパクトのヘッドスピードを計測しました。
結果は・・・フラットなテイクバックの方が、よりヘッドスピードが早くなるという結果が得られました。(これホント!)
d0133145_214971.jpgd0133145_2150617.jpgd0133145_21505088.jpg

おおにし整骨院ホームページ(新) へ





















杉原プロ、すいません!クラブを2本持ってはりました~?
V.シン選手はローテーション型
コメント頂いた かずくんのホームページ へ














日曜日のゴルフは2回連続の雨のあと、初霜デー、そして今日は雪で名阪国道が通行止めのため、たどり着けず~!サンデーゴルファーをなめとんかいっ~!!

クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」
クリックすると→「スクエアグリップ」

by s-onisi-seikotuin | 2012-12-09 13:32 | スクエアスイング | Comments(2)  

Commented by かずくん at 2012-12-09 14:09 x
こんにちは。
かなりマニアックですすね(笑)。
でも、自分にとってはタイムリーな内容です。

一軸でスムーズにテイクバックしようとすると「③」になるのかな~と、迷っていた時です。体重移動が少ないのですから、①と②ではリバースピポットになり易いのではないでしょうか。

今まで、②に近いイメージでアップライトに上げていました。
左に行くのが怖いのか、自然にそうなってしまいました。
そんな事で③にしたいのですが、ダウンスイングからの下半身の使い方をマスターする必要があるようです。

やはり、適切な股関節の習得以外が大前提のようですね。
大変、苦手なんです(涙)。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2012-12-09 18:26
今日はラウンド中止で練習日になりました。

そうですね~。「身体の軸をできるだけ動かさずにパワーを得る」には小さな動きで効率よく動くことが必要です。
「両腕と肩甲骨」はローテーションさせる方がスタック&チルトをはじめとする左一軸(スクエアスイングも含む)スイングでは必要かもしれません。
股関節については常に意識しておかないと、私も含めたBタイプはルーズになりがちかも・・

身体の使い方については、上半身も下半身も「モリを突く動作」をマスターする事ですね。
スクエアスイングのほとんどのエッセンスが詰まっています。
いつか「ああ、これか!」とわかって頂けると非常にうれしいです。
傾斜地の説明はゴルフ場で画像を撮ろうと思ってますので、もう少し先になります。
すいません!
また、そちらに伺います。

<< 自宅でできる脊柱矯正法 (MP... スポーツと小脳(練習の意味) >>