新スクエアスイング (スクエアアドレス)

d0133145_20331651.jpgd0133145_20333753.jpg












まずは、形の説明からお話していきます。この姿勢(アドレス)に慣れていただくことが最初のハードルになるかも知れません
壁に背中をつけてグリップし(写真左)、そのまま股関節から前傾します(写真右の左)。
そこから頭をその位置に残したまま、腰と膝を左に寄せながらクラブをボールの位置まで持っていきます(写真右の左)。これでアドレスの完成です。



最初は肩と両足が地面に対して平行であったものが、左に腰と膝を寄せるために、左に上がります。両足も左に軸が移動し、頭と尾てい骨を結ぶ線も少し左に傾いていますここがスタック&チルトと少し違います)。体重は頭を中心に考えると左に多くかかっています。見た目は右足重心に見えますが、決して右に体重の乗ったアドレスではありません。(写真右の右)
左の股関節(骨盤を前傾した状態で)に少し重心の乗ったアドレスになっていれば正しい動作です。
両肩も身体全体も「骨格で支えている」状態 になっています(アドレスをセットした後も、一度深呼吸して肩や腰の緊張を取ることが大切です)。
両足と肩と腰のラインはターゲットに対してスクエアです。両手でグリップした際の身体のゆがみを取っていくと,この姿勢がスクエア(ゆがみのない)なアドレスといえます。   

また、このアドレスで大切な事は、左足から左股関節に少し重心が乗り、身体を支えていますが、「形を支えるための筋力しか使っていない」事です。クラブを支えるグリップも同様です。
といって決して身体の力は「ゆるゆる」ではありませんよ。多少押されても動かないような「骨格で支える」ための骨格とインナーマッスルによる姿勢維持状態のアドレスであることが大切です。

左手よりも右手が上にあるグリップをして、体のスクエアを保とうとすれば、自然にこういうアドレスになります。
ほとんどの上級者(欧米のトッププロは特に)は手の位置などに多少の誤差はありますが、これに近いアドレスになっていると思います。

以前、あるゴルフ練習場で2~3回レッスンをしたことがありますが、このアドレスをしたらその後どうやって動くのかわからない・・・と言われたことがあります
確かに、慣れるまで窮屈な姿勢(アドレス)ですから、この姿勢で力を抜くことの難しさはあると思います。・・・自然にできるまで練習してみて下さい。
そして、この後どうやって動くのか?・・・それが重要です。


*もう一つ大切な事ですが、壁に腰と両肩を当ててクラブを前に突きだしてクラブをセットしますが、必ず両手は下から前に伸ばして下さい。
上から下ろしてくると、肩周りのアウターの「筋肉で支える」形になってしまうからです。


  正しい動作                  間違った動作
d0133145_17334778.jpgd0133145_17342657.jpg















# by s-onisi-seikotuin | 2018-11-04 22:10 | スクエアスイング | Comments(0)  

「ほねつぎ」「柔道整復」・・・「整復」を見直そう!

d0133145_07295449.jpg
今では「整骨院」「接骨院」という名称が一般的ですが、昔は「ほねつぎ」とよばれていました。


「ほねつぎ」の技術は伝承されているようでいて、実際には骨折や脱臼は応急手当しかできず、今では「整形外科」に飲み込まれようとしています。
骨を見ることができる「レントゲン」が幅をきかす現状では重症の患者さんは「整形外科」に行かれます。

「レントゲン信仰」みたいなものが生まれ、「骨折」や「脱臼」がなければ「安心する」患者さんがほとんどです。

痛くて歩けなくても、「骨折」がなければ湿布と痛み止めの薬で安心してしまいますが・・・

「骨折」よりも「捻挫」による「関節のズレ」やそれに付随して起こる筋膜損傷、骨膜損傷の方が厄介で、痛みも長引くことがあることを知りません。



先日来られた患者さんは夜遅くに階段を踏み外して足を捻挫してしまい、整形外科を受診されました。
翌日に松葉杖で当院に来られ、相談を受けました。
診断は捻挫による「腓骨の剥離骨折」とのこと。

骨折部位は医師が診断を下した後では施術はできません。

とりあえず、松葉杖なしで帰ってもらえるのは、患者さんの足の状態を見て触った瞬間にわかりました。

腓骨の剥離骨折の限局性圧痛はありましたが、これが「歩けない原因」の痛みではないとわかったからです。
外側リスフラン関節に内出血があり、この関節のロッキングが体重をかけた時の痛みの原因だったのです。

