キネティックチェーンとスクエアスイング №3

d0133145_14272672.jpg










③「スパイラルライン」・・・体幹回旋時の安定

頭、頚板状筋、大、小菱形筋、前鋸筋、外、内腹斜筋、大腿筋膜張筋、腸脛靱帯、前脛骨筋、長腓骨筋、大腿二頭筋、仙結節靱帯、仙腰筋膜、脊柱起立筋

身体を二重ラセン状に取り巻いているスパイラルラインは脊柱起立筋を除き上半身は主にインナーマッスルの筋群です。
アドレス時の静的な安定よりもテイクバックから始まる体幹のひねり動作時の安定に関わっています。
例えば、テイクバック時に頭を動かさないで身体を右に回旋した場合を考えます。
(股関節、膝屈曲時)
左の頭、頚板状筋は収縮、反対側(右)の菱形筋までが収縮(右上腕の屈曲に対応して)します。
これが、身体の後面の筋肉の動き。
体の前面は・・・
右前鋸筋からつながる右外腹斜筋から、反対の左の内腹斜筋までは伸張し、反対側が収縮してバランスを取ります。
つまり、身体の前面は左下から右上まで斜めに伸張、背面は右下から左上までが伸張し、テイクバック以降の伸張反射で巻き戻しのパワーを発揮していきます。

骨盤から下の下半身は上半身とは逆の動きになります。
左の内腹斜筋からの流れは続き、左大腿筋膜張筋、左腸脛靱帯、左前脛骨筋、左長腓骨筋は伸長します。
右側は逆の事が起こり、収縮して身体が右に流れないように働きます。
このようにして体幹のひねり動作のバランスを取り、中心軸の安定に働くという訳です。
もちろん、この動きは腰反射や連合反応に関わっていると考えられます。

左サイドの脚は屈曲(部分的に収縮)、右サイドの脚は伸展(伸張性収縮)し、右サイドへの身体の流れを止める作用を起こします。
ここからバンプ動作という両膝の平行移動が起こり、左サイドに運動軸が出来てから、今度は左脚が伸び上がる動作を始めインパクトを迎えます
バンプ動作の意味はキネティックチェーンの始動と共に、左脚サイドを一旦収縮させた後に、伸張性収縮で左サイドに壁を作るという意味もあります。
左脚はインパクト直前から伸び上がる動きになりますが、この前の動きはジャンプする時の「膝屈曲→膝伸展でジャンプ」と同じ動作になります。
この動きは股関節からの前傾による姿勢と膝の屈曲がキーポイントになります。

また、バンプ動作によって、左の軸が固定され股関節が右回旋を始めた後に、、下半身からのキネティックチェーンは、左の内腹斜筋、右外腹斜筋から右前鋸筋へと伸長反射を起こし、上半身のトップを切ってパワーを発揮していきます。
左右の大腿二頭筋は脚の後ろ側のバランスに、脊柱起立筋はねじられながらも中心軸を保つ作用に貢献しています。
d0133145_2212538.jpg












今までお話した、アドレス、テイクバック、トップまでの体幹の動き、バンプ動作の後の切り返しから体幹の巻き戻しに関わる筋群。
これに次回お話する体幹のアウター筋群「ファンクショナルライン」を加えて、スクエアスイングのメインエンジンとなります。

最後に一番力感の感じられる肩から上腕、前腕の筋群「アームライン」がインパクト付近で働くことでキネティックチェーンは完結します。


緊張性腰反射(Tonic lumbar reflex)・・・股関節から上の回旋
上半身を回旋すると、回旋側上肢で屈曲・下肢伸展、反対側で上肢伸展・下肢屈曲する。
(テイクバック時には右腕は屈曲、右脚は伸展 左腕は伸展、左脚は屈曲)
☆連合反応・・・一肢の筋群から起きて他肢の筋群に作用する緊張性反射のこと。
人間のもつ両手、両足の対称的、反対称的な連動した動きを誘導する。  
対側性連合反応
上肢:対称性(上肢片側屈曲でもう一方も屈曲)・・・初心者の動き
      (上肢片側伸展でもう一方も伸展)・・・両肘を伸ばしたままでテイクバック
下肢:内外転・内外旋については対称性、屈伸については相反性



