タグ:おおにし整骨院 ( 1 ) タグの人気記事

 

おおにし整骨院  施術方針と14周年の感謝

この2月で「おおにし整骨院」の開院14周年を迎えます。
右も左もわからないまま、自分の施術所を開院したときに考えていた「施術方針」
自分とスタッフが、共通認識して患者さんに接していきたい「想い」を
まとめたもので、今も施術所の中に患者さんを含め、誰もが見れるように掲示しています。
あれから、14年経ち、施術内容も進化した今も、同じ「想い」で毎日の施術に臨んでいます。
開院前から今まで、私に師事していただいた多くの方々に感謝です。
そして、今まで来院していただいた数多くの患者さんにも感謝です。

そして「神経系と構造系の両方の完治を目指す」「オーダーメイド施術」
という考え方を教えてもらったのは
なんと、「アキュスコープ」と「マイオパルス」という治療器です。
これがなければ、今の「おおにし整骨院」は存在していなかったでしょう。
知る人ぞ知る「アキュスコープ」と「マイオパルス」ですが
この治療器が起こす数々の結果を見ていると、このことを思い知らされます。
治療器械に施術の基本を教えてもらう・・・私らしい事実です。認めざるを得ませんね。

明日からもこの基本の施術方針を指針にして頑張っていこうと思います。

                   
       おおにし整骨院 施術方針

Ⅰ患者様の目線に立った施術を基本とすること

①痛みを感じる感性を日々磨きます。・・患者様の痛みを自分のものとして感じる事を忘れずに。
②オーダーメイド施術が目標です。・・一人一人の患者様の症状、原因、求める状態は違います。
③施術することで報酬が得られることが基本です。・・・働くことの意味を忘れません。
④治療家の前に社会人であれ。・・礼節、敬語、笑顔の徹底を忘れません。

Ⅱ痛みを取ることが、すなわち完治ではない事を忘れずに。

①神経系と構造系の両方の完治を目指します。
 痛み(神経系)を取っても完治にはなりません。
 構造系の完治まで診ることが基本です。
②二次的障害を予防するように指導します。 
 ①を忘れると二次的障害が起こる可能性が高くなります。
③施術後の身体のケアーまで含めて施術します。

Ⅲ地域に根ざした治療所を基本とする事。

 ◎「長田におおにし整骨院あり」を目標に。
  施術内容、施術実績、施術態度を含めて地域で一番を目指します。

                   平成17年2月
                  おおにし整骨院院長 大西 清一


by s-onisi-seikotuin | 2019-02-11 20:28 | 治療 | Comments(0)