スクエアスイング 傾斜地3

d0133145_14245443.jpgd0133145_14251575.jpg















傾斜地でのスクエアアドレスも3段階でセットしていきます。

①アドレスは飛球線よりややオープンボール位置をいつもより右足寄りにするため)にし、スクエアグリップを取って準備します。
このくらいの傾斜になると、傾斜地に対して垂直に立ちます。
両脚は車のショックアブソーバーの様に,多少傾斜側に体重がかかって少し伸び気味、反対側の膝は少し曲げられています。

②そのまま、股関節から前傾姿勢を取ってアドレスの第1段階です。

d0133145_14253472.jpgd0133145_14255564.jpg















頭の位置を動かさないまま脚と腰を飛球線に沿って平行移動し、クラブをボールの位置に持っていきます。
飛球線に沿って平行移動するのは、スイングをあまりスライス軌道にしたく無いためと,左股関節を中心にに軸を意識させたいためです。
オープンスタンスなりに左の軸(股関節)までゆるんだ状態でスイングすると、スライスボールしか出なくなります。

④次の動作が非常に大切です。

アドレスから、少し膝と両肩を動かしてインパクトの位置に体を持っていきます。
インパクトとスイングのイメージを体に焼き付けるための動作になります。
自分の打ちたいボールイメージとインパクトが一致するように動作をする事が大切です。
これで、体の筋肉にインパクトの状態を記憶させることができ、スイングの再現性にとって非常に有効な動作になります。
この後、元のアドレスに戻って、時間を置かないでテイクバックを始動し、スイングを始めて下さい。
筋肉は、その直前の動作を記憶する事ができるので、イメージしたインパクトの状態に戻りやすくなり、正確なインパクトが可能になります。

複合傾斜でどのようにスイングすればいいのかわからないような時ほど、このプレインパクト動作が必要になります。
ボールの打ち出し方向、高さ、球筋、体のテンションのかけ方、スイングフォローイメージなどを色々とイメージした後で、実際にスイングするとそのイメージに近いボールを打つことができます。

ラウンド数の少ない人は、練習場で色々な場面を想定して練習する事もおすすめします。

傾斜を想定したり、障害物があると考えて大きなフックやスライス、思い切り高い球、低い球を打つ練習するのも非常に大切です。
基本スイングの動きと応用スイングのギャップを埋める事は実際のラウンドで役に立つと思います。

以前にお話したゴルフ解剖学でのボディ アウェアネス・・・body awearness・・・(身体感覚、身体への気づき)・・・その瞬間、瞬間における空間での身体の位置を感じ取る能力・・・を高める練習になります。

傾斜地でのスイングでは練習場の時と違って身体のバランスやクラブの位置が微妙に違います。ラウンドを通じて、基本、ティーショットを除いて同じライはない訳です。
その時々の状況に合わせて、クラブを正確にスイングするのに「ボディ アウェアネス」の能力が大切です。


d0133145_14405730.jpgd0133145_14411690.jpg













  左 傾斜アドレス①             右 傾斜アドレス②

d0133145_14414367.jpgd0133145_2034598.jpg













  左 傾斜アドレス③            右 傾斜アドレス プレインパクト

クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→「スクエアグリップ」
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説


おおにし整骨院ホームページ(新) へ


コメント頂いた かずくんさんのブログ

by s-onisi-seikotuin | 2013-11-03 22:19 | スクエアスイング | Comments(2)  

Commented by かずくん at 2013-11-04 21:50 x
こんばんは!。

これはノウハウが一杯詰まっています。ボディ アウェアネスやプレ動作。
基本動作の確認と応用動作による幅を広げる練習の積み重ねでしょうか。

ホント、時間が足りないですね。

前々回は、つま先上がりから綺麗に捌けたのですが、今回はOB打っちゃいました(涙)。
アプローチでも良いので、本文にも書かれていますがシッカリとイメージ作ることが大切なんですよね。
最近練習不足でイメージ出来なかったかとが痛かったです。

左脚下がりからでは、ピンまで150Yの打ち降ろしでバッチリカット打ちが成功しました。グリーンが読めずに3Pしてしまいましたが。

それからパットの方、おかげさまでラインが出しやすいです。数字がついてこないのは、グリーンが読めていないだけですので(涙)。
グリーンが大きすぎて、上り下りを良く間違えてしまいます。これも経験なんでしょうね。

それでは、失礼します^^
Commented by s-onisi-seikotuin at 2013-11-04 22:11
コメントをありがとうございます。

いつもながら、この難解なブログをよく理解していただいて驚きます。

「ボディアウェアネス」は基本スイングでも大切だと思います。
どんな上級者でも同じスイングを続けるのは難しいですから、一球ごとに何かしらの調整を行っているはずです。特にラウンド中の、一球が勝負の場合は特に。

それが優れている人は、スイングが多少おかしくても、良いスコアで回れたりするんじゃないかと考えたりします。
上級者が全て「きれいなスイング」じゃないですからね。

・・・かといって、理想のスイングを追求しなければ、このブログも終わってしまいますから(笑)

理想のスイングをもっともっと語っていきますよ。

パターはホントに難しいですね。
私自身もグリップをちょっと太めに変えたとたんにおかしくなって、すぐに元に戻しました。
おかげで自分のパッティングスタイルが理解できましたけど。
色々試してみて、自分に一番合ったスタイルを探して下さい。パターは自信が大切だと思います。
これからも宜しくお願いします。

<< 膝軟骨再生医療 続き 続 生きる >>