人気ブログランキング |

当院の三本柱

当院の三本柱

伝承の技「ほねつぎ」と「ファシアリリース」

「柔道整復術」「ほねつぎ」とは
柔術・柔道でおこるケガを治す「活法」として伝承された技術
です。

単なるマッサージではなく、「整復」という手技で関節、ファシア(筋膜などの軟部組織)の「ねじれ」「動きの悪さ」を元に戻し、痛みや損傷を治していきます。

保存療法としてもすぐれ、日々、患部の状態を確認しながら早期に回復させるという特徴があります。

また、体の組織の「ファシア」という部分に注目した施術も必要です。

「筋膜」だけではなく、「ファシア」に「痛み」の原因があることがほとんどです。

これからは「ファシア」という組織が治療の対象になっていくことは間違いないでしょう。

☆ぎっくり腰・膝の痛み・寝違い・肩の痛み、違和感・肘の痛み・手首・指・踵・背中・肩甲骨の痛み等

*骨折があった場合でも「捻挫」による痛みの方が強いことがあります。

*捻挫した時は痛くなくても、そのあとで痛くなることが多いです。

*「整復」という施術でほとんどの痛みが取れることがあります。

*「手術」より「保存療法」で治ることが多いです。

*痛むところ以外が「痛みの原因」であることが多いです。

*痛みの原因の特定☆「見立て」が最も大切な「施術」です。

アキュスコープ・マイオパルス

NASAで開発されたこの器械は、「痛みを取る」「損傷を治す」ことに特化しています。
人間の傷ついた細胞の電気信号を読み取り、計算し、正しい電気信号に変換して体内に送りこむことで、「痛み」や「損傷」を正常な状態にもどしていきます。

究極の「オーダーメイド治療」です。

ケガを早く治したいトップアスリートはもちろん、一般の患者さんも初回からその効果を感じていただけます。

アキュスコープ

神経系に作用する器械で、特に「痛み」を取ることに最大の特徴があります。

脳にも働き、慢性化され、記憶された「痛み」まで緩和させることが出来ます。

もちろん、急性痛にも作用し、ぎっくり腰、寝違いの痛み、坐骨神経痛、頸部からくる痛み、筋骨格性の痛みから、頭痛、歯痛まで、いろいろな痛みの改善とそのスピードにはみなさん驚かれます。

また、アキュスコープを使った「美顔」も好評です。

マイオパルス

筋骨格系の損傷を治すことに特化した器械です。

捻挫、打撲、骨折、脱臼、肉離れなどで損傷した組織を驚くほどのスピードで

改善させることが出来ます。

アキュスコープと組み合わせて使うことで、効果はさらに期待できます。

当院ではアキュスコープ・マイオパルスを手技と組み合わせることによって、患者さん一人一人に最適な施術を行っています。

ハイチャージ

ドイツで開発された器械です。EMS(筋肉を動かす治療器)としても使えます。

最大の特徴は「体の中のミトコンドリアを活性化」できることです。

ミトコンドリアは細胞の中に存在する「エネルギーを作る細胞」です。

ミトコンドリアが活性化されると「持久力」が上がりスポーツパフォーマンスが向上します。それだけではなく、年齢を重ねた方でも、若々しく健康な体を取り戻し、維持することが出来るようになります。

ミトコンドリアが活性化すると起こること

☆疲労回復・スポーツパフォーマンスアップ(持久力アップ)・快適な睡眠・自律神経の改善・更年期症状の改善・肩こり、頭痛、耳鳴り改善・アンチエイジング・認知症予防・脳の活性化・がんの予防・損傷の早期回復・体質改善・ダイエット効果・肝機能向上