こんなことは当院では日常的に診ていて「ほねつぎ」の技術が生かされる症状の一つです。

関節を正しい位置に戻す「整復」という施術で、外側リスフラン関節をもとに戻すとその瞬間から立つことができ、歩行もできるようになりました。
一番驚いたのは患者さんです。
「骨折の痛みで歩けない」と思っていたのが、骨折が治っていないのに歩けたからです。

剥離骨折の痛みで荷重し、歩行ができなかったのではなく、捻挫による関節のロッキングが痛みの原因だったからです。

実は前夜、来院が遅かったため、ギブス固定をする時間がなく包帯固定だけで返されたのもよかったのです。

あの状態でギブス固定されていたら、「捻挫」による関節のロッキングが放置されたままなので、ギブスを外した後も痛みは残るし、もっと痛みは増していたかもしれません。

もちろん、剥離骨折を完全に治すことも大切です。
骨折に対しての説明と注意点をお話しして、再度、整形を受診される時までの固定をして帰っていただきました。
整形外科の先生が当院での施術を認めていただければ、あとはアキュスコープの通電であっという間に骨折も治るでしょう。

「ほねつぎ」の保存療法の利点はこの後のリハビリでも発揮されます。
シーネ(副木)と包帯による固定は、ギブス固定と違って毎日患部を触って、状態を見て施術することができます。
患部を触り、血行を良くして、物療器で通電するという施術です。
早く治らない理由がないですね。

完全に折れてしまった骨折は手術の方が早くくっつくという利点もありますが、保存療法とリハビリが優位な場合も多いと思います。

「ほねつぎ」の技術の一つ、「整復」や「リハビリ」は決して過去の伝承技術ではなく、現在も残しておくべき大切なものだと思います。


そして、今回は足関節でしたが、整復を必要とするのは

腰、首、膝、胸椎、手首、肘、肩、指・・・ほとんどの関節で起こります。



# by s-onisi-seikotuin | 2018-08-15 17:39 | 治療 | Comments(0)  

新 スクエアスイング 骨格で支えるグリップ

以前、中嶋常幸選手が「パターのグリップは骨で支える」とか言っておられました。
スクエアアドレスではパターはもちろん、ふつうのグリップもスクエア骨格で支えます
特徴は
「芯を外した時に、インパクトで当たり負けしないので、同じ距離が出やすい」
「いつも同じ軌道でトップまで入りやすい」
ということです。

グリップを考える時にまず、グリップのスクエアを考えてみましょう。
両肩をスクエアにした状態で両手を前に突き出し、この状態からグリップをするように両手のひらをずらしてみて、ゆがみが出ない状態がグリップのスクエアと考えられます。
d0133145_22182688.jpgd0133145_22185810.jpgd0133145_22192393.jpgd0133145_22263267.jpg















左手の延長線上にクラブのシャフトがきていれば理想的
です。身体から直角に生えているようなグリップはスクエアではありません(写真一番下左・・・おすすめしないグリップ)。
グリップした左手と右手にゆがみがあるとスイング中にひずみが出る可能性が高くなるので注意しましょう。気持ち左右の手のひらが下を向くと思います。腕を真下に下した状態から、前にならえのように、上に上げると手のひらは上を向き、また、腕を下げると手のひらは下を向くからです。(PNF運動参考)
この状態の両手のひらが身体全体から見てもグリップのスクエアだといえます。
また、グリップした先にクラブヘッドがあれば、クラブヘッドのトウ側は少し右に傾いています。

d0133145_22301368.jpgd0133145_22304727.jpgd0133145_2231171.jpg












①背筋を伸ばし、立った状態でグリップを作ります

②左手の小指と人差し指を曲げた状態で手のひらとクラブフェース面が平行になるようにクラブを支えます。
③その時「小指と人差し指」と手のひらの「小指側手のひらのふくらみ」で支えるつもり。(前腕に力を入れて支えないように)
④同時に右手を写真のように「中指と薬指」を曲げ、右手を左手に対して横から添えるようにグリップします。
⑤「中指と薬指」と親指側の手のひらのふくらみで左手の親指とクラブを包みます。
⑥そして、握りこむときに右手の親指と人差し指でできる「トリガー部分」で左手の親指を包み込むようにグリップします。