クリックすると→スクエアアドレス画像解説!!!
クリックすると→「スクエアグリップ」
クリックすると→スクエアアドレス「腰と腕の動かし方」
クリックすると→「モリを突く動作」画像解説

コメント頂いた かずくんさんのブログ
おおにし整骨院ホームページ(新) へ

by s-onisi-seikotuin | 2014-02-08 19:57 | スクエアスイング | Comments(7)  

Commented by かずくん at 2014-02-09 18:59 x
こんばんは。
雪は大丈夫でしたか。
私は、雪と格闘して、指まで筋肉痛です(笑)。

ところで、「テイクバックから始まる体幹のひねり動作」なるほどですね。動かしてみると分かりましたが、そーなんですよね。

前面と後面はでは、そんな動きが起きているんですね。
折角、無意識で出来ていた動きを間違った方向に動かそうとすると運動にならないですね。

「テイクバックでは右サイドは収縮」
これが・・・・・・、最大のウイークポイントみたいです。
かなり、苦労して調整しています(涙)。

>ここからバンプ動作という両膝の平行移動が起こり・・・

ここが大きなポイントですね!!
これが起こらなければ、後は体力に任せて振り回すしかなさそうです。

ところで「バンプ動作」なんですが、「腰の平行移動?」みたいなイメージがありましたが、大きな間違いなんでしょうか。

何れにしても、こいつを何とか料理して動画風に仕上げたいですね。
凄い内容だと思います。
もっと熟読すれば、また何か新たな発見が・・・・、ってそんな簡単には行かないですよね(汗)。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2014-02-09 19:19
こんにちは!
月例は雪で来週に順延になりました。・・・しかし、来週は仕事で行けません(涙)
さすがにかずくんさん、読んでくださっていますね~。
両肩のラインはセンター軸に対して平行に回旋しているのが大切な要素です。
さすがに私の稚拙な画像編集能力ではここまでしかできません。
なにか上手く画像で料理して、わかりやすく解説といきたいところですが・・・。

また、お知恵を貸してください。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2014-02-09 19:23
「バンプ」は「腰の平行移動」でいいです。
ただ、テイクバックでは腰は右に回旋しているので、表現が難しいですね。
平行移動して位置エネルギーを左に変換、左脚に運動軸を切り替え・・などの作業ですね。
Commented by かずくん at 2014-02-09 21:56 x
バンプの件、ありがとうございます。

腰が右に回旋し左側が低くなりますよね。
ダウンスイングで、テイクバックと同じ軌道で回旋させると、「左脚の伸び上がるタイミングが早すぎる」と言うことでしょうか。
だから地面に対して平行移動させ、「左サイドの伸び上がりを防止する」。
っと理解していますが、どんなもんでしょうか。

月例、残念ですね。
自分は、23日にエントリーしちゃいました!!
Commented by s-onisi-sikotuin at 2014-02-09 22:36 x
バンプはキネティクチェーンの初動作だと考えたらいいですね。
テイクバックでの体幹を戻すための最初の動きです。
バンプしないと、キネティクチェーンは不完全なものになってしまいますから。
Commented by かずくん at 2014-02-14 18:46 x
こんばんは!!
お疲れ様です。

正しく股関節が機能すると何が起こるのか、今更ながらやっと分かりました(涙)。

だから、腕の脱力が必要なんですね。
それが出来れば、スイングプレーンも安定してくると思います。
腕さえ邪魔した動きをしなければですが。

テイクバックでは左膝を曲げ、ダウンスイングではバンプする動きで途切れの無いキネティクチェーが起こるのですね。

頭で理解できただけで、実際の動きはこれからですが、一度体験しているのでこれからが楽しみです。
Commented by s-onisi-seikotuin at 2014-02-14 22:44
かずくんさん、こんばんは!
また、雪で大阪も大変でした。電車で通勤しましたよ。

キネティックチェーンは連動して起こしていく伸張反射(もちろん随意運動を含みますが)なので、腕の出番は最後のインパクト付近になります。
そのために腕や手をどうやってテイクバックしていくかも重要な要素になりますね。
それはこのシリーズの後半でお話していきます。

こうご期待!

<< キネティックチェーンとスクエア... キネティックチェーンとスクエア... >>