☆ハイチャージのメリット・・・体の充電

1回目・・・疲れが取れる・寝つきが良くなる・目覚めすっきり・スポーツパフォーマンスアップ

5回目・・・慢性痛の改善・疲れにくくなる・肝機能アップ・ケガの早期回復

*継続(12週間に1回)・・・体質改善・アンチエイジング効果・免疫力アップ


おおにし整骨院では伝承された「ほねつぎ」の施術を基本に、常に新しい知識、理論を取り入れ、レベルを上げる努力をしています。

開院以来、変わらないのは「早く痛みを取り、早く損傷を治していく施術」「患者さん一人一人に合わせた施術」を目指すという事です。


初心を忘れることなく「心を込めて」患者さんに向き合っていこうと思います。





# by s-onisi-seikotuin | 2019-05-29 14:05 | 治療 | Comments(0)  

二台目のアキュスコープ


d0133145_09044419.jpg

d0133145_10073303.jpg


d0133145_09051639.jpg

二台目のアキュスコープを導入しました。
干渉波も低周波も無くなり、アキュスコープとハイチャージが2台ずつ、マイオパルスが1台という物療器構成になりました。
良いものは取り入れ、常に新しい施術を取り入れていくという考えが「おおにし整骨院」の特徴です。
最近、2台目のアキュスコープが施術に必要だと感じ、この形になりました。

アキュスコープの治療器としての「スゴさ」は以前から感じていましたが、最近、新しい通電方法を試したところ、より効果が出るようになって、私自身が驚いています。

急性の症状にはアキュスコープ
慢性の症状にはハイチャージ
そんな使い分けを考えて使っていましたが
アキュスコープも慢性痛、慢性症状にも効くことがわかりました。

座骨神経痛や頸肩腕症候群など時間のかかる症状も患者さんの負担が少なくなります。

また、最近始めた、アキュスコープを使った「大人の美顔」も好評です。
そのためのベッドも導入しました。

決して物療器の性能だけが施術の質を高めるのではありません。
知識も手技も常に向上させることは必要です。

これでダメならこれ

そういう施術の「武器」をたくさん用意しておくことが大切なんだと思います。

これからも、より良い施術を目指して頑張っていくつもりです。

よろしくお願いいたします。

# by s-onisi-seikotuin | 2019-03-25 09:06 | 治療 | Comments(0)  

おおにし整骨院  施術方針と14周年の感謝

この2月で「おおにし整骨院」の開院14周年を迎えます。
右も左もわからないまま、自分の施術所を開院したときに考えていた「施術方針」
自分とスタッフが、共通認識して患者さんに接していきたい「想い」を
まとめたもので、今も施術所の中に患者さんを含め、誰もが見れるように掲示しています。
あれから、14年経ち、施術内容も進化した今も、同じ「想い」で毎日の施術に臨んでいます。
開院前から今まで、私に師事していただいた多くの方々に感謝です。
そして、今まで来院していただいた数多くの患者さんにも感謝です。

そして「神経系と構造系の両方の完治を目指す」「オーダーメイド施術」
という考え方を教えてもらったのは
なんと、「アキュスコープ」と「マイオパルス」という治療器です。
これがなければ、今の「おおにし整骨院」は存在していなかったでしょう。
知る人ぞ知る「アキュスコープ」と「マイオパルス」ですが
この治療器が起こす数々の結果を見ていると、このことを思い知らされます。
治療器械に施術の基本を教えてもらう・・・私らしい事実です。認めざるを得ませんね。

明日からもこの基本の施術方針を指針にして頑張っていこうと思います。

                   
       おおにし整骨院 施術方針

Ⅰ患者様の目線に立った施術を基本とすること

①痛みを感じる感性を日々磨きます。・・患者様の痛みを自分のものとして感じる事を忘れずに。
②オーダーメイド施術が目標です。・・一人一人の患者様の症状、原因、求める状態は違います。
③施術することで報酬が得られることが基本です。・・・働くことの意味を忘れません。
④治療家の前に社会人であれ。・・礼節、敬語、笑顔の徹底を忘れません。

Ⅱ痛みを取ることが、すなわち完治ではない事を忘れずに。

①神経系と構造系の両方の完治を目指します。
 痛み(神経系)を取っても完治にはなりません。
 構造系の完治まで診ることが基本です。
②二次的障害を予防するように指導します。 
 ①を忘れると二次的障害が起こる可能性が高くなります。
③施術後の身体のケアーまで含めて施術します。