横から見て身体(背筋)に対してクラブがほぼ直角になるように支えます
その時に、クラブとシャフトでできる角度はクラブのライ角より少しアップライトになるように体から離してください。
これで手にほとんど力を入れない状態でもクラブを支えることができるはずです。
左手の親指はややフックになり、このグリップをするとトップで親指がクラブを支える位置に入ります。
また、右手が上からかぶりすぎてグリップすると、インパクトで当たり負けしたり、両手首のローテーションが起こりにくくなり、ボールが上がるが前に飛ばなくなるので注意です。(右手の母指球で上から包み込みすぎないように)
大切な事は
右手の親指と人差し指が、トリガー(拳銃の引き金を引く形)になっていること
右手の拇指球のふくらみでしっかり左親指を包み込むこと

です。
テイクバックの時にほんの少しトリガー部分を意識しながらクラブを上げていくと、トップの位置で左手の親指とともに、グリップのオーバースイングを防止することができます
ここがトリガーになっていないアマチュアがほとんどであるということが、「オーバースイング」や「シャフトクロス」の原因であることも知ってほしいと思います。

トップの位置でこの親指の支えとトリガー部分が外れる場合はテイクバックが大きすぎるか、スイングにゆがみがあると考えられます。
いわゆるクォータースイングでこの位置に入るはずで、極論すればクォータースイングの切り返し(トップ)が正確性と飛距離の両立を考えたときに正しいトップの位置だと考えられます。(ただし、実際にはクラブと体の慣性によって、長いクラブほど少し動いてしまうはずですが)

このグリップをした上で両手を下から突きだして前に伸ばして下さい。
これも非常に大切な動作です。
両手の上腕と胸でもクラブを支えている感じがすれば、正しい動作になっています。

逆に両手を上から降ろして胸の上に上腕が乗っているグリップは両肩に力が入ってしまい(菱形筋、僧帽筋などの緊張を起こしやすいので)いかり肩のアドレスになりがちです。
これには注意が必要です。
これで、ほとんど手や腕に力感なくクラブを支え、ねじれ感もなければ、「スクエア アドレス」のグリップ第一段階の完成です。

この後、スクエアアドレスをセットするときにもう一つ大切なことがあります。
正しいスクエアアドレスができた状態でクラブのライ角より少しハンドダウンのセットした状態で、右手の手首を軽く固定します。
これが、もう一つのポイントになり、スクエアグリップの「隠し味」になります。
インパクトの状態に、より近づき、インパクトのイメージもわいてきます。
右手の拇指球で左拇指をくるんだことと、右手の角度をロッキングしたことで、
インパクトで、芯を外しても当たり負けせず、毎回同じ距離を打ちやすくなります

d0133145_11522337.jpgこのグリップが「骨格で支えるグリップ」です。
握り加減、力加減についてですが、特殊な場合を除いて「あくまでソフトに・・・」グリップしてください。
ソフトにグリップしても、骨格で支えているため、ブランブランの柔なグリップにはなりません。
よけいな手の力、腕の力を抜いて動作ができるという「スクエア スイング」の核でもります。
クラブが左手の延長にある状態が「スクエア」です。身体とグリップにストレスを感じないと思います。
ここからどうアドレスするかは ゴルフ スクエアスイング№3 (スクエアアドレス)へ
一度試してみて下さい。








下二つのグリップはおすすめしません。
左は身体から直角にクラブが生えています。右はトリガーがはずれています。
d0133145_2333077.jpgd0133145_233547.jpg



        



# by s-onisi-seikotuin | 2018-05-20 20:52 | スクエアスイング | Comments(6)  

声が届くまで言い続けます❗

別の症状で来られた患者さんが、4年ほど前に両手のしびれがあり(頸部そのほかの痛みもなく)、「頸部ヘルニア」の診断を受けられました。

今は手のしびれも収まっていますが、患者さんの頭には「頸部ヘルニア」の言葉が強く残っているようです。

そんな折、先日、テレビで「頸部ヘルニア手術の名医」を紹介する番組があり、その名医のいる病院を受診されました。
例によって、MRIの画像診断によって「重症」と診断され、「このままでは将来は動けなくなる」と言われたそうです。
・・・で、手術をしてくれるのかと問うと、5年待ちだとか・・・

将来、動けなくなるほどの重篤な症状であれば、緊急手術でしょ?
でも、今はしびれも痛みも筋力低下もないということで5年後に来てくれ・・ということなんでしょうか?
患者さんは、いつか動けなくなるかもしれない「恐怖」と「湿布」だけをお土産に帰ってこられたということです。

確かに、神経を圧迫して起こる「頸部ヘルニア」も「腰部ヘルニア」も存在します。
緊急に手術を受けなければいけない患者さんもおられるでしょう。
でも、今は何の症状もない患者さんに「恐怖」だけを植え付ける物言いと診断をするのは本当に「名医」なんでしょうか?

