スクエアスイング コックを保ったままインパクト

前回お話した「ダフリ」を防止する方法から、インパクトでのコッキング意識について話を深めていきます。
スクエアアドレスで作ったグリップから、トップで自然にできるコックを保ったままでインパクトを迎える意識です。

「コックを保ったままインパクト」は非常に難しい動作です。
意識しすぎると右へプッシュアウトしますし、初心者の間のスライス打ちでは、ますますスライスに磨きがかかってしまうかもしれません。
コックに意識がいきすぎて強くグリップすることで別のミスも出やすくなります。
今までのスイングイメージと大きく異なる事が壁となります。

でもこれを練習で乗り越えないと先へは進めないと言うことです。

そのためにスクエアアドレスがインパクトを教え、「スクエアスイング」が体の動きを教えてくれる重要な要素、ヒントになると思います。


スクエアグリップからスクエアアドレスをして、テイクバックを始めます。
頭をその位置に保ったまま、「左膝を曲げ、左肩を下げるテイクバック」をしていくと自然に左肘が伸び、右肘が曲がり、グリップも自然にコッキングされていきます。

スクエアスイングのアプローチの様に右手の平を意識してやると、右手の平は左肩を横切る左上腕上に沿って手のひらも上を向きます。(これが出前持ちスタイル)
d0133145_19124525.jpgd0133145_19164122.jpg














この時にできる両手の平のコッキングを保ったままインパクトでボールをひらっていく意識が「ダフリ」を防止し、ボールをダウンブローに打ち抜いていく最大のコツになります。
正しいスクエアグリップからトップに入ると、左手の親指の上と右の親指と人差し指のトリガー部分にグリップからクラブの重みを感じることが出来ます。
そこからさらに手の甲側にコッキングが入るといわゆる「シャフトクロス」の状態になりやすいので、このコッキングを保ったまま静かに切り返す必要があります。
にそれ以上のコッキングは必要ないと言うことです。

コッキングは、両手がガチガチに力の入った状態でもダメですし、逆にユルユルすぎてもインパクトが乱れます

このコッキングとインパクトのタイミング、スイング軌道が最適になるように体全体のリズムを合わせる練習が最も重要な練習になります。
コッキングを保ってインパクトでボールを拾っていこうとすると、左肩が大きく開いたインパクトになりやすく、そうなるとスライス系、もしくは左引っかけのボールが出やすくなります。
モリを突く動作を思い出しながら、コッキングを保ってゆっくり体の動かし方をチェックしてみて下さい。
多分、この二つを同時に行うことが未体験の動きになるはずです。

ショートスイングより小さいアプローチのスイングでも、「ダフリ」をなくす為に必要ですし、これが非常に難しい運動であることを理解しなくてはいけません。


残念ながら、この動作をマスターしないと、「ダフリ」とスライスからお別れすることは出来ませんから、ちょっと気が遠くなる人も出てくるかなあ~。

d0133145_2211530.jpgd0133145_22112430.jpg












クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→「スクエアグリップ」
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

コメント頂いた かずくんさんのブログ
おおにし整骨院ホームページ(新) へ

by s-onisi-seikotuin | 2014-01-11 20:37 | スクエアスイング | Comments(2)  

Commented by かずくん at 2014-01-13 21:11 x
こんばんは。

非常にメカニカル的なスイングであることが良くわかりました!!。
グリップから全てに渡って、全てが一貫しているのですね。

今日は、アプローチで50Y未満とバンカーで試してみました。勿論、フルショットでもやっているつもりですが(汗)。

30y以下のアプローチでは、特にインパクトを意識しないで運べるイメージが出てきました。
硬いグリーンでも止められるので、即実践で活用できすです!!。

スライスとは縁がないのですが、ダフリは常連でして(笑)。
右手のトリガーの件、相当意識しないと忘れてしまいます。
まだまだ先が長く、本当に遥か先にボーっと見える程度ですが、何とかものにしたいですね!!

Commented by s-onisi-seikotuin at 2014-01-13 23:09
コメントありがとうございます!

あまり技術的な事は、プロでもない私が言うのもどうかと思うのでなるべく控えています。
でも、それもお話しないと具体性に欠けますし、つらいところです。

「身体の構造上から理想のスイングを追求」が趣味のライフワークです。自分自身のゴルフも途上だと思っていますし、一緒に追求していきましょう。

ダフリはコッキングのインパクトでのゆるみ、シャフトクロスはオーバーコッキングの可能性が高いのでその辺を考えて練習されるといいと思います。

・・とかいって昨日のラウンドで私も100Yをダフっています。お恥ずかしい~!

<< 頚肩腕症候群もMPS(筋膜性疼... スクエアスイング ダフリについて >>