人気ブログランキング |

スクエアアドレス もっと深く

久々のスクエアスイング解説です!

まず、なぜこんなアドレスが浮かんだのかのお話

以前に(7年くらい前)キッズゴルフのゴルフ大会の試合前に、子供達のけが防止のためのお話を父兄と子供達の前でしたことがあります。
色々な話の後で、父兄の一人から、「あなたの考えるスクエアなアドレスは?」と質問を受け、当時考えていた私なりのアドレスをご披露しました

壁に両肩を押し当て、両手のグリップをずらし、股関節から前傾し、頭を動かさないで・・・
腰、膝を壁に平行に左に寄せながら両手とクラブをボールの位置に持っていく。


それをご覧になったお父さんは「それを書いた本はないのですか?」とおっしゃいました。
私はそこまで興味を持たれるとは思っていなかったので非常に印象に残ったのを覚えています。

それ以来、少しずつスクエアアドレスとそれに伴うスイングをより深く考え始め、左サイドに運動軸を持っていくことで現在の形になりました

両手を体の正面でグリップする時点で、体のどこかにひずみのあるアドレスになってしまいます。
グリップは体の右サイドで作ることで、肩と腰、膝がターゲットに対して平行になり、体のひずみも取り去ることができます。
そこから平行移動し左股関節に軸がはまった感じのアドレスが完成したときには、ほとんど体のストレスは取れています
インナーマッスルでアドレスの形を取っているために体の力感がほとんど無くなるのです。
アウターマッスルが働き出すテイクバックでさえ、左肩の力を抜いて(左サイドを消す)下に下げていく時には力感はあまり出ないはずです。

トップで下半身や体幹のストレッチに少し力感を感じるかもしれませんが、本当に体の力を発揮するのは切り返し以降からインパクト直後になります
多くの人のスイングはトップを形作ることで力の大半を使い果たし、肝心の「インパクトで力が抜けてしまう」という無駄な動きをしてしまっています。
パワーロスのあるスイングは一目見てすぐにわかるのですが、実際に動作するのは難しいものです。

でも、「基本はスクエアなアドレスから」でしょう。
次は、体の使い方・・・「インパクト以降でマックスのパワーをボールに乗せる」というもう一つの基本を追求していく事です。
これはアプローチやパターにも共通の基本だと思います。

「わからなくなったら戻れる基本を持つ」ことが大切です
「インサイドアウトに振る」などの「その他の技術的なアドバイス」は全て基本が出来てからの話であるはずです。

ここで一つ大切なスクエアアドレスの秘密を・・・
股関節から前傾した時点でクラブのフェースはややオープンになっているはずです。
その状態から腰と膝と「肩」を平行移動するとアドレス時のクラブフェースはオープンになっているはずです。
ドローを打つにしてもオープンすぎるので、両肩はアドレスセット時にややオープンにします。
腰、膝はターゲットに対して平行ですが、肩はややオープン・・・がスクエアアドレスの正しい形です。
「もっと早くに言ってくれよ」という声も聞こえますが、気づいていた方もいらっしゃるはずです。
全てを明らかにするよりいいですよね。
ちょっと意地悪い?   へへっ!

d0133145_21232749.jpg
















クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→「スクエアグリップ」
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

おおにし整骨院ホームページ(新) へ

コメント頂いた かずくんさんのブログ

by s-onisi-seikotuin | 2013-09-10 08:57 | スクエアスイング | Comments(2)  

Commented by かずくん at 2013-09-15 18:42 x
こんばんは。

肩はオープンですか(汗)。
全く気が付きませんでした。グリップで調整していたようです(笑)。

問題は根本的な欠点を修正しない限り、「バランスの取れたスイングって難しい」と思うようになりました。
気持ち良く振れる事が第一なんでしょうが、気持ち良く振ると色々問題が出ます(涙)。

右脇がガバッと開く悪い癖の修正方法を何とか見つけました!!。
ここまでくれば、スクエアスイングを極めるだけです!!
って、甘いですかね(^_^;)。

ところで、台風は大丈夫ですか??
Commented by s-onisi-seikotuin at 2013-09-15 23:26
コメントありがとうございます!
スクエアグリップして股関節から前傾するとクラブはややオープンになります。
このオープン分だけ肩が開くというだけで、「非常に大きな問題」とまではいきません。
ちょっとしたドローを持ち球にするのであれば、ややオープン、フェードを持ち玉にするのであれば、もう少し肩を開けばいいと思います。

確かにテイクバックで右脇は開きすぎないのがいいですね。
傾斜地のスイングは、決してフルスイングしない事、ややオープンスタンス、インパクトの姿勢をルーティーンに入れてそのイメージを保ってスイング・・・です。
他にもありますが、後日ということでよろしく!

明日、台風予報の中でもラウンド予定です。
究極の雨男・・・かな?

<< MPS研究会とお勉強 整骨院へ行こう!!推進委員会 >>