タグ:ぎっくり腰 ( 1 ) タグの人気記事

 

ぎっくり腰とは? アキュスコープが効きます!

ぎっくり腰の患者さんが多い時には、1日に2~3人来院されることもあります。

ぎっくり腰は急性腰痛の総称です。

物を持ち上げたり、朝の洗顔などで、前かがみになっただけでも起こります。

ほとんどのぎっくり腰は、左右に二つある腰の関節のどちらかの捻挫が原因です。

腰椎の関節は左右に二つありますが、どちらか一方を痛めることがほとんどです。
同時に同側の腸腰筋か腹直筋に非常に強い痛みを伴います。
もちろん、背部から腰にかけての筋肉損傷、神経が絡む症状も鑑別する必要があります。

痛みで体重を支えることが困難になり、その周辺の大きな筋肉が支えることでその筋肉も緊張し、より強い痛みが発生します。
MPS(筋膜性疼痛症候群)の一つです。
腰を曲げたり、反らしたりの動作中に、ある角度で非常に痛みが出てしまい、その後、動作が制限されていきます
受傷直後より、しばらくしてからの方が痛みがきつくなります
ただ、腰か背中を左右にひねる動作ではあまり痛みは出ません

これは受傷する関節が腰の下のほうで起こり、その関節は主に前後の動きを役目としているからです。
これがわかっていると、施術の方法も理解できます。

ぎっくり腰の患者さんに、手技は限られます。
長時間、マッサージをしても良くなることはありません。

ぎっくり腰に限らず、疼痛緩和にはアキュスコープが非常に効果的です。

横になってもらって、まず原因の場所を特定します。(横になれない方は座ったままで治療です)
多いのは腰椎と骨盤の間の関節ですが、もっと上だったり、仙骨付近の筋膜にまで痛みがある場合も見られます。

軽く、ある手技をしてから、アキュスコープを3カ所に当てて通電し関節の痛みを抑える効果をねらいます
これは、今すぐ・・・というより2時間後、翌日の痛みに対しての緩和治療です。
その後、座っていただいてある運動で身体を動かしてもらい、「今現在ある痛み」を取るアキュスコープ治療を行います。

この時に、ほとんどの方が、来院時の痛みからの変化を感じられ、非常に驚かれます

アキュスコープの「即効性の疼痛緩和」「後から効いてくる疼痛緩和」の相乗効果で、非常に速いスピードでぎっくり腰は治っていきます
ただし、再発予防や慢性腰痛への変化の防止のために腰に違和感の残らないようになるまでは来ていただけたら・・と思います。



d0133145_23274158.jpg
d0133145_2247513.gif

by s-onisi-seikotuin | 2018-04-08 21:40 | 治療 | Comments(0)