タグ:整復 ( 1 ) タグの人気記事

 

「ほねつぎ」「柔道整復」・・・「整復」を見直そう!

d0133145_07295449.jpg
今では「整骨院」「接骨院」という名称が一般的ですが、昔は「ほねつぎ」とよばれていました。


「ほねつぎ」の技術は伝承されているようでいて、実際には骨折や脱臼は応急手当しかできず、今では「整形外科」に飲み込まれようとしています。
骨を見ることができる「レントゲン」が幅をきかす現状では重症の患者さんは「整形外科」に行かれます。

「レントゲン信仰」みたいなものが生まれ、「骨折」や「脱臼」がなければ「安心する」患者さんがほとんどです。

痛くて歩けなくても、「骨折」がなければ湿布と痛み止めの薬で安心してしまいますが・・・

「骨折」よりも「捻挫」による「関節のズレ」やそれに付随して起こる筋膜損傷、骨膜損傷の方が厄介で、痛みも長引くことがあることを知りません。



先日来られた患者さんは夜遅くに階段を踏み外して足を捻挫してしまい、整形外科を受診されました。
翌日に松葉杖で当院に来られ、相談を受けました。
診断は捻挫による「腓骨の剥離骨折」とのこと。

骨折部位は医師が診断を下した後では施術はできません。

とりあえず、松葉杖なしで帰ってもらえるのは、患者さんの足の状態を見て触った瞬間にわかりました。

腓骨の剥離骨折の限局性圧痛はありましたが、これが「歩けない原因」の痛みではないとわかったからです。
外側リスフラン関節に内出血があり、この関節のロッキングが体重をかけた時の痛みの原因だったのです。

こんなことは当院では日常的に診ていて「ほねつぎ」の技術が生かされる症状の一つです。

関節を正しい位置に戻す「整復」という施術で、外側リスフラン関節をもとに戻すとその瞬間から立つことができ、歩行もできるようになりました。
一番驚いたのは患者さんです。
「骨折の痛みで歩けない」と思っていたのが、骨折が治っていないのに歩けたからです。

剥離骨折の痛みで荷重し、歩行ができなかったのではなく、捻挫による関節のロッキングが痛みの原因だったからです。

実は前夜、来院が遅かったため、ギブス固定をする時間がなく包帯固定だけで返されたのもよかったのです。

あの状態でギブス固定されていたら、「捻挫」による関節のロッキングが放置されたままなので、ギブスを外した後も痛みは残るし、もっと痛みは増していたかもしれません。

もちろん、剥離骨折を完全に治すことも大切です。
骨折に対しての説明と注意点をお話しして、再度、整形を受診される時までの固定をして帰っていただきました。
整形外科の先生が当院での施術を認めていただければ、あとはアキュスコープの通電であっという間に骨折も治るでしょう。

「ほねつぎ」の保存療法の利点はこの後のリハビリでも発揮されます。
シーネ(副木)と包帯による固定は、ギブス固定と違って毎日患部を触って、状態を見て施術することができます。
患部を触り、血行を良くして、物療器で通電するという施術です。
早く治らない理由がないですね。

完全に折れてしまった骨折は手術の方が早くくっつくという利点もありますが、保存療法とリハビリが優位な場合も多いと思います。

「ほねつぎ」の技術の一つ、「整復」や「リハビリ」は決して過去の伝承技術ではなく、現在も残しておくべき大切なものだと思います。


そして、今回は足関節でしたが、整復を必要とするのは

腰、首、膝、胸椎、手首、肘、肩、指・・・ほとんどの関節で起こります。



by s-onisi-seikotuin | 2018-08-15 17:39 | 治療 | Comments(0)