<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

新スクエアスイング (スクエアアドレス)

d0133145_20331651.jpgd0133145_20333753.jpg












まずは、形の説明からお話していきます。この姿勢(アドレス)に慣れていただくことが最初のハードルになるかも知れません
壁に背中をつけてグリップし(写真左)、そのまま股関節から前傾します(写真右の左)。
そこから頭をその位置に残したまま、腰と膝を左に寄せながらクラブをボールの位置まで持っていきます(写真右の左)。これでアドレスの完成です。



最初は肩と両足が地面に対して平行であったものが、左に腰と膝を寄せるために、左に上がります。両足も左に軸が移動し、頭と尾てい骨を結ぶ線も少し左に傾いていますここがスタック&チルトと少し違います)。体重は頭を中心に考えると左に多くかかっています。見た目は右足重心に見えますが、決して右に体重の乗ったアドレスではありません。(写真右の右)
左の股関節(骨盤を前傾した状態で)に少し重心の乗ったアドレスになっていれば正しい動作です。
両肩も身体全体も「骨格で支えている」状態 になっています(アドレスをセットした後も、一度深呼吸して肩や腰の緊張を取ることが大切です)。
両足と肩と腰のラインはターゲットに対してスクエアです。両手でグリップした際の身体のゆがみを取っていくと,この姿勢がスクエア(ゆがみのない)なアドレスといえます。   

また、このアドレスで大切な事は、左足から左股関節に少し重心が乗り、身体を支えていますが、「形を支えるための筋力しか使っていない」事です。クラブを支えるグリップも同様です。
といって決して身体の力は「ゆるゆる」ではありませんよ。多少押されても動かないような「骨格で支える」ための骨格とインナーマッスルによる姿勢維持状態のアドレスであることが大切です。

左手よりも右手が上にあるグリップをして、体のスクエアを保とうとすれば、自然にこういうアドレスになります。
ほとんどの上級者(欧米のトッププロは特に)は手の位置などに多少の誤差はありますが、これに近いアドレスになっていると思います。

以前、あるゴルフ練習場で2~3回レッスンをしたことがありますが、このアドレスをしたらその後どうやって動くのかわからない・・・と言われたことがあります
確かに、慣れるまで窮屈な姿勢(アドレス)ですから、この姿勢で力を抜くことの難しさはあると思います。・・・自然にできるまで練習してみて下さい。
そして、この後どうやって動くのか?・・・それが重要です。


*もう一つ大切な事ですが、壁に腰と両肩を当ててクラブを前に突きだしてクラブをセットしますが、必ず両手は下から前に伸ばして下さい。
上から下ろしてくると、肩周りのアウターの「筋肉で支える」形になってしまうからです。


  正しい動作                  間違った動作
d0133145_17334778.jpgd0133145_17342657.jpg















by s-onisi-seikotuin | 2018-11-04 22:10 | スクエアスイング | Comments(0)