また、「手のしびれ」はイコール「頸部の神経圧迫」からだけですか?
MRIでヘルニアが見つかったから?
頸部ヘルニア、腰部ヘルニアがあっても、症状にでない方が非常に多いのは、最近ではよく知られてきています。

実際には、手の使い過ぎによる前腕伸筋、屈筋や、まれに神経ファシアからのMPS(筋膜性疼痛症候群)だったり、手根管症候群(これもMPSの確率が高いのですが・・・)、頸部筋からの放散によるものである場合がほとんどです。
しつこいですが、「頸部ヘルニア」の可能性が0%だとは言いません。

診察時間がないのはわかりますが、MRIを撮る前に、撮ってからでも、実際に患者さんの体を触ってみて、鑑別診断をするということも必要だと思います。

例えば、「足の捻挫」「膝の痛み」などでも同じです。
レントゲンも必要でしょうが、実際に患者さんの足を触り、捻挫の状態を確認し、関節のロッキングやズレがあれば、戻してあげれば、早期に治る症状も非常に多いのです。

これが、現在の「筋骨格系症状」の診断、治療に欠けている重大な問題だと思います。

大切なのは「見立て」

# by s-onisi-seikotuin | 2018-05-19 23:22 | 治療 | Comments(0)  

新 スクエアスイング 2 (スクエアアドレス)

d0133145_1814896.jpgd0133145_18143271.jpgd0133145_18145839.jpgd0133145_20283253.jpg

















まずはスクエア アドレスからお話します。
ゴルフでの「骨格で支え、身体の反射を利用して効率的に動く」ための基本です。
両手でクラブを握りつつ、いかに身体のゆがみを取ってスクエアにアドレスするか・・・です!

一流プロでもいろんな、アドレスをしています。
それなりに結果を出せば、それが「正しいアドレス」になり、そのアドレスからの「経験的な体の使い方」を生み出し、「正しいスイング」となっていきます。

でも、「経験から導きだされたアドレス、スイング」は「経験者 その人のもの」であって、理論上共通のものではないということです。
また、一般的に教えられる「セオリー」や数々の「ゴルフ理論」も一流プロのスイング解説であったり、やはり「経験」がベースになっているものがほとんどです。
誰かに教えるための「メソッド中心」だったり、「ノウハウ」がメインにならざるを得ないです。

人間の骨格上、こうした方がゴルフスイングで最も効率がよくなり、そのためにこのアドレスをした方が「ベター」だということを集約したものが
「スクエア アドレス」「スクエア スイング」で、その視点からゴルフのアドレスやスイングを解説したものはないと思います。

例えば、股関節から前傾姿勢を取った方が体を揺らさずにスイングできるのですが、「それはなぜ?」を解説したゴルフ理論はありません。
人間の骨格上、これだから・・・という説明です。
もう少し言うなら、股関節から前傾していなければ、どういうスイングになってしまうのかを説明し、どちらがスイングとして有利なのかを解説してほしかったです。

もちろん、人間一人、体型は違います。手の長さ、足の長さ、がに股、内股、猫背、反り腰、日本人、東洋人、欧米人、アフリカ系等々。
筋肉量、柔軟性、年齢による個体差も考慮しなくてはいけません。
ゴルフのスイングもトッププロからアマチュアまで千差万別のフォームやスイングリズムがあって当たり前です。
人間の体の持つ遊びの範囲まで含めると、たとえ同じアドレスを取って、同じようにスイングしてもらっても同じものにはならないと思います。

でも、股関節や肩関節、背骨や胸郭の構造や役割は人間に共通するものです。
スポーツや武術などに共通する効率の良い姿勢や動きはそれらを考えに入れていないと成立しません。
多くの人間に共通する体の構造とスイングのための効率を考え「こうした方がよりベター」を積み重ねていったときに、導き出されるアドレス(姿勢)やスイングの動きが「スクエア アドレス」と「スクエア スイング」です。


「スクエア アドレス」 

クラブをどのように持てば、骨格上スクエアで、再現性が高く、体のゆがみを排除し、アドレスできるのか?