Ⅲ地域に根ざした治療所を基本とする事。

 ◎「長田におおにし整骨院あり」を目標に。
  施術内容、施術実績、施術態度を含めて地域で一番を目指します。

                   平成17年2月
                  おおにし整骨院院長 大西 清一


# by s-onisi-seikotuin | 2019-02-11 20:28 | 治療 | Comments(0)  

院長のメッセージ

d0133145_19484325.jpg
おかげさまで、2月には開院14周年を迎えることになりました。『おおにし整骨院』では施術方法や理論はかなり変化し、レベルアップしていると確信しております。

ただ、変わらないのは「早く痛みを取り、早く損傷を治していく」という患者さんに対する姿勢です。

当院では「患者さん一人一人に合わせた施術」
「地域に根差した治療所」を目指しています。

これからも初心を忘れることなく『心を込めて』患者さんに向き合っていこうと思っております。

今年も『おおにし整骨院』をよろしくお願いいたします。




# by s-onisi-seikotuin | 2019-01-09 19:23 | 治療 | Comments(0)  

新スクエアスイング (スクエアアドレス)

d0133145_20331651.jpgd0133145_20333753.jpg












まずは、形の説明からお話していきます。この姿勢(アドレス)に慣れていただくことが最初のハードルになるかも知れません
壁に背中をつけてグリップし(写真左)、そのまま股関節から前傾します(写真右の左)。
そこから頭をその位置に残したまま、腰と膝を左に寄せながらクラブをボールの位置まで持っていきます(写真右の左)。これでアドレスの完成です。



最初は肩と両足が地面に対して平行であったものが、左に腰と膝を寄せるために、左に上がります。両足も左に軸が移動し、頭と尾てい骨を結ぶ線も少し左に傾いていますここがスタック&チルトと少し違います)。体重は頭を中心に考えると左に多くかかっています。見た目は右足重心に見えますが、決して右に体重の乗ったアドレスではありません。(写真右の右)
左の股関節(骨盤を前傾した状態で)に少し重心の乗ったアドレスになっていれば正しい動作です。
両肩も身体全体も「骨格で支えている」状態 になっています(アドレスをセットした後も、一度深呼吸して肩や腰の緊張を取ることが大切です)。
両足と肩と腰のラインはターゲットに対してスクエアです。両手でグリップした際の身体のゆがみを取っていくと,この姿勢がスクエア(ゆがみのない)なアドレスといえます。   

また、このアドレスで大切な事は、左足から左股関節に少し重心が乗り、身体を支えていますが、「形を支えるための筋力しか使っていない」事です。クラブを支えるグリップも同様です。
といって決して身体の力は「ゆるゆる」ではありませんよ。多少押されても動かないような「骨格で支える」ための骨格とインナーマッスルによる姿勢維持状態のアドレスであることが大切です。

左手よりも右手が上にあるグリップをして、体のスクエアを保とうとすれば、自然にこういうアドレスになります。
ほとんどの上級者(欧米のトッププロは特に)は手の位置などに多少の誤差はありますが、これに近いアドレスになっていると思います。

以前、あるゴルフ練習場で2~3回レッスンをしたことがありますが、このアドレスをしたらその後どうやって動くのかわからない・・・と言われたことがあります
確かに、慣れるまで窮屈な姿勢(アドレス)ですから、この姿勢で力を抜くことの難しさはあると思います。・・・自然にできるまで練習してみて下さい。
そして、この後どうやって動くのか?・・・それが重要です。


*もう一つ大切な事ですが、壁に腰と両肩を当ててクラブを前に突きだしてクラブをセットしますが、必ず両手は下から前に伸ばして下さい。
上から下ろしてくると、肩周りのアウターの「筋肉で支える」形になってしまうからです。


  正しい動作                  間違った動作
d0133145_17334778.jpgd0133145_17342657.jpg















# by s-onisi-seikotuin | 2018-11-04 22:10 | スクエアスイング | Comments(0)