2018年 05月 20日 ( 1 )

 

新 スクエアスイング 骨格で支えるグリップ

以前、中嶋常幸選手が「パターのグリップは骨で支える」とか言っておられました。
スクエアアドレスではパターはもちろん、ふつうのグリップもスクエア骨格で支えます
特徴は
「芯を外した時に、インパクトで当たり負けしないので、同じ距離が出やすい」
「いつも同じ軌道でトップまで入りやすい」
ということです。

グリップを考える時にまず、グリップのスクエアを考えてみましょう。
両肩をスクエアにした状態で両手を前に突き出し、この状態からグリップをするように両手のひらをずらしてみて、ゆがみが出ない状態がグリップのスクエアと考えられます。
d0133145_22182688.jpgd0133145_22185810.jpgd0133145_22192393.jpgd0133145_22263267.jpg















左手の延長線上にクラブのシャフトがきていれば理想的
です。身体から直角に生えているようなグリップはスクエアではありません(写真一番下左・・・おすすめしないグリップ)。
グリップした左手と右手にゆがみがあるとスイング中にひずみが出る可能性が高くなるので注意しましょう。気持ち左右の手のひらが下を向くと思います。腕を真下に下した状態から、前にならえのように、上に上げると手のひらは上を向き、また、腕を下げると手のひらは下を向くからです。(PNF運動参考)
この状態の両手のひらが身体全体から見てもグリップのスクエアだといえます。
また、グリップした先にクラブヘッドがあれば、クラブヘッドのトウ側は少し右に傾いています。

d0133145_22301368.jpgd0133145_22304727.jpgd0133145_2231171.jpg












①背筋を伸ばし、立った状態でグリップを作ります

②左手の小指と人差し指を曲げた状態で手のひらとクラブフェース面が平行になるようにクラブを支えます。
③その時「小指と人差し指」と手のひらの「小指側手のひらのふくらみ」で支えるつもり。(前腕に力を入れて支えないように)
④同時に右手を写真のように「中指と薬指」を曲げ、右手を左手に対して横から添えるようにグリップします。
⑤「中指と薬指」と親指側の手のひらのふくらみで左手の親指とクラブを包みます。
⑥そして、握りこむときに右手の親指と人差し指でできる「トリガー部分」で左手の親指を包み込むようにグリップします。

横から見て身体(背筋)に対してクラブがほぼ直角になるように支えます
その時に、クラブとシャフトでできる角度はクラブのライ角より少しアップライトになるように体から離してください。
これで手にほとんど力を入れない状態でもクラブを支えることができるはずです。
左手の親指はややフックになり、このグリップをするとトップで親指がクラブを支える位置に入ります。
また、右手が上からかぶりすぎてグリップすると、インパクトで当たり負けしたり、両手首のローテーションが起こりにくくなり、ボールが上がるが前に飛ばなくなるので注意です。(右手の母指球で上から包み込みすぎないように)
大切な事は
右手の親指と人差し指が、トリガー(拳銃の引き金を引く形)になっていること
右手の拇指球のふくらみでしっかり左親指を包み込むこと

です。
テイクバックの時にほんの少しトリガー部分を意識しながらクラブを上げていくと、トップの位置で左手の親指とともに、グリップのオーバースイングを防止することができます
ここがトリガーになっていないアマチュアがほとんどであるということが、「オーバースイング」や「シャフトクロス」の原因であることも知ってほしいと思います。

トップの位置でこの親指の支えとトリガー部分が外れる場合はテイクバックが大きすぎるか、スイングにゆがみがあると考えられます。
いわゆるクォータースイングでこの位置に入るはずで、極論すればクォータースイングの切り返し(トップ)が正確性と飛距離の両立を考えたときに正しいトップの位置だと考えられます。(ただし、実際にはクラブと体の慣性によって、長いクラブほど少し動いてしまうはずですが)

このグリップをした上で両手を下から突きだして前に伸ばして下さい。
これも非常に大切な動作です。
両手の上腕と胸でもクラブを支えている感じがすれば、正しい動作になっています。

逆に両手を上から降ろして胸の上に上腕が乗っているグリップは両肩に力が入ってしまい(菱形筋、僧帽筋などの緊張を起こしやすいので)いかり肩のアドレスになりがちです。
これには注意が必要です。
これで、ほとんど手や腕に力感なくクラブを支え、ねじれ感もなければ、「スクエア アドレス」のグリップ第一段階の完成です。

この後、スクエアアドレスをセットするときにもう一つ大切なことがあります。
正しいスクエアアドレスができた状態でクラブのライ角より少しハンドダウンのセットした状態で、右手の手首を軽く固定します。
これが、もう一つのポイントになり、スクエアグリップの「隠し味」になります。
インパクトの状態に、より近づき、インパクトのイメージもわいてきます。
右手の拇指球で左拇指をくるんだことと、右手の角度をロッキングしたことで、
インパクトで、芯を外しても当たり負けせず、毎回同じ距離を打ちやすくなります

d0133145_11522337.jpgこのグリップが「骨格で支えるグリップ」です。
握り加減、力加減についてですが、特殊な場合を除いて「あくまでソフトに・・・」グリップしてください。
ソフトにグリップしても、骨格で支えているため、ブランブランの柔なグリップにはなりません。
よけいな手の力、腕の力を抜いて動作ができるという「スクエア スイング」の核でもります。
クラブが左手の延長にある状態が「スクエア」です。身体とグリップにストレスを感じないと思います。
ここからどうアドレスするかは ゴルフ スクエアスイング№3 (スクエアアドレス)へ
一度試してみて下さい。








下二つのグリップはおすすめしません。
左は身体から直角にクラブが生えています。右はトリガーがはずれています。
d0133145_2333077.jpgd0133145_233547.jpg



        



by s-onisi-seikotuin | 2018-05-20 20:52 | スクエアスイング | Comments(6)