①クラブの持ち方
背中と腰を壁などにつけてクラブがほぼ背中に対して直角になるようにセットします。クラブは右手が上にセットされるので両手でグリップしたときに左手の方向にクラブが伸びていて正解です。d0133145_9121498.jpg背中は正面から見て左右の高さもほぼスクエア(平行)です。ターゲットに対しても背中(肩のライン)と腰は壁につけた状態ですから、スクエアにセットされています。(写真上左)

両掌を合わせてグリップするのなら、右手と左手の長さは同じになるのが骨格上スクエアですが
ゴルフでは左手がグリップエンド側、右手がクラブヘッド側にありますから、両腕でできる三角形は「正三角形」ではなく「直角三角形」に近くなるはずです。これが骨格上、スクエアな状態であるというのが理解していただけると思います。
この時のグリップについては、またあとで説明していきます。


②股関節から前傾

その状態のまま、股関節から身体を前傾(お辞儀)させていきます。両肩のラインも腰のラインも正面から見ても横から見てもターゲットに対してスクエアのままになります。(写真上右)
クラブヘッドはボールの位置より右側(打球線上後方)にあるはずです。

この動作を省いていきなりボールに向かってアドレスを取るから、いろいろなアドレスが生まれてしまいます。
アドレスで肩が開いてしまったり、よく言う「Y字アドレス」になったりします。
それでも、何球も練習すれば、スイングできるんですよ。青木プロのようにすごい選手になった人もいます。
でも、骨格上、より「ベター」なアドレスではないということです。




③ボールの位置までクラブと体をどうセットしていくか?

頭をその位置から動かさないで両肩、腰、膝のラインのスクエアを保ったままでボールのある位置まで左(打ち出す方向)に平行移動しますこれがスクエアアドレスです。(写真下左)
右肩、右腰は少し下がり、腰と両足のラインは左に移動
しています。左の股関節が入った状態(骨盤前傾)で軸は斜めに、体重は、少し左に移動しています。
両肩、腰、膝のラインはスクエアで頭と両足の中心を通る軸が斜めになる、やや左重心のアドレスの完成です。ただし、スイング自体は左一軸ではありません
スタック&チルトとの違いは、頭と両肩の位置(スクエアアドレスでは右肩はやや下がります)と姿勢、スクエア感などでしょうか?細かいところはもっとあるのですが、とてもすべてを説明できません。

④インパクト

ちなみに写真下右がインパクトなんですが、インパクトとスキャプラプレーン」などで説明してきたとおりです
インパクトでの右肩から上腕の位置がスキャプラプレーンに乗っていることが、スイングの効率の良さを表します。

これを見ていただくとインパクトとアドレスが非常に近いということがお解かりいただけると思います。

アドレスとインパクトの形が近いということは、スイングの再現性が高くなり、いろいろな応用もしやすくなります。
ドロー、フェードの打ち分けの時も、ボールの位置や打ち出し方向に体を向けるという単純作業で済みます。

また、ボールをセットした位置でインパクトをイメージしてやれば、いろいろなライ(傾斜地)でもスイングしやすくなります。
つまり、いろいろなボールに対してこの方法でアドレスしてやればスクエア感を意識できるだけでなく、いろいろなライに対応できる非常に実戦的なアドレスに変化していくのです

ここまでは「形」の説明でした。
実際には「形」だけを真似ても、ここでどこに力が入っていて、どこの力を抜いているかが理解できていないと「形」であって、生きた「型」にはなりません
同時にどのような身体の持っている生体反射や姿勢反射も使い、どのように動いていくのかも理解していただかないと動けないかと思います
「スキャプラプレーン」や「股関節」のお話、「いろいろなスポーツに共通する運動動作」もひとつの大切な要素です。
それが、このスクエアアドレス、スクエアスイングの核心部分なんです。
これを説明するのは非常に大変な作業です。
以前、レッスンプロにお話しましたが、残念ながら「理解」まではしていただけなかったです




# by s-onisi-seikotuin | 2018-05-04 20:37 | スクエアスイング | Comments(2)